医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

パーフェクトマスター 頚動脈狭窄症【電子版】

永田 泉 (監修)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
978-4-7583-7515-3
電子版発売日
2017/07/03
ページ数
504ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥14,040 (本体¥13,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7583-1557-9
印刷版発行年月
2017/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
406 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

頚動脈狭窄症の診断・治療に携わる医師が,内科的治療,外科的治療(CEA),血管内治療(CAS)のいずれにも偏らない包括的な必須知識を学べる書籍。頚動脈狭窄症の病態から治療までをトータルに学ぶことができ,病態を的確に見極め,最適な治療を選択するために役立つ一冊。

目次

Ⅰ 頚動脈狭窄症の必須知識
アテローム血栓症の病態と症候 永田 泉,中原一郎
全身動脈硬化性疾患の一分症としての頚動脈狭窄症 濱中正嗣,今井啓輔
動脈硬化以外が原因となる頚動脈狭窄症 中垣英明
頚動脈を取り巻く解剖の基本と応用
 CEAのための解剖の基本と破格について 林 健太郎
 CASのための解剖の基本と破格について 島田隆一,清末一路
頚動脈狭窄症の診断
 神経学的所見と理学所見 岡田卓也
 神経超音波診断 岩田智則
 CT,MRI,脳血管造影 田上秀一
 核医学診断 森谷淳二,掛田伸吾,興梠征典
頚動脈狭窄症治療のエビデンスと治療適応 早川幹人

Ⅱ 内科的治療
頚動脈狭窄症に対する最良内科治療:無症候性病変の対処 田川直樹,藤本 茂
頚動脈狭窄症に対する最良内科治療:症候性病変の治療 山上 宏

Ⅲ 外科的治療①:頚動脈内膜剥離術(CEA)
治療適応と術前評価・管理 小田淳平
麻酔,術中モニタリング 大枝基樹
基本手技のCEA
 基本手技を学ぶ 西村 中,飯原弘二
 シャントの適応と手技 堀江信貴,出雲 剛
 パッチグラフトの適応と手技 上山憲司
応用手技のCEA
 高位病変のCEA 鳴海 治
 低位病変のCEA 定政信猛
 偽閉塞のCEA 大川将和
 急性期CEA 吉田和道
 放射線治療後狭窄のCEA 黒木亮太,飯原弘二
 Eversion CEA:Eversion法を用いた慈大式小切開頚動脈内膜剥離術 金岡祐司,大木隆生
CEAの周術期管理,合併症と対策
 術後管理の基本 八木謙次,里見淳一郎
 脳神経麻痺の要因と回避 一ツ松 勤
 過灌流症候群の予防と治療 丸山大輔,片岡大治
 CEA後の再狭窄とその治療 堀江信貴,出雲 剛

Ⅳ 外科的治療②:頚動脈ステント留置術(CAS)
CASを安全に行うための術前全身評価 松本省二
麻酔,術中モニタリング 菊池隆幸
CASの基本手技 西 秀久,石井 暁
応用手技のCAS
 ガイディングカテーテル留置困難例に対するCAS 織田祥至,佐藤 徹
 屈曲病変のCAS 福田健治,東 登志夫
 Vulnerable plaqueのCAS 廣畑 優
 高度石灰化のCAS 早川基治
 Tandem lesionのCAS 定藤章代
 偽閉塞,完全閉塞のCAS 太田剛史
 放射線治療後狭窄のCAS 竹本光一郎
 急性期CAS 岡内正信,川西正彦
CASの周術管理,合併症と対策
 術後管理の基本 津本智幸
 過灌流症候群の管理とstaged angioplasty 内田和孝,吉村紳一
 CAS 後の再狭窄とその治療 宮田 悠

Ⅴ 外科的治療③:頚動脈狭窄症と複合血管治療
難治例に対する頚動脈血行再建:私のアプローチ
 Hybrid OR の活用 片岡大治,髙橋 淳
 バイパス術と頚動脈血行再建 米山 琢,岡田芳和
心血管病と頚動脈疾患:私のアプローチ
 冠動脈疾患と頚動脈疾患:手技選択とstrategy 今村博敏,坂井信幸
 末梢動脈疾患と頚動脈疾患:手技選択とstrategy 津本智幸
 大動脈疾患と頚動脈疾患:手技選択とstrategy 東 登志夫,大川将和,竹本光一郎

Ⅵ わたしの治療戦略
CEAそれともCAS? ① 勝田俊郎,井上 亨
CEAそれともCAS? ②  西村 中,飯原弘二
CEAそれともCAS? ③ 廣畑 優
CEAそれともCAS? ④ 中原一郎

Ⅶ 頚動脈狭窄症のガイドライン・治療指針
日本と世界の頚動脈治療ガイドライン 太田剛史

T O P I C S
OCTの実力 黒田淳子,進藤誠悟,吉村紳一
頚動脈の数値流体解析(CFD) 河野健一
無症候性高度狭窄症における比較試験:ACT-ⅠとCREST-2 中原一郎
スタチンと頚動脈治療 高山勝年,吉川公彦
CEAのシミュレーションと練習モデル 宇野昌明
血小板機能評価と抗血小板薬不応症 榎本由貴子
新世代のチエノピリジン:プラスグレルはどんな薬か 白井伸一
CASのシミュレーションと練習モデル 中居康展
経上腕・経橈骨動脈アプローチのCAS 髙下純平
CEA後急性閉塞に対するCAS 石橋良太
CASの新たなデバイス 中原一郎,滝 和郎
80歳以上の高齢者の頚動脈血行再建 松原俊二