医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

医療・看護・介護で役立つ嚥下治療エッセンスノート【電子版】

福村 直毅 (編著)

出版社
全日本病院出版会
電子版ISBN
978-4-86519-239-1
電子版発売日
2017/07/31
ページ数
202ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,564 (本体¥3,300+税8%)

印刷版ISBN
978-4-86519-214-8
印刷版発行年月
2015/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
40 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

超高齢社会を迎え、医療・看護・介護の現場で今後ますます必要とされる嚥下治療。
本書は、嚥下障害の定義、咽頭・喉頭の構造、誤嚥のメカニズムなどの医学的な基礎を踏まえ、実際の検査や治療、日々のケアまで具体的に解説しました。
食事介助、歯科診療、嚥下訓練、栄養管理など、各職種の専門性を活かしたチーム医療を進めるうえで知っておきたい知識も満載。

目次

Chapter 0 嚥下診断入門チャート
 症状からおおよその原因と対策を導く
ChapterⅠ 疫学
 1.嚥下障害の定義
 2.肺炎
 3.食物による窒息
 4.低栄養
 5.診療報酬・介護報酬
ChapterⅡ 解剖
 1.咽頭・喉頭の立体構造
 2.弁
ChapterⅢ 診断
 1.誤嚥のメカニズム
 2.治療方針の選択
 3.食道
 4.喉頭
 5.咽頭
 6.口腔
 7.姿勢
 8.頭頸部
 9.嚥下機能評価手順「福村モデル」
 10.認知機能
 11.嚥下造影検査
 12.嚥下内視鏡検査
ChapterⅣ 治療
 1.栄養療法
 2.呼吸理学療法
 3.栄養ルートの選択
 4.嚥下機能改善術
 5.誤嚥防止術
 6.薬物の影響
ChapterⅤ チームとシステム
 1.治療理念の統一
 2.役割とチーム構成
 3.職種と主な仕事
 4.スクリーニング・アセスメント
 5.急性期
 6.回復期
 7.生活期
ChapterⅥ 多職種からのアプローチ
 1.接遇
 2.介助の基礎
 3.IOE法(間歇的口腔食道経管栄養法)
 4.持続唾液誤嚥の軽減
 5.嚥下関連トレーニングの基礎
 6.間接的嚥下訓練の工夫
 7.バルーン訓練
 8.口腔ケア
 9.咀嚼能力の判定
 10.義歯管理
 11.脳卒中リハビリテーション病棟での栄養管理
索 引