医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

すべての医療従事者が知りたい!医学系研究、論文投稿上のQ&A【電子版】

浅井 隆 (編著)

出版社
日本医事新報社
電子版ISBN
978-4-7849-6561-8
電子版発売日
2017/09/11
ページ数
184ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,672 (本体¥3,400+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7849-4635-8
印刷版発行年月
2017/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
12 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

「研究」をただ行うだけではなく、研究結果を正式に公表、すなわち学術雑誌の論文として出版することで初めて「医療の進歩」となります。
しかし現実問題として、研究を施行したり論文を書いたりするのは容易でないと思っている人が多いようです。また多忙な医療従事者は研究施行の倫理規定や論文投稿の規定が変わっていてもすぐに気がつけないことがあります。
そこで本書では、「医療従事者が抱く疑問、見落としてはならない要点」を、英語医学雑誌の編集長や編集委員を務める編著者たちによってQ&A方式で端的にまとめました! 項目はすべて、すぐに使える実践的な内容となっております!
せっかく論文を投稿しても「倫理規定が守られてないため雑誌掲載ができない」と判断されてしまうのはもったいないことです。詳細に決められている最新の倫理規定や投稿規定を効率よく把握して、雑誌掲載される論文投稿の方法を確認するためにも、ぜひとも本書をご活用下さい!

目次

第1章 医学系論文の意義を知ろう!
Q 1 なぜ論文を書く必要があるのですか?─医療従事者の場合
Q 2 なぜ論文を書く必要があるのですか?─基礎研究者の場合
Q 3 論文による最近の医学の進歩にはどのようなものがありますか?
Q 4 日本における臨床研究の現状はどうなっていますか?

第2章 論文,雑誌について知ろう!
Q 5 医学系雑誌にはどのような種類がありますか?
Q 6 査読制度とはどのようなものですか?
Q 7 雑誌の質はどのように決まりますか?
Q 8 雑誌はどのような構成になっていますか?
Q 9 医学系論文にはどのようなものがありますか?
Q 10 論文はどのような構成になっていますか?
Q 11 論文の抄録(要旨)とは何ですか? どのような役割がありますか?
Q 12 引用文献とは何ですか? どのような意義がありますか?
Q 13 文献の表示法はどのような仕組みになっていますか?

第3章 研究計画前にすべきことを知ろう!
Q 14 研究のテーマはどのように見つればよいですか?─臨床研究編
Q 15 研究のテーマはどのように見つればよいですか?─基礎研究編
Q 16 研究を企画する前には何をしておけばよいですか?
Q 17 どのように文献検索をすればよいですか?
Q 18 どのように欲しい論文を入手すればよいですか?
Q 19 研究費用の獲得先にはどのような種類がありますか?
Q 20 科学研究費などを獲得する秘訣は何ですか?
Q 21 研究をする資格は何かありますか?
Q 22 論文は英語と日本語,どちらで書くのがよいですか?
Q 23 どのように投稿する雑誌を選択すればよいですか?

第4章 研究計画の立て方を知ろう!
Q 24 研究に際して知っておくべき法律,規定は何ですか?
Q 25 指針の対象となる研究とその種類にはどのようなものがありますか?
Q 26 研究開始前に施行しておかなければならない項目は何ですか?
Q 27 どのような研究に対して倫理審査委員会の審査が必要ですか?
Q 28 倫理審査委員会による迅速審査はどのような場合に依頼できますか?
Q 29 研究計画書に必要な主な項目は何ですか?
Q 30 インフォームド・コンセントはどのように取るべきですか?
Q 31 インフォームド・アセントとは何ですか? どのような場合に必要ですか?
Q 32 評価項目とは何ですか?
Q 33 研究対象者数はなぜ事前に決める必要があるのですか?
Q 34 研究対象者数はどのように決めるのですか?
Q 35 研究開始前に決めておくべき統計事項は何ですか?
Q 36 研究の登録とは何ですか? どこに登録すべきですか?

第5章 研究の仕方を知ろう!
Q 37 データは何を収集・記録・保存しておく必要がありますか?
Q 38 研究の変更をする場合に必要なことはありますか?
Q 39 データはどう解析すればよいですか?
Q 40 データの保管の仕方などにルールはありますか?
Q 41 どのような行為が不正行為となりますか?

第6章 論文作成の仕方を知ろう!
Q 42 投稿規定は読む必要がありますか?
Q 43 医学雑誌編集者国際委員会(ICMJE)の出す勧告文(旧統一投稿規定)とは何ですか?
Q 44 CONSORT声明とは何ですか? どのような場合に必要ですか?
Q 45 コクラン共同計画とは何ですか? どのような論文を書くときに必要ですか?
Q 46 誰が論文の著者となれますか? 順番はどのように決めますか?
Q 47 論文の「タイトル」はどのように決めればよいですか?
Q 48 論文の「抄録」には何を書けばよいですか?
Q 49 論文の「はじめに」には何を書けばよいですか?
Q 50 論文の「方法」ではどの程度詳しく書くべきですか?
Q 51 論文の「結果」では何を書けばよいですか?
Q 52 論文の「考察」では何を書けばよいですか?
Q 53 論文の図表はどのようなときにつくればよいですか?
Q 54 過去に出版された図表を用いることは可能ですか?
Q 55 剽窃(ひょうせつ)とは何ですか? どの程度でそう判断されますか?
Q 56 利益相反とは何ですか? どのような場合に申告する必要がありますか?

第7章 論文の投稿の仕方を知ろう!
Q 57 論文はどのように投稿するのですか?
Q 58 カバーレターとは何ですか? 何を書けばよいですか?
Q 59 投稿論文が雑誌編集部に届いたことをどうすれば確認できますか?
Q 60 編集者と査読者の違いは何ですか? それぞれどのような役割を持ちますか?
Q 61 雑誌編集者に返信する場合のコツは何ですか?
Q 62 著作権譲渡文書とは何ですか? 提出する必要はありますか?
Q 63 二重出版,二重投稿とは何ですか? 何に注意すればよいですか?