医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

終末期リハビリテーションの臨床アプローチ【電子版】

安部 能成 (編集)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2017/11/20
ページ数
336ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,968 (本体¥4,600+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7583-1718-4
印刷版発行年月
2016/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
66 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

超高齢社会であるわが国は,近い将来に多死社会を迎える。増加する終末期患者がより良いQOLを獲得して最期まで輝いた人生を全うするために,また介護負担軽減のためにも,終末期リハビリテーションはかかせないものとなる。
本書は,病院,ホスピス,在宅といった治療場面別に,終末期リハビリテーションの実際を解説した書籍である。終末期リハビリテーションに必須であるチームアプローチについて,医師,看護師,理学療法士,作業療法士といった多職種の執筆者が,各職種が行っていること・行えること,また他職種に行ってほしいことなどを,それぞれの視点から解説している。リハビリテーション専門職だけではなく,終末期患者に携わる医療職全般にお勧めの書籍である。

目次

1 終末期リハビリテーションと緩和ケア
 1 終末期リハビリテーションとは何か?
  リハビリテーション小史:終末期リハビリテーションを理解するために
  医学的リハビリテーションの定義
  医学的リハビリテーションの方向性
  終末期リハビリテーションの定義
  終末期リハビリテーションの特色
  終末期リハビリテーションの対象
  終末期リハビリテーションの方法
  終末期リハビリテーションの展開
 2 がん患者に対する緩和ケアと医学的リハビリテーション
  はじめに
  がん,希少がんとリハに関するセラピストの意思決定
  緩和ケア
  転移がん(脳転移,骨転移)
  疼痛
  創作活動
  患者会/家族会
  多職種との連携
 3 非がん患者に対する緩和ケアと医学的リハビリテーション
  はじめに
  総論:疾患経過
  循環器疾患
  呼吸器疾患
  脳血管障害
  難病
  認知症および老化による衰弱
  二次性の障害:不活発な生活は病気か?
  おわりに

2 病院における終末期リハビリテーション
 1 ICU:職種の垣根を越えて生と死に向き合う
  はじめに
  当院ICUに必要とされるリハビリテーション専門職となるために
  当院ICUでの日常:生と死の狭間で
  おわりに
 2 大学病院におけるがんの作業療法の実際と緩和ケアチームとのかかわり
  はじめに
  当院のリハビリテーションについて
  がん患者のリハビリテーションについて
  緩和ケアチームとリハビリテーションとのかかわり
  作業療法の実際
  リハに緩和ケアチームがかかわることによるメリット
  緩和ケアにリハがかかわることによるメリット
  多職種へのメッセージ
  おわりに
 3 治療病棟から地域への移行
  はじめに
  目標設定
  院内でのアプローチ
  在宅での介入につなげる
  おわりに
 4 呼吸リハビリテーションのアプローチ
  はじめに
  終末期における息苦しさと呼吸リハビリテーションの役割
  終末期呼吸リハビリテーションの実際
  おわりに

3 ホスピスにおける終末期リハビリテーション
 1 在宅緩和ケアでのリハビリテーション
  はじめに
  緩和リハビリテーションとは
  緩和リハビリテーションに必要な理論と技術
  臨死期の緩和リハビリテーション
  おわりに
 2 英国のデイホスピスとわが国の緩和デイケアの取り組み
  はじめに
  英国におけるホスピス緩和ケアサービスの展開
  新たなアプローチ「通所型」ホスピスの誕生とその機能
  デイホスピスにおける心身のリハビリテーションアプローチ
  St. Christopher's Hospiceのデイケアとその活動
  わが国の緩和ケア事情とデイホスピス
  動き出したわが国の緩和デイケア
 3 ホスピス
  はじめに
  一般的リハビリテーションと終末期リハビリテーションの相違点
  スピリチュアルケアへの理解
  リハビリテーションとホスピス
  ホスピスにおける実践
  セラピスト特有の患者との距離感
  診療報酬上の解釈
  おわりに
 4 在宅ホスピス緩和ケアの地域性
  はじめに
  各施設における在宅ホスピス緩和ケア
  おわりに

4 在宅における終末期リハビリテーション
 1 地域におけるリハビリテーションの活用
  はじめに
  かとう内科並木通り診療所の展開
  世界各国の医療制度と終末期リハビリテーション
  英国の近代ホスピスからの発想
  地域医療と入院医療の特徴
  高齢者医療はデイホスピタルからデイホスピスへ
  緩和医療の教育
  終末期リハビリテーションのポイント
  おわりに
 2 地域リハビリテーションにおけるスキルミックス
  はじめに
  今,地域における医療・介護はどうなっているのか
  地域リハビリテーションにおける終末期のとらえ方
  地域リハビリテーションにおけるスキルミックスの考え方
  スキルミックスの実際
  事例紹介
  満足のいく最期を迎えるために
  地域を知るために「プロボノ」をしよう
  おわりに
 3 地域リハビリテーションの実像
  はじめに
  病院緩和ケアと在宅緩和ケアの違い:リハの視点から
  在宅における終末期リハビリテーションの臨床ポイント
  在宅緩和ケアに訪問作業療法士としてたずさわった事例
  まとめ・考察
 4 地域におけるチーム医療
  はじめに
  在宅におけるチームケア
  チームアプローチ
  在宅がんリハビリテーション
  終末期リハビリテーション
  地域のチーム医療における各専門職の役割
  在宅がんリハビリテーションの実際
  症例紹介
  今後の地域における在宅がんリハビリテーション
  まとめ
 5 難病患者へのリハビリテーションの取り組みについて
  はじめに
  難病とは
  事業所立ち上げの理由
  神経・筋疾患患者からの相談
  当事業所の支援の取り組み
 6 リハ専門職がかかわる意思決定支援:療養場所の選択
  はじめに
  「意思決定」の支援者としてのリハビリテーション専門職
  意思決定の支援とは
  がん治療病院からホスピス・緩和ケア病床への移行時の課題
  終末期に向かうがん患者と家族の心理社会的課題
  終末期の療養場所についての意思決定への支援
  まとめ

5 家族・遺族とのかかわり
 1 リハビリテーション専門職への期待
  はじめに
  症例①:Aさん,歳代男性,一人暮らしで入院中
  症例②:Bさん,歳代女性
  まとめ
 2 遺族会への取り組み
  はじめに
  グリーフケアとは
  小児がん患者の遺族会「いちご会」立ち上げの経緯
  対象
  方法
  結果
  考察
  今後の課題
  おわりに
 3 リハビリテーション病院から在宅へ
  スピリチュアルペインとの出会い
  緩和ケア病棟から在宅へ
  まとめ
 4 リハ専門職のもつトータルヘルスプランナーとしての可能性
  はじめに
  トータルヘルスプランナーとは
  終末期患者の在宅ホスピス緩和ケアとは
  在宅ホスピス緩和ケアでの多職種ケアとTHPの役割
  症例紹介
  リハビリテーション専門職がTHPになるためには
  おわりに