医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

抗悪性腫瘍薬コンサルトブック 改訂第2版【電子版】

薬理学的特性に基づく治療

南 博信 (編)

神戸大学大学院医学研究科内科学講座腫瘍・血液内科学分野

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-24609-0
電子版発売日
2017/12/18
ページ数
446ページ
 判型
B6変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,400 (本体¥5,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-25886-4
印刷版発行年月
2017/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
22 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

がん薬物療法で使用される主な抗悪性腫瘍薬を薬剤ごとに解説。適応・副作用、作用機序・耐性機序、投与スケジュールのほか、各薬剤の臨床薬理学的特長、それに基づく使用上のノウハウまでをコンパクトかつ明快に記載。さらに各がん種における代表的なレジメンも掲載。抗悪性腫瘍薬を使いこなすための知識を凝縮した一冊。

目次

【内容目次】
I 抗悪性腫瘍薬の臨床薬理学-総論
 A.がん薬物療法の基本的考え方
 B.抗悪性腫瘍薬の分類
 C.蛋白結合
 D.drug delivery system(DDS)
 E.薬物動態・薬力学の個体差
 F.薬理ゲノム学
 G.高齢者の薬物動態・薬力学
 H.臓器障害時の薬物動態・薬力学
 I.分子標的治療薬の臨床薬理学的特徴
 J.抗体薬の臨床薬理学的特徴
II 各薬剤の臨床薬理学的特徴と使い方
 1 分子標的治療薬
  A 小分子化合物
   1.イマチニブ
   2.ニロチニブ
   3.ダサチニブ
   4.ソラフェニブ
   5.スニチニブ
   6.アキシチニブ
   7.パゾパニブ
   8.レゴラフェニブ
   9.レンバチニブ
   10.ゲフィチニブ
   11.エルロチニブ
   12.アファチニブ
   13.オシメルチニブ
   14.クリゾチニブ
   15.アレクチニブ
   16.ルキソリチニブ
   17.ボルテゾミブ
   18.カルフィルゾミブ
   19.ラパチニブ
   20.ベムラフェニブ
   21.ダブラフェニブ
   22.トラメチニブ
   23.エベロリムス
   24.テムシロリムス
  B 抗体薬
   1.トラスツズマブ
   2.トラスツズマブエムタンシン(T.DM1)
   3.ペルツズマブ
   4.リツキシマブ
   5.オファツムマブ
   6.モガムリズマブ
   7.ブレンツキシマブベドチン
   8.ベバシズマブ
   9.ラムシルマブ
   10.セツキシマブ
   11.パニツムマブ
   12.ゲムツズマブオゾガマイシン
   13.イブリツモマブチウキセタン
   14.ニボルマブ
   15.イピリムマブ
   16.ペムブロリズマブ
   17.エロツズマブ
 2 殺細胞性抗がん薬
  A 代謝拮抗薬
  (1)アルキル化薬
   1.シクロホスファミド
   2.イホスファミド
   3.ブスルファン
   4.メルファラン
   5.ベンダムスチン
   6.ダカルバジン
   7.プロカルバジン
   8.テモゾロミド
  (2)葉酸拮抗薬
   1.メトトレキサート
   2.ペメトレキセド
  (3)ピリミジン拮抗薬
   1.フルオロウラシル
   2.カペシタビン
   3.テガフール・ギメラシル・オテラシル(S.1)
   4.テガフール・ウラシル(UFT)
   5.トリフルリジン・チピラシル(TAS.102)
   6.シタラビン
   7.ゲムシタビン
  (4)プリン拮抗薬
   1.メルカプトプリン
   2.フルダラビン
   3.クラドリビン
   4.クロファラビン
   5.ネララビン
  (5)その他
   1.L.アスパラギナーゼ
   2.ヒドロキシカルバミド
  B 抗生物質
  (1)アントラサイクリン系
   1.ドキソルビシン
   2.liposomal doxorubicin
   3.ダウノルビシン
   4.エピルビシン
   5.イダルビシン
   6.アムルビシン
   7.ミトキサントロン
  (2)その他の抗生物質
   1.マイトマイシンC
   2.アクチノマイシンD
   3.ブレオマイシン
  C 微小管阻害薬
  (1)ビンカアルカロイド
   1.ビンクリスチン
   2.ビンブラスチン
   3.ビノレルビン
  (2)タキサン
   1.パクリタキセル
   2.nab.パクリタキセル
   3.ドセタキセル
   4.カバジタキセル
  (3)その他の微小管阻害薬
   1.エリブリン
  D 白金製剤
   1.シスプラチン
   2.カルボプラチン
   3.ネダプラチン
   4.オキサリプラチン
  E トポイソメラーゼ阻害薬
  (1)トポイソメラーゼI阻害薬
   1.イリノテカン
   2.ノギテカン
  (2)トポイソメラーゼII阻害薬
   1.エトポシド
  F サリドマイド関連薬
   1.サリドマイド
   2.レナリドミド
III 各領域におけるがん薬物療法のとらえ方
 A.頭頸部扁平上皮がん
 B.肺がん
 C.消化器がん
 D.乳がん
 E.造血器がん
 F.婦人科がん
 G.腎がん
 H.泌尿器がん
 I.悪性黒色腫
 J.原発不明がん
 K.骨・軟部肉腫
 L.脳腫瘍
索引