医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

認知症治療薬の考え方,使い方【電子版】

中島 健二 (編著)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/01/01
ページ数
224ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,104 (本体¥3,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-12988-7
印刷版発行年月
2017/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

抗認知症薬,抗精神病薬,抗うつ薬,睡眠薬,抗不安薬,漢方薬,排尿障害治療薬など,認知症患者の薬物療法に焦点を絞り,処方の実際や注意点など必要知識を解説した.

目次

Chapter I  認知症概説
 ① 認知症概説 〈中島健二〉
  1.認知症とは
  2.認知症,認知機能障害をきたす原因
  3.認知症の診断
  4.代表的な認知症

Chapter II  総論
 ① 抗認知症薬 〈和田健二〉
  1.抗認知症薬とは
  2.抗認知症薬の種類
  3.Alzheimer型認知症における治療選択と薬剤の使い分け
  4.服薬コンプライアンス(アドヒアランス)
 ② 抗精神病薬 〈中西亜紀〉
  1.抗精神病薬とは
  2.認知症診療において抗精神病薬の使用はどのように考えるか:基本姿勢
  3.認知症診療における抗精神病薬の使用の実際
 Column 1 BPSDへの抗精神病薬の使用とFDA勧告
 Column 2 BPSDやせん妄が出現すると何が困るのか
 Column 3 薬かケアか
 ③ 抗うつ薬 〈上村直人 藤戸良子〉
  1.認知症と抑うつ・うつ状態の疫学と抗うつ薬使用の意義
  2.抗うつ薬の種類と使い方
  3.高齢者に対する抗うつ薬の選択時に考慮すべきこと
 Column 4 うつとアパシー
 Column 5 抗うつ薬としてのスルピリド
 Column 6 抗うつ薬によるactivation syndromeと離脱症候群(セロトニン症候群)
 ④ 睡眠薬,抗不安薬 〈柏原健一〉
  1.睡眠薬
  2.抗不安薬
 Column 7 睡眠環境の指導
 ⑤ 気分安定薬(抗てんかん薬) 〈足立 正〉
  1.気分安定薬が対象となりうる認知症での病態
  2.認知症と気分障害(特に躁状態)について
  3.薬物治療の実際
 Column 8 双極性障害と嗜銀顆粒性認知症
 ⑥ 認知症の治療と漢方 〈水上勝義〉
  1.認知障害
  2.BPSDに対する漢方薬
  3.漢方治療の特徴
 ⑦ 排尿障害治療薬 〈山崎峰雄〉
  1.排尿障害治療薬の理解に必要なミニマム解剖と薬理
  2.認知症で合併しやすい排尿障害
  3.排尿障害の薬物治療の実際
  4.薬剤による排尿障害
  5.認知症疾患治療ガイドラインから
 ⑧ 高血圧治療薬 〈余郷麻希子 森田昌代 鈴木正彦〉
  1.血管性認知症(VaD)
  2.Alzheimer型認知症
  3.高血圧治療薬各論

Chapter III  各論
 ① Alzheimer型認知症の治療 〈古和久朋〉
  1.抗認知症薬
  2.BPSDガイドラインに登場する他の薬剤について
  3.軽度認知障害(mild cognitive impairment:MCI)に対する薬物治療介入について
 Column 9 根本治療薬開発の現状
 ② 血管性認知症(VaD) 〈猪原匡史〉
  1.VaDの診断基準
  2.VaDのタイプ別分類
  3.VaDの画像所見
  4.VaDの危険因子とその管理目標
  5.VaDにおける抗血栓療法
  6.VaDの認知機能障害に有効な薬物
 Column 10 微小出血の原因は?
 ③ Lewy小体型認知症 〈高橋牧郎〉
  1.DLBの薬物治療
  2.DLBに対する非薬物療法
 Column 11 DLBに対する疾患修飾薬開発への展望
 ④ 前頭側頭葉変性症 〈新井哲明〉
  1.非薬物療法
  2.薬物療法
 ⑤ 進行性核上性麻痺,大脳皮質基底核変性症〈瀧川洋史 古和久典 中島健二〉
  1.疾患概念と疫学
  2.臨床的特徴(臨床亜型,重症度分類)
  3.診断基準・鑑別診断
  4.病態機序
  5.経過
  6.治療
 ⑥ せん妄 〈玉置寿男 布村明彦〉
  1.せん妄の診断
  2.せん妄の疫学
  3.せん妄の評価尺度
  4.せん妄の危険因子
  5.せん妄の予防
  6.せん妄への救急的対応
  7.せん妄の治療

薬剤索引

事項索引