医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

咳のみかた,考えかた【電子版】

倉原 優 (著)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/01/01
ページ数
250ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,320 (本体¥4,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-13034-0
印刷版発行年月
2017/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
60 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

咳診療の鉄則,咳の診断ツール,各疾患の各論,鎮咳薬の使い方,実際の戦略の組み立て,著者が出会った珍しい咳嗽など,「咳」についてあらゆる角度から解説を行った.

目次

第1章 咳嗽とは何なのか
1.咳嗽という漢字
2.咳嗽の定義
3.咳嗽のメカニズム
4.知っておきたい咳嗽パラメータ

第2章 咳嗽の概論
1.急性咳嗽
2.遷延性咳嗽・慢性咳嗽の原因疾患
3.咳嗽グラフ
4.喀痰の有無
5.咳嗽発生時間帯

第3章 咳嗽を診療する前の鉄則
1.あらゆる疾患が咳嗽を呈しうる
2.咳嗽のレッドフラグ
3.患者さんのQOLを第一に考える

第4章 咳嗽の診断ツール
1.問診
2.咳嗽強度,咳嗽関連QOL
3.身体所見
1)バイタルサイン
2)鼻の観察
3)口腔咽頭の観察
4)聴診
5)四肢診察
6)視診
4.検査
1)胸部X 線写真
2)呼吸機能検査
3)呼気一酸化窒素濃度(FeNO)
4)気道過敏性検査
5)気管支平滑筋収縮誘発咳嗽反応検査(メサコリン咳誘発検査)
6)咳受容体感受性検査(カプサイシン咳感受性検査)
7)モストグラフ
8)血液検査
9)喀痰・咽頭ぬぐい液検査
10)気管支鏡検査
11)複数の検査の組み合わせによる慢性咳嗽の判定

第5章 急性咳嗽疾患
1.かぜ症候群などの急性気道感染症
2.キラー咳嗽疾患

第6章 遷延性咳嗽・慢性咳嗽疾患各論
1.感染後咳嗽: 百日咳,マイコプラズマ,クラミドフィラ
1)百日咳
2)マイコプラズマ
3)クラミドフィラ
2.結核,非結核性抗酸菌症,肺アスペルギルス症
1)結核
2)非結核性抗酸菌症
3)肺アスペルギルス症
3.喘息
4.好酸球性気道炎症疾患: 咳喘息,アトピー咳嗽,非喘息性好酸球性気管支炎
1)咳喘息
2)アトピー咳嗽
3)非喘息性好酸球性気管支炎
4)好酸球性気道炎症疾患のまとめ
5.副鼻腔気管支症候群(sinobronchial syndrome: SBS),気管支拡張症
6.上気道咳症候群(upper airway cough syndrome: UACS,後鼻漏症候群,鼻炎を含む)
7.好酸球性副鼻腔炎(eosinophilic chronic rhinosinusitis: ECRS)
8.胃食道逆流症
9.COPD
10.慢性誤嚥
11.特発性肺線維症
12.喫煙咳嗽
13.薬剤性咳嗽
1)ACE阻害薬
2)フェンタニル
3)薬剤性気管支攣縮
4)薬剤性肺障害
14.somatic cough syndrome(SCS),心因性咳嗽
15.cough hypersensitivity syndrome(CHS),laryngeal hypersensitivity(LH)
16.気道異物

第7章 非特異的鎮咳薬
1.中枢性麻薬性鎮咳薬: コデインリン酸水和物(リンコデ),ジヒドロコデインリン酸,オキシメテバノール(メテバニールⓇ)
2.中枢性麻薬性鎮咳薬: 塩酸モルヒネ
3.中枢性非麻薬性鎮咳薬: デキストロメトルファン(メジコンⓇ,アストマリⓇ,シーサールⓇ)
4.中枢性非麻薬性鎮咳薬: ジメモルファン(アストミンⓇ,ジメモルミンDS Ⓡ),チペピジン(アスベリンⓇ),エプラジノン(レスプレンⓇ),ペントキシベリン(トクレスⓇ,ガイレスⓇ),ベンプロペリン(フラベリックⓇ),クロフェダノール(コルドリンⓇ),ノスカピン(ノスカピンⓇ)
5.ハチミツ,ハチミツコーヒー
6.マクロライド系抗菌薬長期療法
7.対症療法としての吸入薬
8.漢方薬(麦門冬湯,小青竜湯,清肺湯,柴朴湯)
9.その他

第8章 実際の戦略の組み立て
1.フローチャート
1)鑑別診断に入る前に喫煙やACE 阻害薬をやめてもらう
2)感染後咳嗽のチェック
3)レッドフラグの確認
4)聴診
5) GERD,アトピー咳嗽,咳喘息,SBS,UACSの鑑別を試みる
6)治療介入
2.治療的診断
1)マクロライド系抗菌薬
2)吸入薬+ヒスタミンH1 受容体拮抗薬
3)プロトンポンプ阻害薬(PPI)
4)非特異的鎮咳薬
5)慢性咳嗽スーパーカクテル

第9章 珍しい咳嗽たち
1.咳嗽の原因はもっと上にあった
2.にわとりが先か,卵が先か
3.咳嗽の原因はまさかの大動脈に
4.遠い日の記憶

COLUMN
・咳嗽の速度は?
・非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は咳嗽に効く?
・インターネット調査が明かす慢性咳嗽診療の難しさ
・布団歴
・神社歴
・心臓喘息ではピークフロー値は低下しにくい?
・もう少しモストグラフ
咳喘息 vs アトピー咳嗽,現場ではどう診断すればよいのか?
・緑膿菌のquorum-sensing
・deflation cough
・びまん性嚥下性細気管支炎
・有望な鎮咳薬 P2X 3 受容体拮抗薬
・末梢性鎮咳薬ベンゾナテート
・慢性咳嗽にボツリヌス毒素が効く!?

日本語索引
欧文索引
略語索引
薬剤名索引