医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

こうすればうまくいく

日帰り手術の麻酔【電子版】

大嶽 浩司 (他編)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/01/08
ページ数
240ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,104 (本体¥3,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-05530-8
印刷版発行年月
2017/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
36 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

ERAS(Enhanced Recovery After Surgery)で提唱される日帰り手術麻酔のテクニックやノウハウ,注意点などを詳細に解説した.

目次

第1章 日帰り手術とは,そのメリット
 A 日帰り手術とは <松田光正 鈴木利保>
 B 日帰り手術のメリット <大嶽浩司>
 C ‌具体的な日帰り手術(短期滞在手術のスケジュール)(症例1例) <佐藤雅美 白神豪太郎>
  1.手術前日まで
  2.手術当日
  3.手術翌日

第2章 日帰り手術の選択
 A 適応術式 <澤登慶治 武田敏宏 白神豪太郎>
  1.日帰り手術の適応手術
  2.日帰り手術の適応にならない手術
 B 患者特性 <澤登慶治 武田敏宏 白神豪太郎>
  1.心理的・社会的状況
  2.米国麻酔科学会術前全身状態分類(ASA—PS)
  3.年齢
  4.基礎疾患
 C 術前検査および評価 <森松博史 金澤伴幸>
  1.患者評価
  2.術前検査
  3.術当日
 D ‌日帰り手術の麻酔における絶飲食に関して<谷口英喜 白石としえ 輿水健治>
  1.日帰り手術の麻酔において,術前絶飲食の基準を設定する目的
  2.術前絶飲食に関するガイドライン
  3.安全,快適,効果的な術前補水の提案
  4.日帰り麻酔における術前飲食管理の実際
  5.現状の問題点と課題

第3章 麻酔方法
 A ‌全身麻酔,局所/区域麻酔,MAC <武田敏宏 佐藤雅美 白神豪太郎>
  1.全身麻酔
  2.局所/区域麻酔
  3.MAC(monitored anesthesia care)
 B 静脈麻酔薬 <五十嵐 孝>
  1.プロポフォール
  2.チオペンタール
  3.ミダゾラム
  4.ケタミン
  5.オピオイド
  6.レミフェンタニル
  7.フェンタニル
  8.モルヒネ
 C 吸入麻酔薬 <五十嵐 孝>
  1.歴史
  2.作用
  3.薬物動態
  4.分布
  5.代謝
  6.排泄
  7.副作用
  8.薬剤の特長
 D 筋弛緩薬 <五十嵐 孝>
  1.筋収縮
  2.筋弛緩薬の作用
  3.非脱分極性筋弛緩作用の拮抗
 E 気道確保 <五十嵐 孝>
  1.気道の評価
  2.手技
  3.気管挿管
  4.ラリンジアルマスク(LMA)
  5.外科的気道確保
 F 脊髄くも膜下麻酔 <堀田訓久>
  1.解剖
  2.適応と禁忌
  3.手技
  4.薬剤
  5.合併症
 G 局所麻酔薬 <堀田訓久>
  1.作用機序
  2.薬物動態
  3.副作用
 H 末梢神経ブロック <堀田訓久>
  1.超音波ガイド下神経ブロックの基礎
  2.上肢の神経ブロック
  3.下肢の神経ブロック
  4.体幹の神経ブロック
 I 周術期合併症,危険性 <松田光正 鈴木利保>
  1.死亡率と重篤な合併症
  2.一般的な合併症
  3.麻酔薬・脊椎くも膜下麻酔

第4章 覚醒および帰宅準備
 A 麻酔からの覚醒 <井上莊一郎>
  1.麻酔からの覚醒のために確認しておくこと
  2.全身麻酔から覚醒に影響する因子
  3.気道確保に使用していた器具の抜去
 B 術後悪心・嘔吐対策 <平 幸輝 井上莊一郎>
  1.PONVのメカニズム
  2.成人のPONVのリスク因子
  3.小児のPONVのリスク因子
  4.PONVの予防方法
  5.PONVの予防・治療に用いる薬剤
  6.非薬物療法による予防
 C 術後鎮痛 <井上莊一郎>
  1.日帰り手術の術後鎮痛の目標と基本的な考え方
  2.術前の説明
  3.鎮痛薬の種類と位置づけ
  4.術後鎮痛での経口鎮痛薬の活用
  5.術後鎮痛の実際
  6.局所麻酔で行われた手術の術後鎮痛
  7.日帰り手術における術後鎮痛の注意点

第5章 帰宅後の対応 <齋藤啓一郎 鈴木利保>
 1.注意点,術後合併症,再受診の理由,minor complication,follow up

第6章 小児の日帰り手術 <多賀直行>
 1.小児日帰り手術の特徴,対象(肉体的,疾患別,家庭・社会的)
 2.術前,術中,術後,帰宅について

第7章 日帰り手術の看護ケアとその特徴 <相場雅代 渡邉裕子>
 1.手術前日の看護
 2.手術当日から退院までの看護

第8章 日帰り手術の費用 <村井邦彦>
 1.日帰り手術の診療報酬
 2.公的医療保険と自治体による医療費助成
 3.民間医療保険
 4.日本における日帰り手術の普及

第9章 各種疾患における,日帰り手術の実際
 A 鼠径ヘルニア <多賀直行>
  1.麻酔法
  2.術中術後の鎮痛
  3.PONV対策
  4.注意すべき点
 B 外来眼科手術 <牧野伸二>
  1.対象疾患
  2.麻酔法
  3.斜視手術
  4.眼瞼手術
  5.注意すべき点
 C 整形外科手術 <瓜本言哉 鈴木利保>
  1.本邦における整形外科手術の日帰り手術の現状
  2.日帰り手術の対象症例
  3.整形外科日帰り手術の麻酔法
  4.上肢の日帰り手術に用いられる麻酔法
  5.下肢の手術
  6.実際の麻酔法の選択について
  7.術後鎮痛について
 D 耳鼻科手術 <岡安理司 大嶽浩司>
  1.対象疾患
  2.麻酔法
  3.口蓋扁桃摘出術・アデノイド摘出術の麻酔管理
 E 下肢静脈瘤手術 <眞一弘士 大嶽浩司>
  1.下肢静脈瘤の主な日帰り手術法とそれに対する麻酔法

第10章 保険制度,医療行政との関わり <大嶽浩司>

索引