医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

むかしの頭で診ていませんか? 呼吸器診療をスッキリまとめました【電子版】

滝澤 始 (編)

杏林大学医学部呼吸器内科

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-24569-7
電子版発売日
2018/01/22
ページ数
230ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,104 (本体¥3,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-25114-8
印刷版発行年月
2017/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
36 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

(1)従来の考え方から大きく進歩した点、(2)実地医家に関心の高いテーマ、にポイントを絞り簡便にまとめた、「むかしの頭で診ていませんか?」シリーズ第3弾。感染症をはじめ、喘息、COPD、肺炎など一般内科医・プライマリケア医が遭遇する疾患の多い呼吸器領域で、非専門医・初学者向けに、「必要な情報」を「簡単な言葉」でスッキリまとめて提示する。基本事項から日常診療のギモンにまで答え、最新のトピックもこれを読めば押さえられる、読み応え十分の一冊。

目次

【内容目次】
1 なぜ咳が出る,なぜ痰が出る:病態から考える治療薬の選択
2 呼吸器診療で役立つ血液および呼気ガス検査
3 かぜと思っても抗菌薬を使うべきときがありますか?
4 外来で診る市中肺炎:どこまで見るべき?
5 肺結核は今どうなっているのでしょう?
6 非結核性抗酸菌症・肺MAC症の最新事情:いつ専門医にコンサルトする?
7 びまん性汎細気管支炎(DPB)は今もあるんですか?
8 マクロライド少量長期療法はどんなときに行う?
9 気管支喘息の吸入薬はいったいどう使い分ければ?
10 COPDの吸入療法はどう選んだら良いですか?
11 咳が長引いたら,どう鑑別して何を使う?:鎮咳薬,気管支拡張薬,吸入ステロイド薬などの使い分け
12 咳の長引く感染症とその対策
13 腫瘍性疾患を疑うときの血液検査(腫瘍マーカー)とその意義
14 介護施設に入所中の方の肺炎の治療と予防法は?
15 進行期肺癌の分子標的薬の進歩:「頑張る」意味があるのか?
16 気管支喘息治療薬を減らしたいときはどの順番で?
17 COPD患者さんの生活指導のコツは?:身体活動性の向上・維持を目指す
18 特発性間質性肺炎(IIPs)に効く薬ができたそうですね
19 続発性気胸を繰り返す患者さんの治療法は?
20 新しい呼吸機能検査IOSはどう使えば良いですか?
21 NPPV患者さんを外来で診るときの注意点
22 喘息と鼻炎や副鼻腔炎の合併は,いつ疑ってどうしたら良いでしょう?
23 肺血栓塞栓症はどうしたら予防できますか?
24 患者さんから「喘息を気管支鏡で治せると聞いたのですが?」と言われたら:気管支温熱療法
25 肺癌検診にエビデンスはあるのか?
26 睡眠時無呼吸症候群はどんなとき疑えば良いですか?
27 抗IgE抗体に加え新しい注射薬が出たそうですが,どんな人に使うのでしょう?
28 COPDはタバコ病といいますが,喫煙者の1割しかならないといいますね
29 関節リウマチの治療経過中に肺陰影が出現したら?
30 舌下免疫療法が保険適用になったそうですね
31 気管支喘息かCOPDかわかりにくいときは?
32 肺炎球菌ワクチンは誰にいつどれを?
33 インフルエンザの治療薬の使い分け