医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ここが知りたい 理屈がわかる

抗凝固・抗血小板療法【電子版】

後藤 信哉 (著)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/01/29
ページ数
144ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,024 (本体¥2,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-13428-7
印刷版発行年月
2016/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

“血栓症”の原因となる血小板,凝固系,線溶系とはいったい何か,また薬の使い方はどうあるべきなのか.研修医と指導医との“対話”で学ぶ新しいスタイルの指南書.

目次

第1章  抗凝固・抗血小板薬を使うための血小板と凝固系の基本理解
  Section 1-1:血小板の基本理解
  Section 1-2:凝固系の基本理解
  Section 1-3:線溶系の基本理解
 Take Home Message
   血小板について,これだけは知っていてね
   凝固系について,これだけは知っていてね
   線溶系について,これだけは知っていてね


 第2章  理屈がわかる抗血小板薬の使い方
  Section 2-1:理屈がわかるアスピリンの使い方
  Section 2-2:理屈がわかるクロピドグレルの使い方
    1.クロピドグレル出現の経緯
    2.クロピドグレルは良い薬?
    3.クロピドグレルの作用メカニズム
    4.クロピドグレル特許切れのインパクト
    5.‌クロピドグレル,チクロピジンで起こる稀な合併症:血栓性血小板減少性紫斑病
  Section 2-3:理屈がわかるクロピドグレル後継薬の使い方
    1.クロピドグレルの後継薬(1):日本初のプラスグレル
    2.クロピドグレルの後継薬(2):戦略的なチカグレロール
 Take Home Message
   アスピリンについて,これだけは知っていてね
   クロピドグレルについて,これだけは知っていてね
   クロピドグレル後継薬について,これだけは知っていてね


第3章  理屈がわかる抗凝固薬の使い方
  Section 3-1:理屈がわかるワルファリンの使い方
    1.ワルファリンとはどんな薬
    2.ワルファリンの薬効モニタリング
    3.ワルファリン使用時に気をつけること
    4.ワルファリンが必ず必要な場合
  Section 3-2:理屈がわかる新規経口抗凝固薬の使い方
    1.新規経口抗凝固薬開発の経緯
    2.薬剤となった新規経口抗凝固薬
    3.新規経口抗凝固薬とワルファリン
    4.新規経口凝固薬の薬効の中和法
 Take Home Message
   ワルファリンついて,これだけは知っていてね
   新規経口抗凝固薬について,これだけは知っていてね