医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ここがポイント!高齢者救急【電子版】

Iona Murdoch、Sarah Turpin ほか (著)

出版社
日経BP社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/04/02
ページ数
310ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,912 (本体¥6,400+税8%)

印刷版ISBN
978-4-8222-3954-1
印刷版発行年月
2017/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
102 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

慢性疾患を複数抱えた高齢者が救急受診した時、
何をチェックすれば、見落としを防げるのか、その指針を示します。

こんな高齢患者を診察したことはありませんか?
●肺炎を起こしているのに、白血球数やCRPが上昇しない
●腹部の臓器穿孔があるのに、X線画像が正常に見える
●尿路感染か無症候性細菌尿なのか、判断が難しい
●心筋梗塞があるのに、胸痛を訴えない
●せん妄なのか、認知症があるのか、区別が難しい

高齢患者の治療で、もしも適切な初期治療を見落とせば、合併症発生率や死亡率が上がる。病院での最初の数時間が非常に大切で、結果を左右する。

本書では、主に転倒、せん妄、脳卒中など、高齢者に典型的に頻発する事例を取り上げる。また、頭部外傷、腹痛、熱傷、重大な外傷といった、若年患者と異なる管理アプローチを要する緊急状態についても述べる。各疾患において、「要点」では有用なアドバイスを強調し、末尾の「覚えておくべきこと」には重要ポイントを端的にまとめている。

目次

はじめに iii
1章 高齢者救急医学の序論 1
2章 高齢者救急医学での評価と管理の要点 9
3章 高齢者救急医学の特別なスキル 33
4章 脆弱な成人と高齢者虐待 56
5章 胸痛と心房細動 69
6章 呼吸困難 95
7章 感染症と敗血症 112
8章 転倒と不動 126
9章 失神 143
10章 めまい 153
11章 重大な外傷 164
12章 骨折と背部痛 176
13章 皮膚外傷 199
14章 頭部外傷 209
15章 腹部救急疾患 222
16章 糖尿病と環境の救急疾患 243
17章 急性腎障害と代謝性救急疾患 254
18章 せん妄 268
19章 脳卒中とTIA 284