医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

しみじみわかる血栓止血 Vol.2【電子版】

血栓症・抗血栓療法編

朝倉 英策 (著)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/09/24
ページ数
188ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,320 (本体¥4,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-12592-6
印刷版発行年月
2015/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
40 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

血栓止血関連領域の情報をわかりやすく解説する人気ブログ「金沢大学 血液内科・呼吸器内科/血液・呼吸器内科のお役立ち情報」の書籍化第二弾! 「寝転びながらでも読めて、血栓止血学がしみじみ分かる」をモットーに、第二巻となる本書では血栓症の概念や抗血栓療法、新規経口抗凝固薬(NOAC)、抗リン脂質抗体症候群(APS)、血液凝固検査などについて易しく解説。本領域の臨床について知りたい方に最適な一冊です。

目次

目次

1 章/ 血栓症
 A ─ 血栓症の概念
   1 血栓症とは?
   2 血栓症の分類
   3 動脈血栓症
   4 静脈血栓症
 B ─ 抗血栓療法
   1 抗血栓療法の種類
   2 抗血栓療法の使い分け
   3 血栓症の種類と抗血栓療法の分類
   4 抗血栓療法(薬物)
   5 抗血小板療法/ アスピリン
   6 アスピリンの作用機序
   7 アスピリンジレンマ
   8 アスピリン少量投与
   9 アスピリン使用量
  10 抗凝固療法/ ワルファリン
  11 牛の奇病(sweet clover 病)
  12 牛の奇病とダイクマロール
  13 ワルファリンの語源
  14 ワルファリンと殺鼠剤
 C ─ アスピリン vs. ワルファリン
   1 アスピリンか、ワルファリンか?
   2 冠動脈ステント留置
   3 冠動脈ステント:アスピリン、ワルファリン、チクロピジン
   4 冠動脈ステント:DAPT
   5 心房細動
   6 心房細動と十分なワルファリン
   7 凝固活性化分子マーカー
   8 心房細動とTAT、SF、DD など
   9 心房細動の抗血栓療法とF1+2
  10 心房細動:INR とF1+2 の相関
  11 心房細動:抗凝固療法とD- ダイマー ?
  12 心房細動:抗凝固療法とD- ダイマー ?
  13 心房細動:抗凝固療法と可溶性フィブリン(SF)
  14 ワルファリンのモニタリング
  15 心房細動にはワルファリン
  16 心房細動:INR と出血
  17 心房細動の抗凝固療法モニタリング
  18 効果と出血のモニタリング
  19 NR モニタリング
  20 閉塞性動脈硬化症
  21 閉塞性動脈硬化症:抗凝固療法?
  22 閉塞性動脈硬化症には抗血小板療法
  23 血栓症病態と抗血栓療法の使い分け(まとめ)
  24 プラビックス、プレタール、プロサイリン/ドルナー
  25 ワルファリン
 D ─ ヘパリン類など
   1 ヘパリン類の種類
   2 低分子へパリン 
   3 ダナパロイドナトリウム(オルガラン)
   4 フォンダパリヌクス(アリクストラ)
   5 プロタミン(ヘパリンの中和)
   6 アルガトロバン(スロンノン) 
   7 抗トロンビン薬か、抗Xa 薬か?
   8 ヒルジン(ヒルの唾液腺がヒント)
   9 ヒルログ(ヒルジン誘導体)
 E ─ 新規経口抗凝固薬(NOAC)
   1 新規経口抗凝固薬(NOAC)
   2 ワルファリンとNOAC の相違点
   3 NOAC の効果
   4 NOAC の少ない頭蓋内出血
   5 NOAC による脳卒中の低下 
   6 NOAC とワルファリンの長所と短所
   7 NOAC の種類
   8 NOAC の比較
   9 プラザキサとイグザレルトの比較 
  10 モニタリングは不要か?
  11 NOAC の薬物動態
  12 ダビガトランのPT、APTT への影響
  13 ダビガトランとPT、APTT(試薬)
  14 リバーロキサバンとPT、APTT
  15 エドキサバンとPT、APTT
  16 リバーロキサバンとPT(術後)
  17 ダビガトランとアンチトロンビン(AT)
  18 リバーロキサバンとアンチトロンビン(AT)
  19 ダビガトランとフィブリノゲン
  20 ダビガトランとAPTT(入院)
  21 ダビガトランとAPTT(外来)
  22 NOAC のモニタリング(PT & APTT)
  23 各NOAC のモニタリング
  24 NOAC のモニタリング(効果&副作用)
  25 モニタリングの例
  26 心房細動治療のガイドライン
  27 NOAC とPOCT の落とし穴
  28 がん患者の血栓症に対するNOAC

2 章/ 深部静脈血栓症/ 肺塞栓症
 A ─ 概念
   1 深部静脈血栓症/ 肺塞栓症とは?
  2 深部静脈血栓症と血栓性静脈炎の違い
   3 深部静脈血栓症は右or 左下肢に多い?
  4 深部静脈血栓症は日本人に少ない?
 B ─ 整形外科手術、地震災害
  1 整形外科手術と深部静脈血栓症
  2 地震災害と深部静脈血栓症
 C ─ 症状、診断
1 深部静脈血栓症/ 肺塞栓症の症状
    2 深部静脈血栓症/ 肺塞栓症の診断
  3 D- ダイマーの威力
  4 深部静脈血栓症とD- ダイマー
   5 D- ダイマーがブレイクした理由
 D ─ 治療
   1 治療の基本
  2 急性期および慢性期の治療
  3 深部静脈血栓症/ 肺塞栓症に対する線溶療法の是非
 E ─ 予防、ガイドライン
  1 静脈血栓塞栓症の発症予防
2 静脈血栓塞栓症の予防ガイドライン
 F ─ 下大静脈フィルター
1 下大静脈フィルターの是非
  2 下大静脈フィルターの成績
 G ─ 危険因子、血栓性素因
1 危険因子
  2 血液学的な血栓性素因
 H ─ エコノミークラス症候群(ロングフライト血栓症)
1 発症の本当のわけは?

3 章/ 閉塞性動脈硬化症
1 閉塞性動脈硬化症とは?
  2 治療
  3 他の動脈硬化症に注意
  4 早期診断のために

4 章/ 抗リン脂質抗体症候群(APS)
1 APS の概念
2 APS の診断基準
  3 APS の疾患と診療科
  4 APS の治療
  5 APS と不育症
  6 APS における流産の機序
  7 APS の妊娠管理
  8 APS の妊娠管理:ヘパリンの注意点
  9 APS とITP の合併
 10 ITP の抗リン脂質抗体と血栓症
 11 LA 陽性ITP と血栓症
 12 ITP と抗リン脂質抗体チェック率
 13 APS とITP の合併への対応
 14 ITP に対するエルトロンボパグと血栓症
 15 APS のまとめ
  16 APS 確認のための問題 ?
  17 APS 確認のための問題 ?

5 章/ 血液凝固検査(発展)
1 PT
  2 PT-INR とトロンボテスト
  3 APTT
  4 トロンボテスト(TT)・ヘパプラスチンテスト(HPT)
 5 フィブリノゲン
  6 D- ダイマー
  7 TAT
  8 SF、FMC、F1+2
  9 PIC
  10 線溶マーカーのまとめ
 11 t-PA/PAI-1 複合体
12 FDP 採血管
13 FDP のartifact
14 DIC とDVT の合併
15 血栓性素因の血液検査
16 出血性素因の血液検査(鼻出血など)

さくいん