医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

もしも「死にたい」と言われたら 自殺リスクの評価と対応【電子版】

松本 俊彦 (著)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/09/24
ページ数
136ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,160 (本体¥2,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-12974-0
印刷版発行年月
2015/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
10 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

「死にたい」とだれかに告げることは,「死にたいくらいつらい」ということ.だから,もしもこのつらさを少しでもやわらげることができるならば,「本当は生きたい」のである.「死にたい」という患者を前にして医療は何ができるのか,何をすべきなのか.自殺企図,自殺未遂患者の自殺リスクをどう評価して,どう対応すべきなのか.この難しいテーマに真っ向から取り組んできた筆者がこれまでの経験と知識を元に書き下ろした一冊.

目次

はじめに
第1章 人はなぜ自殺するのか?
 自殺の対人関係理論に基づく予防と治療・援助の基本
  Ⅰ はじめに
  Ⅱ 自殺の対人関係理論とは
  Ⅲ 自殺の対人関係理論からみた精神障害と自殺との関係
  Ⅳ 自殺の対人関係理論からみた危機介入のあり方
  Ⅴ おわりに
第2章 隠された自殺念慮に気づくには
 自殺念慮のアセスメントとCASE アプローチ
  Ⅰ はじめに
  Ⅱ 自殺予防における自殺念慮が持つ臨床的意義
  Ⅲ 自殺念慮のアセスメントに際しての困難と注意点
  Ⅳ 語りづらい話題を正直に語らせる技法
  Ⅴ 自殺イベントの時系列アセスメント
  Ⅵ 補足的な情報収集
  Ⅶ おわりに
第3章 自殺企図の評価と対応
  Ⅰ はじめに
  Ⅱ 自殺企図の評価
  Ⅲ 自殺念慮の告白に対する対応
  Ⅳ 自殺企図の対応
  Ⅴ おわりに
第4章 非自殺性自傷に対する精神療法
  Ⅰ はじめに
  Ⅱ 非自殺性自傷の治療に際しての基本的な態度
  Ⅲ 自傷のモニタリングとトリガー分析
  Ⅳ 置換スキルの習得
  Ⅴ 面接の実際
  Ⅵ 症例A  17 歳 女性 高校生
  Ⅶ 自傷が止まった後のかかわり
  Ⅷ おわりに
第5章 過量服薬の理解と予防・対応
  Ⅰ はじめに
  Ⅱ 過量服薬の理解
  Ⅲ 過量服薬の予防
  Ⅳ 過量服薬の危機介入
  Ⅴ おわりに
第6章 心理学的剖検から見えてきた自殺の危険因子
  Ⅰ はじめに
  Ⅱ 心理学的剖検とは?
  Ⅲ なぜ心理学的剖検研究が必要なのか―他の研究手法との比較
  Ⅳ 海外における心理学的剖検研究の動向
  Ⅴ わが国における心理学的剖検の現状
  Ⅵ 私たちの心理学的剖検研究から現在までに明らかにされたこと
  Ⅶ おわりに
あとがき
索引