医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

マインドフルネスを医学的にゼロから解説する本【電子版】

医療者のための臨床応用入門

佐渡 充洋 (編著)

慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室 専任講師

出版社
日本医事新報社
電子版ISBN
978-4-7849-6805-3
電子版発売日
2018/11/05
ページ数
236ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,320 (本体¥4,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7849-4798-0
印刷版発行年月
2018/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
12 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

近年、大いに話題となっている認知行動療法の1つである「マインドフルネス」。本書は一般医を対象に、「マインドフルネスとは何なのか?」という基礎から、臨床に導入・応用していくための方法論を解説。知識ゼロでもお読み頂けます。

目次

Ⅰ章 マインドフルネス概論
 1.マインドフルネスとは何か? なぜ求められるのか?
  (1)臨床活用の文脈から
  (2)仏教の文脈から
 2.マインドフルネスの効果の機序
  (1)臨床的な立場から
  (2)脳科学の立場から:2つの瞑想技法と4つの心理的過程
 3.科学的エビデンス
 マインドフルネスの科学的エビデンス
Ⅱ章 臨床マインドフルネスの実際
 1.マインドフルネスストレス低減法
 2.マインドフルネス認知療法
 3.マインドフル セルフ・コンパッション
Ⅲ章 マインドフルネスと関連のある介入
 1.アクセプタンス&コミットメント・セラピー
 2.コンパッション・フォーカスト・セラピー
Ⅳ章 疾患・領域別アプローチ法
 1.うつ病・不安障害
 2.がん・緩和医療
 3.慢性疼痛
 4.食習慣など生活習慣
 5.well-being
Ⅴ章 医療者支援
 1.医療従事者のケア,セルフケア
 2.医学教育におけるマインドフルネスの活用
Ⅵ章 マインドフルネス的介入の学び方と参考図書
 1.マインドフルネス的介入の学び方
  (1)マインドフルネス認知療法,マインドフルネスストレス低減法
  (2)マインドフル セルフ・コンパッション
 ■マインドフルネス参考図書
索引