医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

季節の救急【電子版】

Seasonal Emergency Medicine

山本 基佳 (著)

相澤病院 救命救急センター 副センター長/卒後臨床研修センター 副センター長

出版社
日本医事新報社
電子版ISBN
978-4-7849-6810-7
電子版発売日
2018/11/05
ページ数
464ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,400 (本体¥5,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7849-4607-5
印刷版発行年月
2018/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
64 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

■ER診療を「季節」の観点から捉えた1冊。コモンなものから比較的稀なものまで、ERで遭遇しうる疾患を集めて解説しました。
■例えば「けいれん+意識障害」。頭蓋内疾患・てんかん・低血糖が鑑別に挙がりますが、夏には熱中症、秋には銀杏中毒、冬には一酸化炭素中毒+シアン中毒が鑑別の上位に加わります。「季節」というスパイスを加えると、その後のマネジメントが大きく変わる─。そんな疾患を集めました。
■冒頭に「最重要ポイント」を提示。以降、「キーポイントコレクション(日常臨床への直結点)」、「本疾患がなぜ重要か」、「病態・所見・診断(診断で役立つ知識)」、「治療・方針(ERでどこまで行うべきか)」、「その他の重要事項(鑑別疾患・ピットフォールなど)」で構成されています。
■当直の夜に先輩から聞くような、楽しい雑学も随所に登場。

目次

● 春の救急 ●
1.虫
2.ハチとハチミツ
3.アルコール中毒
4.ホタルイカ

● 夏の救急 ●
1.アジサイ
2.カタツムリ
3.炎天
4.登山
5.海水浴

● 秋の救急 ●
1.ぎんなん
2.サバ
3.きのこ
4.柿
5.冬眠前

● 冬の救急 ●
1.雪原
2.火の用心
3.冬の旬
索引