医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

救急超音波テキスト【電子版】

−point of careとしての実践的活用法

亀田 徹 木村 昭夫 (編)

安曇野赤十字病院救急科第一救急部長/国立国際医療研究センター病院救命救急センター長

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/12/10
ページ数
360ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥10,584 (本体¥9,800+税8%)

特記事項
この電子版では、書籍と同様、WEB動画が見られるシリアルコードが付いており、外部のサイトとリンクして動画を閲覧できます。動画閲覧のためにはネット環境が必要です。
印刷版ISBN
978-4-498-16602-8
印刷版発行年月
2018/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
258 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

超音波検査の近年のトレンド「point-of-care ultrasound(POCUS)」の原理から各臨床応用まで
網羅的に解説した待望の成書。

救急の現場での超音波検査は「必要な時にその場で行う」POCUSとして、一定の手技を習得した
救急医が自ら行うのが最も効率的である。本書は、臓器横断的診療を行う救急医にとって必要
となる超音波の知識を、幅広く実践的に整理した。超音波検査においてこれまであまり目立た
なかった領域にも言及し、一般診療医にとっても有用な内容である。
※WEB動画が見られるシリアルコード付き

目次

目 次

本書の動画視聴方法

第I章 総論
 1 Point-of-care ultrasound (POCUS) 〈亀田 徹〉
  1 POCUSの概念
  2 POCUSのフレームワーク
  3 POCUSの課題
 2 ACEP(American College of Emergency Physicians)超音波ガイドラインの概説 〈児玉貴光〉
  1 ガイドラインの成り立ち
  2 ガイドラインの構成
  3 ガイドラインの実践
  4 ガイドラインの今後
 3 SCCM(Society of Critical Care Medicine)超音波ガイドラインの概説 〈山口嘉一 野村岳志〉
   Part I 一般超音波検査
   Part II 心臓超音波検査
 4 救急超音波による緊急度・重症度評価 〈本多英喜〉
  1 救急診療における緊急度評価
  2 「緊急度」を意識した救急診療
  3 救急超音波検査における「重症度」の評価
  4 「緊急度」と「重症度」は,いつでも,どこでも評価する
  5 救急超音波検査のピットフォール
  6 緊急度と重症度を適確に素早く評価するー「救急超音波診」とは?

第II章 超音波検査の基礎
 1 臨床で役立つ音響工学 〈神山直久〉
  1 超音波の周波数と強さ
  2 伝搬と減衰
  3 超音波音場と分解能
  4 エコー:反射と散乱
  5 反射と透過
  6 波の干渉とスペックルパターン
 2 プローブ操作と画像の描出 〈亀田 徹〉
  1 プローブの選択
  2 画像の表示
  3 マーカー
  4 プローブの操作
  5 プローブの保守・管理
 3 検査の実際と超音波診断装置の取り扱い 〈紺野 啓〉
  1 超音波診断装置の取り扱い
  2 超音波断層法
 4 ドプラ法 〈尾本きよか〉
  1 ドプラ法
  2 ドプラ効果
  3 カラードプラ法・カラーフローマッピング
  4 血流速度の測定方法
 5 アーチファクト 〈長沼裕子 石田秀明〉
  1 Mirror image
  2 多重反射(reverberation)
  3 Ring-down artifact
  4 Twinkling artifact

第III章 気道
 1 気道超音波の基礎と気管挿管の確認 〈丹保亜希仁 鈴木昭広〉
  1 正常解剖
  2 走査と画像の描出
  3 気管挿管・食道挿管の確認法
 2 ガイド下輪状甲状靱帯切開・気管切開 〈二階哲朗〉
  1 経皮的気管切開(PDT)におけるPOCUSの活用
  2 外科的気管切開について
  3 輪状甲状靱帯穿刺と切開におけるPOCUSの応用

第IV章 肺と胸膜
 1 肺超音波の基礎 〈福原信一〉
  1 走査と画像の描出
  2 基本画像
 2 気胸 〈濱野雄二朗〉
 3 胸水・血胸 〈山田直人〉
  1 病態別の解説
  2 超音波ガイド下胸腔穿刺
 4 心原性肺水腫と鑑別疾患 〈谷口隼人〉
  1 B-lines
  2 呼吸不全患者における肺エコー
  3 B-linesを用いた鑑別
  4 Diffuse multiple B-linesを呈する病態の各論
  5 Diffuse multiple B-linesを呈する疾患の鑑別フローチャート
 5 細菌性肺炎 〈福原信一〉
 疾患・病態別の解説
  1 細菌性肺炎における超音波検査の適応・走査
  2 細菌性肺炎における超音波検査所見

第V章 心臓
 1 FOCUSの概要 〈坂東美佳 山田博胤〉
  1 現代の心エコー図検査とFOCUSの誕生
  2 FOCUSと包括的心エコー図検査の差異
  3 FOCUSのターゲット
  4 FOCUSが活用されるシナリオ
  5 FOCUSの実際
 2 収縮不全 〈常松尚志 竹内一郎〉
  1 FOCUSの国際的エビデンス
  2 救急におけるFOCUSの役割 左室全体の収縮機能の評価について
  3 ショックの場合の評価法
  4 視覚的評価の妥当性に関するエビデンス
 3 肺塞栓症 〈吉田拓生〉
  1 正常解剖
  2 走査と画像の描出
  3 疾患・病態別の解説
 4 心嚢液貯留と心タンポナーデ 〈方波見謙一〉
  1 疾患・病態別の解説
  2 走行と画像の描出
  3 ガイド下手技と解説
 5 下大静脈 〈八塩章弘〉
  1 正常解剖
  2 走査と画像の描出
  3 疾患・病態の解説
 6 Advanced FOCUS 〈出雲昌樹〉
  1 急性冠症候群
  2 大動脈解離
  3 急性肺塞栓症

第VI章 腹部
 1 腹腔内出血・腹腔穿刺 〈佐々木 亮〉
  1 走査と画像の描出
  2 疾患・病態別の解説
  3 ガイド下手技と解説
 2 胆嚢 〈田口 大〉
  1 正常解剖
  2 走査と画像の描出
  3 疾患・病態別の解説
 3 尿路 〈東 秀律〉
  1 正常解剖
  2 各臓器の超音波走査と正常画像の描出
  3 疾患・病態別の解説
 4 腹部大動脈 〈石井浩統〉
  1 正常解剖
  2 走査と画像の描出
  3 腹部大動脈瘤
  4 大動脈解離
 5 消化管 〈大西新介〉
  1 正常解剖
  2 操作と画像の描出
  3 疾患・病態別の解説
 6 小児腹部 〈竹井寛和〉
  1 正常解剖
  2 走査と画像の描出
  3 疾患・病態の解説

第VII章 血管
 1 下肢深部静脈血栓症〜2-point ultrasonography 〈入江 仁〉
  1 正常解剖
  2 走査と画像の描出
 2 ガイド下血管穿刺 〈伊藤亜紗実 川本英嗣 今井 寛〉
  1 中心静脈穿刺
  2 末梢動静脈穿刺

第VIII章 神経
 1 視神経鞘と頭蓋内圧亢進 〈小室哲也〉
  1 正常解剖
  2 走査と画像の描出
  3 疾患・病態別の解説
 2 超音波ガイド下神経ブロック 〈石田亮介〉
  1 総 論
  2 各 論

第IX章 運動器・軟部組織
 1 骨折 〈森 崇晃〉
  1 正常解剖
  2 走査と画像の描出
 2 軟部組織感染・異物 〈東 裕之〉
  1 正常解剖
  2 走査と画像の描出
  3 疾患・病態別の解説
  4 ガイド下手技と解説

第X章 病態・症候別活用
 1 外傷初期診療 〈多田祐介 福島英賢〉
  1 外傷初期診療
  2 FAST(focused assessment with sonography for trauma)
  3 EFAST(extended FAST)
  4 症例呈示
 2 呼吸困難 〈瀬良 誠〉
  1 初期評価
  2 超音波検査による呼吸困難鑑別診断
  3 呼吸困難診断プロトコル
 3 ショック 〈小淵岳恒〉
  1 ショックと認識し,応援を呼ぶ
  2 超音波診断装置を準備し実施する
  3 ショックの原因は何か?
  4 では実際に「RUSH」ってどうやるの?
  5 PUMP
  6 TANK
  7 PIPE
 4 心停止 〈亀田 徹〉
  1 蘇生時のFOCUS活用法
  2 FOCUSにおける評価項目
 5 急性腹症 〈真弓俊彦 畠 二郎〉
  1 診療アルゴリズム
  2 急性腹症でも既往歴,現病歴,身体所見を必ず確認する
  3 超音波検査は急性腹症のどのような場合に施行するか?
  4 腹部全体を痛がる場合,ショック
  5 腹痛部位が不明確の場合,POCUS急性腹症プロトコル

第Ⅺ章 救急超音波の新たな活用
 1 ポケットエコー 〈松本 敬〉
  1 ポケットエコーの活用場面
  2 ポケットエコーに求められる機能
  3 ポケットエコーの現状
  4 ポケットエコーのこれから
  5 院内での活用事例
 2 病院前救急での活用 〈早川達也〉
  1 病院前救急診療の実際
  2 病院前における超音波検査の活用
  3 病院前における超音波検査施行にあたっての留意点
 3 災害現場での活用 〈児玉貴光〉
  1 災害と災害医療
  2 Disaster ultrasoundの成り立ち
  3 災害現場での利用例
  4 テロ現場での利用例
 4 看護師による超音波機器の活用 〈木澤晃代〉
  1 諸外国における救急領域での看護師による超音波の活用
  2 看護師が超音波機器を扱うことに関する障壁
  3 看護師の特定行為に係る研修制度における超音波の活用
  4 超音波ガイド下穿刺に関する教育プログラムの開発

索 引