医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

産婦人科医のための骨粗鬆症診療実践ハンドブック【電子版】

寺内 公一 太田 邦明 (編著)

東京医科歯科大学教授/福島県立医科大学講師

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/12/17
ページ数
248ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,752 (本体¥4,400+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-06092-0
印刷版発行年月
2018/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
180 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

高齢化が進む今、骨粗鬆症の治療と予防に産婦人科医の関与が不可欠である。「女性のライフサイクルにおける骨
代謝・骨粗鬆症」をテーマに、産婦人科医による産婦人科医のための骨粗鬆症診療の知識を1冊にまとめた。女性
の骨粗鬆症を診る際に知っておきたい病態、検査、治療を一から解説したハンドブック。

目次

Chapter 1 はじめに──産婦人科医と骨粗鬆症診療
 Section 1 産婦人科による骨粗鬆症診療の歴史 〈太田博明〉
  はじめに
  産婦人科からの骨代謝および骨粗鬆症との関わりの夜明け
  婦人科の仲間たちのこの領域の関与について
  東京女子医大における若年女性を中心とする調査研究,Peak Bone Mass Study
  おわりに
 Section 2 女性医学と骨粗鬆症診療 〈水沼英樹〉
  女性医学から眺めた骨粗鬆症診断のポイント
  骨粗鬆症に対する生活習慣病の影響
  女性医学からみる骨粗鬆症の薬物療法
 Section 3 女性のライフサイクルと骨代謝──産婦人科医によるこれからの骨粗鬆症診療 〈寺内公一〉
  産婦人科医と閉経後骨粗鬆症──WHI以前
  産婦人科医と閉経後骨粗鬆症──WHI以後
  女性のライフサイクルと骨代謝
 Section 4 行政的な視点からみた骨粗鬆症検診および治療の現状と課題 〈倉澤健太郎〉
  はじめに
  わが国における健康づくり対策と健康日本21(第2次)
  スマート・ライフ・プロジェクト
  骨粗鬆症検診
  産婦人科医における骨粗鬆症対策
  終わりに

Chapter 2
 Section 1 性腺機能不全に続発する骨粗鬆症 〈安井敏之〉
  症例
  知っておきたい病態生理
  産婦人科医に求められる治療と対応
  注意事項(治療する上で見逃してはならないこと)
  フォローアップ方法
 Section 2 やせに伴う無月経に続発する骨粗鬆症──神経性やせ症,アスリートなど 〈甲村弘子〉
  症例1
  症例2
  知っておきたい病態生理
  産婦人科医に求められる治療と対応
  注意事項
 Section 3 妊娠後骨粗鬆症 〈善方裕美〉
  症例
  知っておきたい病態生理
  産婦人科医に求められる治療と対応
  フォローアップ方法
 Section 4-1 性ホルモン低下療法に続発する骨粗鬆症 〈横田めぐみ,平沢 晃,青木大輔〉
  症例
  知っておきたい病態生理
  産婦人科医に求められる治療と対応
  注意事項
  フォローアップ方法
 Section 4-2 乳がんに対する内分泌療法に続発する骨粗鬆症 〈横田めぐみ,平沢 晃,青木大輔〉
  症例
  知っておきたい病態生理
  産婦人科医に求められる治療と対応
  注意事項
  フォローアップ方法
 Section 5 早発卵巣不全に続発する骨粗鬆症 〈高江正道,鈴木 直〉
  症例
  知っておきたい病態生理
  産婦人科医に求められる治療と対応
  注意事項
  フォローアップ方法
 Section 6 閉経後骨粗鬆症 〈太田邦明,水沼英樹〉
  症例
  知っておきたい病態生理
  産婦人科医に求められる治療と対応
  注意事項
  フォローアップ方法

Chapter 3 産婦人科医の行う骨粗鬆症の検査
 Section 1 産婦人科診療における骨粗鬆症の病歴聴取 〈飯野香理〉
  産婦人科診療における骨粗鬆症病歴聴取の重要性
  女性の各ライフステージにおける聴取すべき骨量低下リスク
  骨折リスク評価ツール:FRAXⓇ
 Section 2 画像診断 〈牧田和也〉
  骨粗鬆症の診断手順
  原発性骨粗鬆症の診断基準に基づいた画像検査
  産婦人科医が画像検査を行う際の留意点
 Section 3 骨代謝マーカー測定 〈望月善子〉
  異常値のメカニズム
  検査データの見方
  産婦人科医が知っておきたい使用法

Chapter 4 産婦人科医の行う骨粗鬆症の治療
 Section 1 原発性骨粗鬆症の診断基準と薬物療法開始基準 〈森川香子,倉林 工〉
  骨粗鬆症とは
  骨粗鬆症の診断
  診断の進めかた
  薬物療法の目的
  薬物療法開始基準
  産婦人科医による骨粗鬆症の診断と治療
 Section 2 生活習慣の改善 〈小林範子,藤野敬史〉
  食事指導
  運動指導
 Section 3 サプリメント 〈松下 宏〉
  サプリメントとは
  ベースサプリメント
  ヘルスサプリメント
  オプショナルサプリメント
  サプリメント摂取に際しての留意点
 Section 4 活性型ビタミンD3薬 〈岡野浩哉〉
  ビタミンDの生成・代謝
  1,25(OH)2D3の作用機序
  ビタミンD不足・欠乏の判定基準 
  活性型ビタミンD3薬
  活性型ビタミンD製剤
 Section 5 ビタミンK2薬 〈粒来 拓〉
  はじめに
  ビタミンKの作用機序
  産婦人科医が知っておきたい治療薬の効果と適応
  実際の処方と注意点
  おわりに
 Section 6 女性ホルモン薬 〈高松 潔,吉丸真澄,小川真里子〉
  はじめに
  エストロゲンの作用機序
  HRTの骨量増加・骨折リスク低下への効果
  HRTの有害事象に関する最近の考えかた
  実際の処方と注意点
  最近のトピックス
  おわりに
 Section 7 女性とSERM 〈太田郁子〉
  はじめに
  SERMとは
  周閉経期における骨粗鬆症1次予防としてのSERMの使用
  SERMを使用したHRT
  SERMおよびTESC施行時の経過観察
  まとめ
 Section 8 ビスホスホネート薬 〈樋口 毅〉
  作用機序
  効果・適応
  実際の処方と注意点
  投与時の注意点
  有害事象
  投与期間についての考えかた
 Section 9 カルシトニン薬 〈寺内公一〉
  作用機序
  産婦人科医が知っておきたい治療薬の効果と適応
  実際の処方と注意点
 Section 10 抗RANKL抗体薬 〈松井遥香,平池 修〉
  はじめに
  作用機序
  実際の処方と注意点
 Section 11 副甲状腺ホルモン薬 〈駒井 幹〉
  作用機序
  効果適応
  Abaloparatide(ABL アバロパラチド)
  実際の処方と注意点

索引