医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪麻酔科研修 実況中継!≫

麻酔科研修 実況中継! 第3巻【電子版】

手術室急変対応と周辺領域編

南 敏明(監修) 駒澤 伸泰 (著)

大阪医科大学麻酔科教室教授/大阪医科大学麻酔科教室助教

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/12/31
ページ数
176ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,024 (本体¥2,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-05538-4
印刷版発行年月
2018/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
96 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

初期臨床研修編の掉尾を飾る「実況中継」第3巻.麻酔の基本(第1巻),各科の代表的手術に対する麻酔(第2巻)を身につけた中山・藤田・渡辺先生は,初期研修2年目の締めくくりで再び麻酔科を選択.麻酔科に関連する様々な急変対応や集中治療・ペインクリニック・緩和医療などの考え方を学びます.

目次

1 気道管理困難対応を学ぼう
 気道管理困難の術前予測
 日本麻酔科学会気道管理ガイドライン(JSA-AMA)
 V2(イエローゾーン)に入れば,緊急コールと声門上器具を
 声門上器具挿入でも換気不可能なV3(レッドゾーン)に入れば侵襲的気道確保を
 日本麻酔科学会気道管理アルゴリズム(JSA-AMA)の考え方
 意識下挿管の注意点〜適切な鎮静と気道管理器具選択を〜
 意識下挿管の定義と適用
 気道管理困難に用いられるさまざまな器具
 予期せぬ気道管理困難への対応スキルを身に着けよう
 挿管困難と換気不能の原因は多種多様

2 大量出血への対応を学ぼう
 危機的大量出血は突然発生します
 コマンダーの決定と危機的大量出血の宣言
 10分後
 20分後
 30分後
 大量出血時の初期対応
 大量出血に対する大量輸血後の合併症管理も大切
 出血による生体への影響を意識しよう
 基本的な輸血の種類
 輸血製剤の投与前のダブルチェックが基本

3 悪性高熱症への対応を学ぼう
 悪性高熱症を疑う習慣をつけよう
 悪性高熱症
 悪性高熱症の臨床症状
 悪性高熱症の初期治療
 悪性高熱症の治療

4 麻酔科のさまざまな急変対応を学ぼう
 気道・呼吸管理に関する急変対応
 肺血栓塞栓症の急変対応
 脊髄くも膜下麻酔の急変対応
 硬膜外カテーテルの急変対応管理
 麻酔中のさまざまなトラブルシューティング
 ABCDアプローチで患者さんの状態を継続的に評価する
 麻酔科研修でのマイナートラブルと基本的対応

5 麻酔科と心肺蘇生
 大量出血は心停止のよくある原因
 麻酔科医と蘇生
 2015年版の米国心臓協会(AHA)心肺蘇生(CPR)と救急心血管治療の
 ためのガイドライン(ガイドライン2015)の強調点
 心停止の種類
 手術室心肺蘇生の重要点
 手術室心肺蘇生の特徴

6 手術室災害対応を学ぼう
 気道火災の初期対応
 気道火災の原因
 米国麻酔科学会手術室火災予防ガイドラインのまとめ
 さまざまな手術室災害対策の必要性
 停電時の対応
 地震発生時の対応
 手術室停電時の対応

7 安全な鎮静・鎮痛を学ぼう
 鎮静と全身麻酔の連続性を理解しよう
 鎮静の意義と全身麻酔との連続性
 米国麻酔科学会の非麻酔科医のための鎮静ガイドライン(ASA-SED)
 将来どの診療科を専攻しても鎮静の危険性を認識しよう
 鎮静ガイドラインの概要(ASA-SED)
 各領域における鎮静の安全性向上のために

8 集中治療医学の考え方を学ぼう
 外科症例術後管理のためのICU
 全身臓器管理のための集中治療医学
 集中治療医学の考え方
 ICU管理の注意点
 ICUは感染との戦い
 ICUはチーム医療
 重症患者さんの移動時の注意

9 ペインクリニックの概要を学ぼう
 ペインクリニックは痛み治療の最後の砦
 痛みの伝導と分類
 侵害受容痛と神経障害痛の違い
 痛みの診察で大切なこと
 神経障害痛の診断と治療
 神経障害痛の治療
 痛み治療における神経ブロックの意義
 神経ブロックの作用と薬剤

10 緩和医療の概要を学ぼう
 緩和ケアの定義と考え方
 緩和ケアの苦痛の評価
 世界保健機構(WHO)の緩和ケアの定義
 WHOのがん疼痛治療の考え方
 がん疼痛の評価と治療
 NSAIDとアセトアミノフェンの違いを理解しよう
 がん疼痛に対するオピオイドと副作用
 オピオイド力価表を参照しながらオピオイドスイッチを行おう
 緩和ケアは全ての診療科・職種が参加する
 呼吸困難症状への対応

エピローグ
あとがき

参考ガイドライン

索引

COLUMN
 1 声門上器具の代表としてのラリンジアルマスク
 2 全身麻酔後の低血圧への対応
 3 全身麻酔後の呼吸器合併症
 4 全身麻酔後の泌尿器・消化器合併症
 5 手術翌日以降に注意すべき合併症
 6 局所麻酔薬中毒による心停止の対応
 7 意識下挿管時の鎮静・鎮痛
 8 全身麻酔とせん妄
 9 ペインクリニックでの急変対応
 10 緩和医療における麻酔科医の役割