医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪医学統計学シリーズ7≫

空間疫学への招待【電子版】

―疾病地図と疾病集積性を中心として―

丹後 俊郎 (著)

出版社
朝倉書店
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/03/04
ページ数
241ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,950 (本体¥4,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-254-12757-7
印刷版発行年月
2007/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
208 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

「場所」の分類変数によって疾病頻度を明らかにし,当該疾病の原因を追及する手法を詳細にまとめた書。
〔内容〕疫学研究の基礎/代表的な保健指標/疾病地図/疾病集積性/疾病集積性の検定/症候サーベイランス/統計ソフトウェア/付録

目次

1. 疫学研究の基礎
 1.1 疫学とはなにか?
 1.2 研究デザインと因果関係を証明する能力
 1.3 記述疫学
 1.4 分析疫学
 1.5 実験疫学
 1.6 因果関係の判断規準
 1.7 結果変数の種類
 1.8 疫学調査における誤差

2. 代表的な保健指標(健康指標)
 2.1 傷病量に関するもの
 2.2 死亡に関するもの
 2.3 指標の標準化

3. 疾病地図
 3.1 Snowの地図
 3.2 点データの地図
 3.3 集計データの地図
 3.4 粗死亡率と年齢調整死亡率
 3.5 標準化死亡比
 3.6 SMRのベイズ推定量
 3.7 空間相関を考慮した疾病地図モデル
 3.8 経年変化を考慮したモデル
 3.9 疾病地図上での共変量を用いた回帰分析
 3.10 疾病の集積性の検討

4. 疾病集積性
 4.1 米国における小児白血病の時間集積性
 4.2 染色体異常の時間集積性
 4.3 英国東部における小児白血病の空間--時間集積性
 4.4 英国における小児白血病・悪性リンパ腫の空間集積性
 4.5 米国New York州における白血病のクラスター
 4.6 米国北東部における乳がん死亡のクラスター
 4.7 英国における新型クロイツフェルト・ヤコブ病のクラスター
 4.8 イタリアにおける高周波無線曝露と白血病
 4.9 日本のごみ焼却施設周辺における周産期健康障害のクラスター
 4.10 フランスのごみ焼却施設周辺における軟部肉腫と非ホジキンリンパ腫のクラスター
 4.11 Los Alamosにおける悪性脳腫瘍のクラスター騒動

5. 疾病集積性の検定
 5.1 疾病集積性の種類
 5.2 時間集積性の検定
 5.3 焦点をあてた空間集積性の検定
 5.4 包括的な空間集積性の検定
 5.5 空間スキャン検定

6. 症候サーベイランス
 6.1 後ろ向き研究と前向き研究
 6.2 サーベイランスのためのCDT
 6.3 サーベイランスにおける解釈

7. 統計ソフトウェア
 7.1 Disease Mapping System
 7.2 Tango's MEET(S-Plus code)
 7.3 SaTScan
 7.4 FleXScan
 7.5 WinBUGS
 7.6 EBPoiG
 7.7 EBBinB
 7.8 焦点をあてた空間集積性のスコア検定(S-Plus code)

A. 付録
 A.1 経験ベイズモデル
 A.2 空間相関~条件付自己回帰モデル
 A.3 集積性の検定

文献
索引