医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

急性膵炎診療ガイドライン 2021 第5版【電子版】

急性膵炎診療ガイドライン2021改訂出版委員会 (編)

出版社
金原出版
電子版ISBN
978-4-307-80420-2
電子版発売日
2022/01/31
ページ数
208ページ
 判型
A4
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,950 (本体¥4,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-307-20420-0
印刷版発行年月
2021/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
64 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

6年ぶりの改訂となった今版では、「重症急性膵炎における高い致命率」「ガイドラインの推奨が実践されていない」といった臨床課題に対応するために全面改訂を行った。膵局所合併症に対する低侵襲手技の進歩や、全国調査で示されたPancreatitis Bundlesの遵守による致命率低下などの最新の知見を推奨に反映したほか、参考資料の図表はQRコードで閲覧できるように設定し、豊富なイラストと平易な文章で推奨の内容を説明した「やさしい解説」を新設。ガイドラインのさらなる理解と普及を促すための新たな工夫を凝らしている。

目次

略語一覧
クリニカルクエスチョン一覧

第I章 ガイドラインの目的・使用法・作成方法
1. 本ガイドラインの改訂の必要性
2. 本ガイドラインの目的
3. 対象利用者
4. 対象疾患
5. 本ガイドライン利用上の注意
6. 本ガイドラインの作成過程
7. 2021年版ガイドライン改訂出版委員会
8. 診療ガイドライン作成方法
9. 公聴会(医療者からの情報収集)と外部評価
10. 普及のための工夫
11. ガイドライン出版後の評価について
12. 改訂について
13. 診療ガイドライン作成過程および作成内容の普遍性

第II章 全国調査結果からみた急性膵炎診療ガイドラインの課題と本改訂における対応

第III章 基本的診療方針と診療フローチャート、Pancreatitis Bundles
1. 急性膵炎の基本的診療方針
2. 胆石性膵炎の診療方針
3. Pancreatitis Bundles 2021
4. Pancreatitis Bundles 2021 チェックリスト
5. Pancreatitis Bundles 2021 チェックフロー

第IV章 急性膵炎の診断
1. 診断基準
2. 臨床症状・徴候
3. 血液・尿検査
4. 画像診断
5. 成因診断
画像1 〜 7〈第IV章:急性膵炎の診断 画像〉

第V章 急性膵炎の重症度診断
1. 厚生労働省急性膵炎重症度判定基準(2008)
2. 重症度判定の有用性
3. 重症度判定のタイミング
4. 重症度判定と血液・尿検査
5. 重症度スコアリングシステム
6. 重症度判定と画像検査
7. 転送基準・地域連携
画像1 〜 12〈第V章:急性膵炎の重症度判定 画像〉

第VI章 急性膵炎の治療
1. 基本的治療方針
2. 輸液
3. 経鼻胃管
4. 薬物療法
5. 栄養療法
6. 腹腔洗浄・腹膜灌流
7. 血液浄化療法
8. 蛋白分解酵素阻害薬・抗菌薬膵局所動注療法
9. 胆石性膵炎における胆道結石に対する治療
10. Abdominal compartment syndrome(ACS)の診断と対処
11. 膵局所合併症に対するインターベンション治療
12. 長期予後/合併症

第VII章 ERCP後膵炎―消化器内視鏡関連手技後の膵炎―
1. ERCP後膵炎の診断
2. ERCP後膵炎の発症頻度
3. ERCP後膵炎の危険因子
4. ERCP後膵炎の予防

索引