医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

乳がん薬物療法ハンドブック【電子版】

佐治 重衡 (編)

福島県立医科大学医学部腫瘍内科学 主任教授

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-22572-9
電子版発売日
2019/02/11
ページ数
342ページ
 判型
新書
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,536 (本体¥4,200+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-24147-7
印刷版発行年月
2019/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
22 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

乳がんの薬物療法について、有害事象対策なども含め、必要十分な情報をコンパクトにまとめたポケットサイズのマニュアル書。マイナーなレジメンも含む計44のレジメンを収載し、各レジメンの冒頭には「投与スケジュール」、「必要な検査」、「主な副作用」が一目でわかる表を掲載。臨床現場における注意点やコツも盛り込んだ、乳がん診療に携わるすべての医療者必携の一冊。

目次

【内容目次】
I章 総論
 1.乳がん治療の基本アルゴリズム
 2.乳がん薬物療法の概要
II章 薬物療法の実践
 A.術前・術後薬物療法
  a.化学療法
   1.FEC(前)/EC,AC(前・後)
   2.weekly paclitaxel(前・後)
   3.3-weekly docetaxel(前・後)
   4.TC(後)
   5.ddAC-ddPAC(後)
   6.classical CMF(後)
   7.tegafur・uracil(後)
   8.capecitabine(後)
   9.weekly paclitaxel+weekly trastuzumab(前・後)
   10.3-weekly docetaxel+3-weekly trastuzumab(前・後)
   11.docetaxel+carboplatin+trastuzumab
   12.trastuzumab(後)
  b.ホルモン療法
   1.アロマターゼ阻害薬(ANA,LET,EXE)(前・後)
   2.tamoxifen・toremifene(前・後)
   3.LH-RHアナログ(前・後)
 B.進行・再発乳がんに対する薬物療法
  a.HER2陽性乳がん
   1.paclitaxel+trastuzumab+pertuzumab
   2.docetaxel+trastuzumab+pertuzumab
   3.trastuzumab emtansine
   4.capecitabine+lapatinib
   5.trastuzumab+lapatinib
   6.《番外編》その他の化学療法+trastuzumab+pertuzumabもしくは+trastuzumab
  b.HER2陰性乳がん
   1.EC/AC
   2.weekly paclitaxel
   3.weekly paclitaxel+bevacizumab
   4.3-weekly docetaxel
   5.nab-paclitaxel
   6.eribulin
   7.capecitabine
   8.S-1
   9.vinorelbine
   10.gemcitabine
   11.CPT-11
   12.paclitaxel+gemcitabine
   13.docetaxel+capecitabine
   14.XC(capecitabine+cyclophosphamide)
  c.ホルモン陽性乳がん
   1.アロマターゼ阻害薬(ANA,LET,EXE)
   2.tamoxifen・toremifene
   3.fulvestrant
   4.EXE+everolimus
   5.ホルモン療法+palbociclib
   6.アロマターゼ阻害薬+lapatinib(+trastuzumab)
   7.medroxyprogesterone acetate(MPA)
   8.ethinylestradiol
  d.骨修飾薬
   1.zoledronic acid
   2.denosumab
III章 有害事象への対策
 1.白血球減少と発熱性好中球減少症
 2.貧血・血小板減少
 3.悪心・嘔吐
 4.便秘・下痢
 5.口内炎
 6.手足症候群
 7.浮腫
 8.脱毛
 9.infusion reaction
 10.心臓毒性
 11.間質性肺炎
 12.末梢神経障害
 13.B型肝炎の再活性化対策
 14.妊孕性低下
IV章 症状緩和のための支持療法
 1.疼痛に対するオピオイドや支持薬の使い方
 2.うつ・不眠などの心理反応に対する支持薬の使い方
付録
 有害事象共通用語規準(CTCAE)
索引