医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

〜所見を「読んで」「考える」〜

臨床医のための腎病理読解ロジック【電子版】

乳原 善文(監修) 柴垣 有吾(監修) 上野 智敏 (著)

虎の門病院腎センター内科部長/聖マリアンナ医科大学腎臓・高血圧内科教授/中山駅前クリニック院長

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/03/04
ページ数
160ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,620 (本体¥4,200+税10%)

印刷版ISBN
978-4-498-22434-6
印刷版発行年月
2018/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

腎臓に関わる臨床医が理想的に病理標本を読めるようになるためには,正しい用語で所見を描写し、患者の病態や
予後について考えることで「ただ見ていただけ」の読み方から脱却することが必要である.本書では臨床医として
腎病理の臨床と研究を極めた著者が,メカニズムから丁寧にわかりやすく解説した.病変の成り立ちから学び,所
見が意味するものを個々の患者ごとに考える力を身につけることができる一冊.

目次

序章 染色の基礎知識と標本を見る手順 〜標本を「見る」だけでなく「考える」?〜
 病理標本を読むときの思考回路〜臨床医と病理医の違い〜
 基本となる染色の基礎知識
 PAS(periodic acid Schiff)染色
 PAM(periodic acid silver-methenamin)染色
 Masson(マッソン)染色
 HE(hematoxylin eosin)染色
 腎生検標本を見る手順 〜どの順番で見ていく?〜
 40倍
 100倍
 200〜400倍

CHAPTER 1 細胞増殖性病変の見方と考え方 ─「局在」と「基質産生の有無」に着目─
 増殖している細胞の局在を見る
 内皮細胞について
 内皮細胞増殖はさまざまな疾患で起こる
 メサンギウム細胞について
 メサンギウム細胞増殖のパターン?
 ボウマン嚢上皮細胞について
 ボウマン嚢上皮細胞増殖の時間経過
 増殖している細胞の基質産生の有無に着目
 増殖細胞を識別できることの臨床的意義は?
   A.内皮細胞増殖(管内増殖)の臨床的意義
   B.メサンギウム細胞増殖の臨床的意義
   C.ボウマン嚢上皮細胞増殖の臨床的意義
 まとめ:増殖細胞判別の重要性

CHAPTER 2 基底膜病変の見方と考え方 ─どの層の病変か?─
 基底膜病変を見るときのポイント
  1.上皮下病変
   A.上皮下沈着の時間的経過(スパイクから二重化へ)
   B.上皮下沈着とハンプ(hump)はどう違う?
   C.スピクラ(spicula)とスパイク(spike)は何が違う?
  2.基底膜内病変
   A.膜内沈着その1
   B.膜内沈着その2
   C.基底膜そのものの構造変化
  3.内皮下の病変
   A.内皮下浮腫
   B.メサンギウム陥入
   C.内皮下沈着
 まとめ:基底膜病変を評価する臨床的意義

CHAPTER 3 結節性病変・分節性硬化の見方と考え方 ─似ているようで全く違う─
 結節性病変の見方と考え方
 結節性病変が示す臨床的な意義は?
 分節性糸球体硬化の見方と考え方
  1.病変の成り立ちから見た分節性硬化
 分節性硬化は悪者か?
 組織学的バリアントはなぜできる?
  2.臨床的観点から見た分節性硬化
 症例検討
 他の腎疾患に合併した巣状分節性硬化を見つけたとき
 巣状分節性硬化を評価する臨床的な意義
 まとめ:分節性硬化を見逃さない

CHAPTER 4 免疫蛍光染色の見方と考え方 ─局在次第で形が決まる─
 IFを見るための3ステップ
  1.?どこに&?どのように沈着しているか? ー沈着の局在と形態ー
 メサンギウム沈着
 係蹄沈着
   C.特殊パターン
  2.何が沈着しているか? ー沈着の質ー
 〜問題〜次のIF沈着の局在を考えてみましょう
 まとめ:臨床医がIFを評価できることの意義は?

CHAPTER 5 尿細管間質病変の見方と考え方 ─「質」と「分布」で解釈する─
総論
 病態把握の前段階
 尿細管間質病変は「質」と「広がり」を見て考える
各論:尿細管間質病変の「質」を見る
  1.尿細管病変
   A.急性の尿細管病変
   B.慢性の尿細管病変
  2.間質病変
   A.急性の間質病変
   B.慢性の間質病変
  3.尿細管間質病変の「広がり」を見る
 「質」と「広がり」を総合的に評価
  4.尿細管間質病変が与える臨床的意義 
 尿細管間質障害の定量的評価と,臨床データとの関連
 まとめ:真の腎予後とは?

あとがきにかえて

索引

コラム1 Alport症候群と菲薄基底膜病をどう見分けるか?
コラム2 MCNSとFSGSは組織学的にどこまで鑑別できる?
コラム3 疾患特異的な尿細管間質病変?