医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪栄養管理テクニック 1≫

静脈栄養【電子版】

井上 善文 (著)

出版社
照林社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/04/08
ページ数
236ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,080 (本体¥2,800+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7965-2347-9
印刷版発行年月
2015/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

どのような状態の患者さんにも、適切な栄養管理を実施するための知識が詰まった、栄養管理テクニック・シリーズの第1弾。 栄養管理を効果的に進めるために必須の、静脈栄養の知識と技術を、具体的にわかりやすく解説しました

目次

■序論
 日本における栄養管理の現状と静脈栄養ガイドライン
■Part 1 栄養管理プロセスと栄養アセスメントの実際
 栄養管理プロセス
 栄養アセスメント
■Part 2 栄養療法の種類と選択
 栄養療法の分類
 経腸栄養と静脈栄養の選択
 SPNの実際
 輸液投与方法の分類
■Part 3 PPN(末梢静脈栄養法)の実際
 末梢静脈栄養製剤について
 末梢静脈栄養の実際:症例から
 末梢静脈ルートの作成
 末梢静脈ルートの作成部位と神経損傷
 末梢静脈輸液ラインの管理
■Part 4 TPN(中心静脈栄養)の基本と応用
 TPNの適応
 具体的なTPN実施手順と基本的な知識
 TPNの基本組成
 糖・電解質液の組成の意味
 アミノ酸輸液の組成の意味
 脂肪乳剤の組成、投与量、適応
 高カロリー輸液用総合ビタミン剤の組成とその意義
 高カロリー輸液用微量元素製剤の組成とその意義
 高カロリー輸液キット製剤の種類、特徴、使い分け
 TPN輸液作成についての基本的考え方と製剤の使い方
 TPNキット製剤の輸液バッグの安全管理
 病態を考慮したTPN組成
 中心静脈カテーテルの種類と選択
 中心静脈カテーテルの挿入経路と挿入手技の実際
 中心静脈カテーテル挿入に伴う合併症とその対策
 TPN実施経路の管理方法
 TPN管理におけるモニタリング
 TPNの終了手順