医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

コウノメソッドでみる MCI(軽度認知障害)【電子版】

時計描画テスト・うつ状態・てんかん・ADHDの知識

河野和彦 (著)

名古屋フォレストクリニック院長

出版社
日本医事新報社
電子版ISBN
978-4-7849-6827-5
電子版発売日
2019/04/22
ページ数
360ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,292 (本体¥4,900+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7849-4587-0
印刷版発行年月
2019/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
66 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

認知症外来を受診し、MCIと思われている患者の中には多くの「発達障害」「うつ状態」「てんかん」が紛れ込んでおり治療の機会を逃している現状に警鐘を鳴らす。
問診や身体診察では何に注意すべきか、検査は何が適しているか画像検査ではどこに着目すべきかを豊富な臨床経験をもとに説き起こした唯一無二の書。
薬用量の詳細に至るまですべて公開しているのもコウノメソッドならでは。

目次

第一章 軽度認知障害
A.MCIの概要
B.認知症各型のMCI
C.開業医にも手が届く脳画像の深読み
D.告知
E.MCIの生活指導
F.MCIの薬物治療
G.うつ状態
H.その他の精神病
I.睡眠障害
J.てんかん
第二章 時計描画テスト(CDT)
A.CDTのはじまり
B.動作性知能を知る代表的な検査
C.ふるえの検出
D.健常者の描くCDT
E.認知症のCD
F.コウノメソッド式時計描画テスト
G.認知症病型の鑑別は可能か
H.2017年トライアル
I.CDTが有用だった症例
第三章 大人の発達障害
A.発達障害の時代が来た
B.発達障害の頻度
C.発達障害の基礎知識
D.発達障害の治療
E.物忘れ外来にやってくる発達障害患者
F.発達障害の治療事例
G.発達障害と鑑別すべき精神疾患
H.認知症を介護している家族の精神病理

索 引
コラム