医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪整形外科SURGICAL TECHNIQUE BOOKS5≫

写真・WEB動画で理解が深まる

若手医師のための脊椎外傷の診断・保存的治療・手術【電子版】

松山 幸弘 (編集)

浜松医科大学整形外科教授

出版社
メディカ出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/04/29
ページ数
188ページ
 判型
A4変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥11,000 (本体¥10,000+税10%)

特記事項
■この電子版では,外部のサイトとリンクして動画を閲覧できます。動画閲覧のためにはネット環境が必要です。
印刷版ISBN
978-4-8404-6530-4
印刷版発行年月
2018/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
180 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

【初期対応、重症度判断からしっかりわかる!】

「若手医師のための」のタイトルの通り、卒後10年目くらいまでの医師を対象に、脊椎外傷の診断・治療をわかりやすく解説。脊椎外傷の初動で何を考え、どのように動くべきか、そのためにどういった知識が必要かが示される羅針盤。頚椎、胸椎、腰椎の部位ごとに診断・治療が基本からわかる!

目次

・編集にあたって
・執筆者一覧
・WEB 動画の視聴方法

【第1章 脊椎・脊髄損傷の初期治療】
<1>脊椎外傷患者が運ばれてきたらまず何をするのか
◆1 ) バイタルサインのとり方と初期対応
◆2 ) 神経所見のとり方とそのチャート,障害部位の高位診断
◆3 ) 必要な画像診断と読影の注意点
<2>脊椎外科医としての初期治療
◆脊椎外科医としての初期治療:初期合併症にも注目して

【第2章 脊椎損傷の診断と治療】
<1>上位頚椎の外傷:初期の診断のポイントと対応,治療
◆1 ) 環椎骨折(Jefferson骨折)の診断のポイントと初期対応,治療
◆2 ) 外傷性軸椎分離症(ハングマン骨折)
 (1)外傷性軸椎分離症(ハングマン骨折)の診断のポイントと初期対応,治療
 (2)外傷性軸椎分離症(ハングマン骨折)の手術治療
◆3 ) 歯突起骨折の診断のポイントと対応,治療
<2>頚椎損傷による椎骨動脈損傷
◆頚椎損傷による椎骨動脈損傷の診断と治療
<3>下位頚椎損傷の治療
◆1 ) 中下位頚椎損傷の治療法選択を見据えた分類・評価
◆2 ) 下位頚椎損傷における保存的治療:ハローベストを中心に
◆3 ) 下位頚椎脱臼骨折の術式選択
◆4 ) 下位頚椎脱臼骨折の手術の実際
 (1)前方からの整復固定
 (2)後方からの整復固定
 (3)前後方からの整復固定が必要なケース
<4>胸腰椎脱臼骨折の治療
◆1 ) 胸椎・腰椎脱臼骨折の治療法選択を見据えた分類・評価
◆2 ) 胸腰椎脱臼骨折の術式選択
◆3 ) 胸腰椎脱臼骨折の手術の実際
 (1)後方からの矯正固定
 (2)前後方からの矯正固定が必要なケース
<5>胸腰椎破裂骨折の治療
◆1 ) 破裂骨折の評価と治療法選択:保存的治療の適応,手術法の選択
◆2 ) 屈曲─伸張損傷(Chance 骨折)の診断と治療
◆3 ) 胸腰椎破裂骨折の手術の実際
 (1)前方からの矯正固定
 (2)後方からの矯正固定
 (3)前後方からの矯正固定が必要なケース
<6>胸腰椎椎体骨折の保存的治療
◆椎体骨折の保存的治療(脆弱性/非外傷性/高齢者)

【第3章 脊髄損傷の診断と治療】
<1>脊髄損傷の急性期治療
◆最新の急性期薬物治療(EBM を踏まえて)

<2>脊髄損傷の慢性期治療
◆最新の慢性期治療

・索引

■ 編者関連施設 提供動画
◆1 ) 第12胸椎破裂骨折の開胸前方後方固定術(1)
◆2 ) 第12胸椎破裂骨折の開胸前方後方固定術(2)
◆3 ) 第12胸椎破裂骨折の経皮的椎弓根スクリューによる後方固定術
◆4 ) 頚椎骨折後方固定術