医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

阪和人工関節センター TKAマニュアル【電子版】

Hanwa Joint Reconstruction Center TKA Manual –Basic Course–

格谷 義徳 (著者)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/05/27
ページ数
154ページ
 判型
A4
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥12,960 (本体¥12,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7583-1867-9
印刷版発行年月
2019/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
84 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

近藤 誠先生,新垣 晃先生 絶賛!
「今までの教科書とは違う視点から書かれた,本当のマニュアル本だ。」
近藤 誠先生(貴志川リハビリテーション病院 副院長)
「まさに著者が意図した“TKA for Dummies”と呼ぶにふさわしい内容だ。」
新垣 晃先生(豊見城中央病院 人工関節センター長)
--------------------------------------------------
はじめから手術が上手な医師などいない。技術の上達のためには,症例を重ねる必要がある。しかし「症例を重ねる」ことは,患者にとって厳しい現実を突きつけているともいえる。
本書は,25年以上の執刀医経験をもつ格谷先生が,語りかけるようにTKAの考え方や術式を,その根拠とともに丁寧に解説している。多くの情報があふれる現在,情報の取捨選択のために時間を割くのではなく,「まずはこれだけ」読めばTKAを行うにあたっての最低限の知識を身に付けることができる。そして,本書での最低限の知識は,今後手術を重ねていくうえで選択が可能となるさまざまなTKAの術式にすべて応用できるものである。
増加の一途を辿っているTKAに対し,できるだけ少ない症例で技術を上達させるためにも,これからTKAをはじめる医師や,すでにはじめている医師に是非読んでほしい1冊である。
--------------------------------------------------
本書掲載手術動画は下記となります(Zimmer Biomet社のページで,会員登録が必要です)。
https://www.zimmerbiomet.co.jp/mp/zbt/times/video_library/vanguard_psrp.php

目次

手術の前に
 術式選択および機種選択
 術前計画

手術の実際
 手術のセッティング
 皮切および関節の展開
 脛骨の前方脱臼と近位端骨切り
 大腿骨遠位端の骨切り
 大腿骨後顆部の骨切り
 大腿骨・脛骨の仕上げ
 膝蓋骨の置換
 縫合・創閉鎖

手術の合間に
 患者選択・患者さんへの説明
 Mobile bearing(MB)の功罪
 Medial pivot design
 Bi-cruciate stabilized(BCS)について
 アライメントについて: 特にkinematic alignmentについての考え方
 UKAに対する考え方

索引