医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

カンファレンスで学ぶ

多職種で支える 一人暮らしの在宅ケア【電子版】

森 清 (編)

社会医療法人財団大和会 在宅サポートセンター長

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98300-0
電子版発売日
2019/05/27
ページ数
120ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,160 (本体¥2,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-525-44231-6
印刷版発行年月
2019/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

超高齢社会の中,配偶者に先立たれたり,離婚・非婚が増えたりしたことなどによって単独世帯が増加している.本書では,異なる背景の一人暮らしの人を支えた8事例のケアカンファレンスを載録し,在宅療養支援のポイントを医師・看護師・社会福祉士・ケアマネジャー等の多職種の視点から解説.一人暮らしの人を最期まで支えるコツがわかる一冊!

目次

1章 一人暮らしの人を支える在宅医療とケア 森 清

2章 事例から考える一人暮らしの人を支えるポイント
1 多職種と地域が連携して行った本人の思いをかなえた看取り
  KEYWORD:心不全の終末期がんと心不全の合併

2 全盲,認知症でこだわりの強い利用者に寄り添った在宅支援
  KEYWORD:病院受診拒否 服薬/検査拒否 転倒・転落

3 寝たきり独居での在宅生活をどう支えていくか?
  KEYWORD:右半身麻痺 認知症 全介助 自費でのサービス利用 

4 妻の入院中と死後の一人暮らしを支える在宅ケア
  KEYWORD:妻に先立たれた男性 一時的な一人暮らし中の支援 グリーフケア

5 1人で逝く無縁の利用者を医療と介護の連携で支援する
  KEYWORD:セルフネグレクト 暴言・暴力 生活保護

6 医療処置を必要とする無縁の人の在宅死を支える
  KEYWORD:腎瘻・ストーマの管理 抗がん剤の継続 清潔保持困難 語らない人 生活保護

7 社会福祉士がつないだ無縁の人の終末期の支援
  KEYWORD:診断後すぐの看取り 成年後見制度 葬儀 語らない人

8 介入を拒否していた身寄りのない高齢者への支援
  KEYWORD:ゴミ屋敷 セルフネグレクト 介護老人保健施設での看取り

3章 〈座談会〉一人暮らしの人の在宅療養を支えるためには何が必要か
龍原美賀,塚原あづさ,富田明彦,馬見塚統子,森 清,堀口希美,
中山美由紀,小野原智美,篠原かおる,浦上優子

付録
1 火災・事故予防チェックリスト
  社会医療法人財団大和会在宅サポートセンター
2 悪質商法や詐欺,家庭内のトラブル対策チェックリスト
  社会医療法人財団大和会在宅サポートセンター

Column
一人暮らしの高齢者が増えている 森 清
傾聴ボランティア 中山美由紀
病いの軌道 森  清
心不全の終末期と在宅医療の課題 森 清
アドバンス・ケア・プランニング 森 清
心不全とACP 森  清
幻覚・妄想のある患者への接し方 長坂省三
在宅で摂食嚥下リハビリテーションを導入するには? 元橋靖友
「死んでもいいから家に帰りたい」と言った方へのケアの方向性は? 篠原かおる
成年後見制度 田村美和子
ICT 中山美由紀
検死となる事態を予防する意味とは 篠原かおる
グリーフケア 森 清
デスカンファレンス 森 清
本人の意思を複数の機関,人間で担保できる体制づくり 森 清
セルフネグレクトと精神医療 長坂省三
生活保護制度の自立の概念 ケースワーカー
一人暮らしの人の見守り 塚原あづさ
ナラティブ 中山美由紀,森 清
ヘルパーと看取り 龍原美賀
法定後見と任意後見 田村 隆
無縁の人の死亡届 馬見塚統子,萬福 薫
遺骨の送付 小山貴広
相続財産管理人 市役所職員