医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

よくわかる脳波判読 第3版【電子版】

音成 龍司 辻 貞俊 (著)

出版社
金原出版
電子版ISBN
978-4-307-85070-4
電子版発売日
2019/06/24
ページ数
228ページ
 判型
A4
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,344 (本体¥6,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-307-15070-5
印刷版発行年月
2014/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

ベストセラー “わかりやすい脳波の本” 。デジタル時代に対応した待望の改訂版。脳に興味をもつ人が絶対に身に付けなければならない点に絞った。巻末の『卒業試験』でまずは自分の実力測定を。そこから本書を活用すれば、全くわからない人は脳波のエクスパートに、上級者は知識の整理に役立つ。「脳波を理解しても脳波レポートが書けない」という読者からの要望に応えて『脳波のレポートの書き方』も掲載した。日々ご活用を!

目次

I.波
 脳波の構成要素
 a.振 幅
 b.周波数
 c.相 性
 d.位 相
 e.波 形
  1)速波活動
  2)α波
  3)徐波活動
  4)てんかん型波形

II.脳波計の周波数特性
  1)高周波フィルタ
  2)低周波フィルタ
  Q1

III.脳波計への入力―脳波計は2点間の電位差を記録
 1.G1、G2の電位によって脳波が決まる Q2
 2.脳波からG1、G2における電位の推測 Q3 Q4
 3.双極導出法の原理
 4.基準電極導出法の原理

IV.正常脳波
 1.成 人
 a.覚 醒
  1)優位律動(dominant rhythm)
  2)Organization
  3)その他の背景脳波
  Q5 Q6
 b.賦 活(activation)
  1)光刺激(photic stimulation)
   i.光駆動(photic driving)
   ii.光誘発反応(photic evoked response)
  2)成人における過呼吸(hyperventilation)
 c.睡 眠 Q7~Q10
 2.加 齢
 a.加齢による脳波の変化
 b.各年代の正常脳波の実際 Q11
 3.小 児 Q12~Q16

V.ア-チファクト
 1.筋電図 Q17
 2.EKG Q18
 3.パルス(脈波) Q19
 4.眼球運動のア-チファクト
 a.双極導出の場合の眼球運動 Q20 Q21
 b.基準導出の場合の眼球運動 Q22 Q23
 5.汗 Q24
 6.電極の接着不良 Q25 Q26
 7.呼吸器 Q27
 8.交流(ハム,hum) Q28
 9.機械的 Q29
 10.静電気 Q30

VI.頭皮上分布 Q31

VII.モンタ-ジュの特徴
 1.同側耳朶基準導出記録の特徴 Q32 Q33
 2.平均基準導出記録の特徴 Q34
 3.双極と基準電極導出記録における焦点の決定 Q35 Q36
 4.誤りやすい双極導出からの分布の決定 Q37
 5.誤りやすい双極導出からの焦点の決定 Q38

VIII.異常脳波
 1.徐波活動
 a.background slow(BS)
 b.間欠徐波(IS) Q39
 c.持続性徐波(CS) Q40 Q41
 d.前頭部優位のδ波と眼球垂直運動との鑑別 Q42
 2.てんかん活動(epileptic activity)
 a.局在関連てんかん (localization-related epilepsy) Q43 Q44
  1)側頭葉てんかん Q45 Q46
  2)前頭葉てんかん
  3)頭頂葉てんかん
  4)後頭葉てんかん Q47 Q48
 b.全般てんかん Q49~Q56
 3.非てんかん原性てんかん様脳波活動(non-epileptogenic epileptiform EEG activity) Q57~Q61
 4.特殊脳波
 a.excessive fast Q62
 b.asymmetry of spindle Q63
 c.周期性異常 Q64~Q70
 d.diffuse α(広汎アルファ波型) Q71 Q72
 e.spindle coma Q73
 5.光刺激特異反応 Q74~Q76

IX.卒業試験 卒業問題Q1~Q3
 
索引



脳波レポ-ト
抜粋 1.覚醒
   2.賦活
   3.睡眠
   4.非突発性異常
   5.突発性異常
報告書例

NOTE
1◇波(wave)
2◇高周波フィルタ-
3◇過呼吸
4◇POSTS vs 14 & 6 Hz陽性棘波
5◇ナルコレプシ-
6◇もやもや病
7◇眼球運動のア-チファクト
8◇陽性棘波
9◇FIRDAと垂直眼球運動との鑑別
10◇側頭葉てんかんの特殊導出例
11◇MST
12◇GTCS
13◇欠神発作
14◇West症候群
15◇Lennox-Gastaut症候群
16◇側頭葉てんかんが疑われる場合