医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪シリーズ生命倫理学1≫

生命倫理学の基本構図【電子版】

シリーズ生命倫理学編集委員会 (編)

出版社
丸善出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/07/08
ページ数
274ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,380 (本体¥5,800+税10%)

印刷版ISBN
978-4-621-08478-6
印刷版発行年月
2012/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
10 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

「生命倫理」という運動は、どのような歴史的文脈において、何を目標にして誕生したのか。それはその後、どのような方向に展開し、いかなる文化的背景の中で多様化していったのか。さらに、生命倫理はいかなる諸次元から成り立ち、どのような学際領域において構成されているのか。生命倫理という歴史的運動の全体の「前提」にあるもの(構想、広義の原理、問題構成、理論的枠組み、価値観など)に視線を向け、これを反省することが本巻の狙いである。

目次

第1章 生命倫理学とは何か
第2章 日本の生命倫理学
第3章 西洋の伝統的医療倫理
第4章 東洋と日本の伝統的医療倫理
第5章 米国および英語圏のバイオエシックス
第6章 独語圏の生命倫理
第7章 仏語圏の生命倫理
第8章 中国の生命倫理
第9章 韓国の生命倫理
第10章 生命倫理の法的次元
第11章 患者
第12章 生命倫理学の方法論
第13章 医学・医療と生命倫理
第14章 市民運動としてのバイオエシックス
第15章 宗教と生命倫理
第16章 哲学としての生命倫理
索引