医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

産婦人科内視鏡手術ガイドライン 2019年版【電子版】

日本産科婦人科内視鏡学会 (編)

出版社
金原出版
電子版ISBN
978-4-307-80140-9
電子版発売日
2019/07/29
ページ数
208ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,300 (本体¥3,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-307-30140-4
印刷版発行年月
2019/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
12 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

2013年版より6年、新たに保険収載された腹腔鏡手術、ロボット支援手術のエビデンスも評価、解説した。悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術についても最新のエビデンスに基づき大幅に改訂されており、産婦人科内視鏡手術に関わる医療者必読の一冊である。改訂においてはGRADEシステムが導入されており、内視鏡手術を行う産婦人科医が何を考えているかが手に取るようにわかる、より実践に即したガイドラインとなった。

目次

ガイドライン作成方法
・略語一覧

腹腔鏡手術編
■腹腔鏡手術 総論
BQ1:開腹手術と比較して、腹腔鏡手術およびロボット支援手術における麻酔管理の留意点は?
BQ2:開腹手術と比較して、腹腔鏡手術およびロボット支援手術における体位の留意点は?
BQ3:高齢者に対して、腹腔鏡手術は他の術式と比較して低侵襲で安全か?
BQ4:高度肥満症例(BMI35以上)に対して、腹腔鏡手術は開腹手術と比較して低侵襲で安全か?
BQ5:妊娠症例に対して、腹腔鏡手術のメリットと留意点は?
BQ6:悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術(ロボット支援手術を含む)において、子宮マニピュレーターの使用は妥当か?
BQ7:悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術(ロボット支援手術を含む)は、開腹手術と比較して合併症に違いがあるか?

■良性疾患序論

■第1章 良性卵巣腫瘍
CQ1:良性卵巣腫瘍に対して、腹腔鏡手術は推奨されるか?

■第2章 不妊症
CQ2:原因不明不妊症に対して、腹腔鏡手術は推奨されるか?
CQ3:卵管性不妊症に対して、腹腔鏡下卵管形成術は推奨されるか?
CQ4:卵管留水症に対して、腹腔鏡下卵管摘出術は推奨されるか?
CQ5:多嚢胞性卵巣症候群に対して、腹腔鏡下卵巣開孔術は推奨されるか?

■第3章 子宮内膜症
CQ6:卵巣チョコレート嚢胞に対して、腹腔鏡手術は推奨されるか?
CQ7:子宮内膜症性腹膜病変に対して、腹腔鏡下に病変の焼灼を行うことは推奨されるか?
CQ8:ダグラス窩深部子宮内膜症に対して、腹腔鏡手術は推奨されるか?
CQ9:腸管・尿路子宮内膜症に対して、腹腔鏡手術は推奨されるか?

■第4章 異所性妊娠
CQ10:卵管妊娠に対して、腹腔鏡手術は推奨されるか?
CQ11:卵管妊娠に対して、腹腔鏡下卵管保存手術は、開腹手術やMTX療法と比較して推奨されるか?
CQ12:間質部妊娠に対して、腹腔鏡下子宮温存手術は推奨されるか?
コラム:帝王切開瘢痕部妊娠に対する内視鏡手術の適応は?

■第5章 子宮筋腫 (1)単純子宮全摘出術
CQ13:子宮筋腫に対して、腹腔鏡下単純子宮全摘出術は推奨されるか?

■第6章 子宮筋腫 (2)ロボット支援下単純子宮全摘出術
CQ14:子宮筋腫に対して、ロボット支援下単純子宮全摘出術は推奨されるか?
コラム:良性疾患手術時の追加卵管切除(OBS)による非遺伝性卵巣がん発症予防について

■第7章 子宮筋腫 (3)筋腫核出術
CQ15:子宮筋腫に対して、腹腔鏡下子宮筋腫核出術は推奨されるか?
コラム:GnRH アゴニストの使用は?
コラム:子宮および筋腫に対するモルセレータの使用は?
コラム:子宮腺筋症に対する腹腔鏡手術は有効か?

■第8章 骨盤臓器脱(腹腔鏡下仙骨腟固定術)
CQ16:骨盤臓器脱に対して、腹腔鏡下仙骨腟固定術(LSC)は推奨できるか?

■第9章 先天性腟欠損症
CQ17:先天性腟欠損症に対して、造腟術での腹腔鏡手術は推奨されるか?

■悪性疾患序論

■第10章 子宮頸がん
CQ18:CIN3に対して、腹腔鏡下単純子宮全摘出術は推奨されるか?
CQ19:IA1期に対して、腹腔鏡下単純子宮全摘出術は推奨されるか?
CQ20:IA2、IB1、IIA1期に対して、腹腔鏡下広汎子宮全摘出術は推奨されるか?
CQ21:IB2、IIA2、IIB期に対して、腹腔鏡手術は推奨されるか?

■第11章 子宮体がん
CQ22:子宮内膜異型増殖症に対して、腹腔鏡下単純子宮全摘出術は推奨されるか?
CQ23:再発低リスクと推定されるI期子宮体がんに対して、腹腔鏡手術は推奨されるか?
CQ24:再発中・高リスクと推定されるI・II期子宮体がんに対して、腹腔鏡手術は推奨されるか?
CQ25:明らかな子宮外進展が考えられる子宮体がんに対して、腹腔鏡手術は推奨されるか?

■第12章 卵巣がん
CQ26:卵巣境界悪性腫瘍が疑われる症例に対して、腹腔鏡手術は推奨されるか?
CQ27:早期卵巣がんに対して、腹腔鏡手術は推奨されるか?
CQ28:進行卵巣がんに対して、腹腔鏡手術は推奨されるか?

■第13章 ロボット支援手術
CQ29:子宮頸がんに対して、ロボット支援手術は推奨されるか?
CQ30:子宮体がんに対して、ロボット支援手術は推奨されるか?
CQ31:ロボット支援手術は卵巣がんに対して推奨されるか?

子宮鏡手術編
■子宮鏡手術編 総論
BQ8:子宮腔内病変の検索方法は?
BQ9:子宮鏡手術の合併症は?
BQ10:合併症の予防法は?
BQ11:術中の灌流液モニタリングは必要か?
BQ12:術後の子宮内癒着予防に対して、セカンドルック子宮鏡は有用か?

■子宮鏡手術序論

■第1章 子宮粘膜下筋腫
CQ32:子宮粘膜下筋腫に対して、子宮鏡手術は推奨されるか?

■第2章 子宮内膜ポリープ
CQ33:子宮内膜ポリープに対して、子宮鏡手術は推奨されるか?

■第3章 中隔子宮
CQ34:中隔子宮に対して、子宮鏡手術は推奨されるか?

■第4章 子宮腔癒着症
CQ35:有症候性子宮腔癒着症に対して、子宮鏡手術は推奨されるか?

■索引