医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

Dual-energy CT【電子版】

原理を理解し臨床で活用する

粟井 和夫 (編集)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/11/18
ページ数
236ページ
 判型
B5変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥8,580 (本体¥7,800+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7583-1612-5
印刷版発行年月
2019/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
42 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

Dual-energy CTの技術が導入され,Photon-countingへとCTの撮像テクノロジーが進化し続けている。より多くの情報をいかに適切に扱うか,部位ごとの的確な画像の再構築,定量化に向け,これまでにない確固たる基礎知識が求められ始めている。
本書では,放射線科医にとって今後必要不可欠となる力,特にDual-energyが有用とされる根拠を一つずつひもとき,造影,被ばくの課題と複雑に絡み合う撮像技術と画像診断に役立つ実践知識がまとめられている。
「なんとなく使っている」から「正確に使いこなせる」へのステップアップを目指そう!

目次

■基礎編
1. Dual-energy CTの現状  兵頭朋子
 Dual-energy CTの現状
  スペクトラルイメージングへの道
  DECTの使い途
2. Dual-energy CTを理解するための物理  船間芳憲
 Dual-energy CTを理解するための物理
  X線と物質の相互作用
  X線減弱係数とCT値
  X線光子スペクトル
3. Dual-energy CTのソフトウェア
 1)Dual-energy CTにおける解析法の基礎  粟井和夫,船間芳憲,檜垣 徹
  CTにおける投影データと画像再構成
  Dual-energy解析の方法
  投影データに基づくDE解析
  再構成画像に基づくDE解析
 2)DECTにおけるビームハードニングの補正  粟井和夫,船間芳憲,檜垣 徹
  ビームハードニングとは
  ビームハードニングの補正
  ビームハードニング低減の臨床での効果
 3)Dual-energy CTの基本アプリケーション  粟井和夫,檜垣 徹
  仮想単色X線画像(VMI)
  物質弁別(material decomposition)
  電子密度画像と実効原子番号画像
4. Dual-energy CTのハードウェア  檜垣 徹,船間芳憲
 Dual-energy CTのハードウェア
  Rapid kV switching(GEヘルスケア)
  Rapid kV switching(キヤノンメディカルシステムズ)
  Dual X-ray source(シーメンスヘルスケア)
  Split filter(シーメンスヘルスケア)
  Dual-layer detector(フィリップス)
  Sequential volume scan(キヤノンメディカルシステムズ)
  Sequential helical scan(キヤノンメディカルシステムズ)
5.Photon-counting detector CT  伊藤俊英
 Photon-counting detector CT
  PCDの概要
  PCDのハードウェア
  PCD特有の問題点
  PCD-CTスキャナ
  PCD-CTに期待されるイメージング
  PCD-CTの臨床応用と展望

■臨床編
1. 頭部
 急性期脳梗塞治療における画像診断  野口 京
  急性期脳梗塞の治療前後における画像評価
  Single-energy CTでできること
  Dual-energy CTでできること
2.胸部
 1)心臓  太田靖利
  ①冠動脈CT
   臨床的背景
   Single-energy CTでできること
   Dual-energy CTでできること
  ②心筋perfusion
   臨床的背景
   Single-energy CTでできること
   Dual-energy CTでできること
   現時点のDECTの問題点
  ③遅延造影
   臨床的背景
   Single-energy CTでできること
   Dual-energy CTでできること
   現時点のDECTの問題点
 2)肺血流・肺塞栓  岡田宗正
  肺血栓塞栓症診断におけるCTの臨床的意義
  Single-energy CTでできること
  Dual-energy CTでできること
  2管球CT(Dual-source CT:DSCT)を用いたLPBV画像について
 3)大動脈  尾田済太郎
  大動脈疾患に対するCTの臨床的意義
  Single-energy CTでできること
  Dual-energy CTでできること
3.腹部
 1)肝臓:肝腫瘍  中村優子
  ①原発性肝細胞癌の診断
   臨床的背景
   Single-energy CTでできること
   Dual-energy CTでできること
  ②原発性肝細胞癌の治療効果判定 再発診断
   臨床的背景
   Single-energy CTでできること
   Dual-energy CTでできること
  ③転移性肝腫瘍
   臨床的背景
   Single-energy CTでできること
   Dual-energy CTでできること
  ④そのほかの肝腫瘍
   臨床的背景
   Single-energy CTでできること
   Dual-energy CTでできること
 2)肝臓:脂肪定量  兵頭朋子
  CTによる脂肪定量の臨床的意義
  Single-energy CTでできること
  Dual-energy CTでできること
 3)膵臓:膵腫瘍  福倉良彦
  膵腫瘍における画像診断の意義
  Single-energy CTでできること
  Dual-energy CTでできること
 4)胆嚢・胆管系・胆石  片平和博
  胆道系疾患診断におけるCTの臨床的意義
  Single-energy CTでできること
  Dual-energy CTでできること
 5)消化管  尾田済太郎
  消化管疾患におけるCTの臨床的意義
  Single-energy CTでできること
  Dual-energy CTでできること
 6)尿路:腎腫瘍  本田有紀子
  臨床的背景
  Single-energy CTでできること
  Dual-energy CTでできること
 7)尿路:CT urography ・尿路結石  髙橋 哲
  尿路結石の臨床的背景
  Single-energy CTでできること
  Dual-energy CTでできること
 8)副腎  永山泰教
  副腎腫瘍の診断におけるCTの臨床的意義
  Single-energy CTでできること
  Dual-energy CTでできること
4.骨・関節
 骨・関節疾患の診断  吉田守克
  骨・関節疾患の評価における画像診断の臨床的意義
  Single-energy CTでできること
  Dual-energy CTでできること
Appendix 文献の集計方法  兵頭朋子