医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

jmedmook65 “見かた”と“診かた”のコツを伝授 腹部エコーの“みかた”【電子版】

小川 眞広 金子 真大 (著)

出版社
日本医事新報社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/12/27
ページ数
160ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,850 (本体¥3,500+税10%)

特記事項
この電子版では,外部のサイトとリンクして動画を閲覧できます。動画閲覧のためにはネット環境が必要です。
印刷版ISBN
978-4-7849-6665-3
印刷版発行年月
2019/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
156 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

腹部エコーでの診断力を高めたいすべての医師にお勧めする1冊!
検査環境や画像保存、綺麗な画像を出すための画質調整など、撮像の基本的な心構えからしっかり理解できます。
各論では、肝臓・胆道・膵臓において遭遇頻度の高い疾患を取りあげました。典型例のエコー像を示し、B-mode、ドプラ・造影超音波検査でのみえ方の特徴についてポイントを示しながら解説。
より精度の高い診断・評価や治療の方針についても「次の一手」として説明しています。

目次

1章:腹部超音波検査で正しい診断を下すための基礎知識
1 手の届く所 に超音波診断装置のある安心感
2 画像保存の重要性―異常なしは保存なし?
3 画質調整のポイント―綺麗な画像を出すには何を調整するのか?
4 救急外来での“みかた”
5 腹部超音波スクリーニング検査の“とりかた”
6 超音波検査結果の“みかた”
2章:肝臓の”みかた”
1 総説:肝臓の“みかた”
2 急性肝障害の“Focus Point”
3 慢性肝障害の“Focus Point”
4 肝脂肪化の“Focus Point”
3章:肝腫瘤性病変の“みかた”
1 総説:肝腫瘤性病変の“みかた”
A 良性疾患の“みかた”
1 肝囊胞性疾患の“Focus Point”
2 肝膿瘍の“Focus Point”
3 限局性結節性過形成(FNH)の“Focus Point”
4 肝血管腫の“Focus Point”
5 血管筋脂肪腫(AML)の“Focus Point”
6 肝細胞腺腫の“Focus Point”
B:悪性腫瘍の“みかた”
1 肝細胞癌(20mm未満)の“Focus Point”
2 肝細胞癌(20mm以上)の“Focus Point”
3 肝細胞癌浸潤の“Focus Point”
4 肝細胞癌破裂の“Focus Point”
5 肝内胆管癌の“Focus Point”
6 混合型肝細胞癌の“Focus Point”
7 転移性肝腫瘍の“Focus Point”
4章:胆道疾患の“みかた”
1 総説:胆道の“みかた”
2 胆石症の“Focus Point”
3 急性胆囊炎の“Focus Point”
4 慢性胆囊炎の“Focus Point”
5 胆囊腺筋腫症の“Focus Point”
6 胆囊ポリープの“Focus Point”
 1)コレステロールポリープの“Focus Point”
 2)胆囊腺腫の“Focus Point”
7 胆囊癌の“Focus Point”
8 胆管癌の“Focus Point”
5章:膵臓疾患の“みかた”
1 総説:膵臓の“みかた”
A:膵炎の“みかた”
1 急性膵炎の“Focus Point”
2 慢性膵炎の“Focus Point”
3 自己免疫性膵炎の“Focus Point”
B:膵腫瘤性病変の“みかた”
1 膵囊胞性腫瘍の“Focus Point”
 1)膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の“Focus Point”
 2)粘液性囊胞腫瘍(MCN)の“Focus Point”
 3)漿液性囊胞腫瘍(SCN)の“Focus Point”
2 膵充実性腫瘍の“Focus Point”
 1)神経内分泌腫瘍(NET)の“Focus Point”
 2)膵癌の“Focus Point”
 3)solid pseudopapillary neoplasm(SPN)の“Focus Point”