医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

病状説明【電子版】

ケースで学ぶハートとスキル

天野 雅之 (著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-64170-8
電子版発売日
2020/05/18
ページ数
310ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,960 (本体¥3,600+税10%)

印刷版ISBN
978-4-260-04170-6
印刷版発行年月
2020/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
30 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

病状説明は、「説得」でも「言い切り」でもない。関係する者全員が「これまでとこれから」の価値感を共有することにある(共創)。本書は、14のケーススタディで、実際の会話や準備で重要なポイントや「技」を学ぶ(実践編)と、病状説明を漏れなくスムーズに行うためのフレームワークと、その理論的背景の解説(理論編)で構成される。病状説明を学ぶ人、教える人のために「心と技」をセオリー化した画期的な1冊。

目次

実践編
 0 オリエンテーション――CUPSOUPで“あたたかい病状説明”をしよう
 01 入院説明――入院の必要性を明確に伝えよう
 02 心肺停止時の意向確認――DNARはあくまで蘇生処置の意向です
 03 帰宅説明――相手の来院理由を常に意識しよう
 04 お看取り説明(ER編)――その場にいるすべての人をケアしよう
 05 検診異常/検査提案――プロとしてのオススメを提示しよう
 06 病名告知――相手のペースに合わせよう
 07 小児への説明――保護者にも本人にも説明しよう
 08 退院説明――退院への不安に向き合おう
 09 転院説明――バトンを引き継ぐことを伝えよう
 10 院内急変――家族にもスタッフにも説明が必要
 11 お看取り説明(病棟編)――故人にも家族にも主治医にも敬意を払おう
 12 感情的な相手――自分の感情を落ち着かせよう
 13 Advance Care Planning――全体の流れを意識して対話をつなげよう
 14 在宅診療への退院支援カンファ――立場や役割を明確にしよう

理論編 Part 1 CUP:Support Activities
 C Circumstance――説明環境を整えよう
 U U(You)――あなたの考えを整理しよう
 P Partner――相手の状況を分析しよう

理論編 Part 2 SOUP:Bedside Activities
 S Share――スタートラインを揃える
 O Offer――評価項目と選択肢を提示する
 U Unite――優先順位をチームで決める
 P Plan――具体的な行動と全体のまとめ

理論編 Part 3 「病状説明」をさらに深く学びたい人のために
 1 事実と解釈のギャップのマネジメント
  フレームと“問題”の定義
  Disease-Illnessモデル
  解釈モデル
 2 非合理的な判断のマネジメント
  限定合理性
  古典的意思決定理論
  行動経済学
 3 チームとしての意思決定のマネジメント
  プロセスの妥当性
  臨床倫理4分割法
  Sturmbergの複雑性分類
 4 病状説明アップデート
  先人や他分野に学ぼう
  後輩に伝えよう
  病状説明に関わり続けよう

あとがき

索引