医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

染方史郎の 楽しく覚えず好きになる

感じる細菌学×抗菌薬【電子版】

染方 史郎(金子 幸弘) (著)

出版社
じほう
電子版ISBN
 
電子版発売日
2020/08/10
ページ数
360ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,960 (本体¥3,600+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8407-5264-0
印刷版発行年月
2020/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
54 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

●菌がわかれば病気がわかる!
●薬の違いに迷わない!

感染症の学びを阻むもの、それは細菌や抗菌薬の種類がとても多いことです。「何がどう違うのか」、そもそも「なぜ違うのか」、これが頭の中で整理できるだけで感染症の理解はグッと深まります。本書は、さまざまな細菌の特徴を、『イラスト』を用いながら『臨床に必要』なことに絞って紹介。さらに抗菌薬について、『系統別の相違点をまとめ』つつ『個々の特徴』をコンパクトに解説しました。かみ砕いた「感じる」解説によって最後まで読み飽きず、大事なことがしっかりわかる「楽しく学べる1冊」になっています。

目次

第1章 総論
0 細菌学を学ぶ前に
1 細菌の超キホン
2 感染症に関する検査のポイント
3 感染症治療と抗菌薬
4 みんなで取り組む感染制御
5 感染症法と疫学
6 病原性と宿主防御の関係とは
7 これだけは押さえておきたい免疫学の基礎

第2章 細菌学編
0 Overview
1 グラム陽性球菌
  A ストレプトコックス属(連鎖球菌)
  B エンテロコックス属(腸球菌)
  C スタフィロコックス属(ブドウ球菌)
2A インフルエンザ菌とその他のグラム陰性小桿菌
  A ヘモフィルス属
  B ボルデテラ属
  C その他の小桿菌
2B 腸内細菌科、ビブリオ科、エロモナス科
  A 腸内細菌科
  B ビブリオ科、ビブリオ属
  C エロモナス科、エロモナス属
2C 緑膿菌およびその他のブドウ糖非発酵グラム陰性桿菌
  A 緑膿菌とその他のシュードモナス属
  B アシネトバクター属
  C Stenotrophomonas maltophilia
  D その他のブドウ糖非発酵菌
3 グラム陰性球菌
  A モラクセラ属
  B ナイセリア属
4A 芽胞形成グラム陽性桿菌
  A クロストリジウム属
  B バチルス属
4B 芽胞非形成グラム陽性桿菌
  A コリネバクテリウム属
  B Listeria monocytogenes
  C その他のグラム陽性桿菌
5 嫌気性菌
  A 上部消化管に多い嫌気性菌
  B 下部消化管に多い嫌気性菌
  C その他の嫌気性菌
6 結核菌とその他の抗酸菌
  A 結核菌群
  B 非結核性抗酸菌群
  C Mycobacterium leprae(らい菌)
7 放線菌
  A アクチノミセス属
  B ノカルジア属
8 スピリルム
  A カンピロバクター属
  B ヘリコバクター属
9 スピロヘータ
  A Treponema pallidum
  B ボレリアBorrelia属
  C Leptospira interrogans
10 非定型菌(マイコプラズマ、レジオネラ、クラミジア、リケッチア)
  A 通性細胞内増殖菌
  B 偏性細胞内増殖菌

第3章 抗菌薬編
0 Overview
1 β-ラクタム系薬
  A ペニシリン系
  B セフェム系
  C カルバペネム系、ペネム系
  D モノバクタム系
2 キノロン系薬
3 アミノグリコシド系薬
4 マクロライド系薬(ケトライドを含む)
5 テトラサイクリン系薬(グリシルサイクリン系薬を含む)
6 抗MRSA薬
7 抗結核薬
8 特定抗菌薬
9 その他の抗菌薬