医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

抗菌薬サークル図データブック 第3版【電子版】

戸塚 恭一 (監修)

出版社
じほう
電子版ISBN
 
電子版発売日
2020/11/02
ページ数
200ページ
 判型
A6横
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,860 (本体¥2,600+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8407-5000-4
印刷版発行年月
2017/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
40 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

●抗菌薬の個性、ひと目でわかります!

病原微生物の抗菌薬への耐性化がたびたび話題になる昨今、感染症診療において「どの抗菌薬がどの細菌に対して効力を示すか」を知ることは大切なことです。
本書は、最新の文献をもとに各種細菌に対する抗菌薬のMIC90値をひと目でわかるように示した「サークル図」をまとめたものです。各抗菌薬のページでは、サークル図だけでなく薬剤の特性やガイドラインの推奨情報、添付文書情報、腎機能低下患者への投与量など役立つ情報が満載。読者の要望に応え、総論での耐性菌についての解説も充実させました。白衣のポケットに入るコンパクトサイズで、臨床現場で抗菌薬使用に従事する方におすすめの1冊です。

目次

第1章 総 説
 1 抗菌薬サークル図の特徴
 2 抗菌薬サークル図データブックの見方・使い方
 3 細菌の構造と分類
 4 臨床で問題となっている多剤耐性菌
 5 感染症の原因菌の変遷と抗菌薬開発の経緯
 6 主な細菌について
 7 感染部位別にみた主な原因菌
 8 抗菌薬の系統別特徴
 9 抗菌薬耐性対策サーベイランス
 10 総説の参考文献

第2章 抗菌薬サークル図
Ⅰ 経口ペニシリン系薬
 アモキシシリン(サワシリン)
 クラブラン酸/アモキシシリン(オーグメンチン)
 クラブラン酸/アモキシシリン(クラバモックス)
Ⅱ 注射用ペニシリン系薬
 アンピシリン(ビクシリン)
 ピペラシリン(ペントシリン)
 スルバクタム/アンピシリン(ユナシン―S)
 タゾバクタム/ピペラシリン(ゾシン)
Ⅲ 経口セフェム系薬
 ①第1世代セフェム系薬
  セファクロル(ケフラール)
 ②第3世代セフェム系薬
  セフジニル(セフゾン)
  セフテラム・ピボキシル(トミロン)
  セフポドキシム・プロキセチル(バナン)
  セフチブテン(セフテム)
 ③新第3世代セフェム系薬
  セフカペン・ピボキシル(フロモックス)
  セフジトレン・ピボキシル(メイアクトMS)
Ⅳ 注射用セフェム系薬
 ①第1世代セフェム系薬
  セファゾリン(セファメジンα)
 ②第2世代セフェム系薬
  セフォチアム(パンスポリン)
  セフメタゾール(セフメタゾン)
  フロモキセフ(フルマリン)
 ③第3世代セフェム系薬
 ・抗緑膿菌活性をもたないグループ
  セフトリアキソン(ロセフィン)
  ラタモキセフ(シオマリン)
 ・抗緑膿菌活性をもつグループ
  セフタジジム(モダシン)
  スルバクタム/セフォペラゾン(スルペラゾン)
 ④第4世代セフェム系薬
  セフピロム(硫酸セフピロム静注用)
  セフェピム(マキシピーム)
  セフォゾプラン(ファーストシン)
Ⅴ カルバペネム系薬
  イミペネム/シラスタチン(チエナム)
  パニペネム/ベタミプロン(カルベニン)
  メロペネム(メロペン)
  ビアペネム(オメガシン)
  ドリペネム(フィニバックス)
  テビペネム・ピボキシル(オラペネム)
Ⅵ ペネム系薬
  ファロペネム(ファロム)
Ⅶ マクロライド系薬
  クラリスロマイシン(クラリス)
  アジスロマイシン(ジスロマック)
Ⅷ キノロン系薬
  モキシフロキサシン(アベロックス)
  トスフロキサシン(オゼックス)
  シプロフロキサシン・経口薬(シプロキサン)
  レボフロキサシン(クラビット)
  ガレノキサシン(ジェニナック)
  シタフロキサシン(グレースビット)
  シプロフロキサシン・注射薬(シプロキサン)
  パズフロキサシン(パシル)
Ⅸ グリコペプチド系薬
  バンコマイシン(塩酸バンコマイシン)
  テイコプラニン(タゴシッド)
Ⅹ オキサゾリジノン系薬・ストレプトグラミン系薬
  リネゾリド(ザイボックス)
  キヌプリスチン/ダルホプリスチン(シナシッド)
ⅩⅠ 環状リポペプチド系薬
  ダプトマイシン(キュビシン)
ⅩⅡ アミノグリコシド系薬
  アルベカシン(ハベカシン)
  トブラマイシン(トブラシン)
  アミカシン(アミカシン硫酸塩注射液「日医工」
ⅩⅢ モノバクタム系薬・ホスホマイシン系薬・テトラサイクリン系薬・グリシルサイクリン系薬・リンコマイシン系薬
  アズトレオナム(アザクタム)
  ホスホマイシン(ホスミシン)
  ミノサイクリン(ミノマイシン)
  チゲサイクリン(タイガシル)
  クリンダマイシン(ダラシンS)
抗菌薬サークル図(薬剤情報)の参考文献

付 録
主な菌種の抗菌薬感受性