医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

脂肪注入ハンドブック【電子版】

基本からCALまで

辻 直子 (編著)

出版社
克誠堂出版
電子版ISBN
978-4-7719-6069-5
電子版発売日
2020/12/14
ページ数
147ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥10,340 (本体¥9,400+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7719-0532-0
印刷版発行年月
2020/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
88 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

「高度美容外科医療」を行うセルポートクリニック横浜での著者らの経験から,安全・確実な方法を余すところなく紹介。この1冊で脂肪注入が始められる!

目次

序文

Ⅰ 脂肪注入の基礎/辻 直子
1 脂肪吸引・注入の歴史
1脂肪吸引の始まり:画期的なwet method 2脂肪注入の暗黒時代 3Coleman法の登場による状況変化 4脂肪注入術の再評価 5再生医療によるさらなる進化 6単純なようで奥深い脂肪吸引・注入
2 脂肪注入の基礎理論
1脂肪組織の構造 2脂肪生着の仕組み
3 脂肪由来幹細胞(ASCs)の働きとその活用
1幹細胞の働き 2CALの開発 3生着率の向上 4組織の肥沃化 5CALの課題と今後の展望
Column①「再生医療新法」
Ⅱ 脂肪注入総論/辻 直子
1 適応と患者選択
1適応疾患 2移植床の評価 3脂肪吸引部の評価
2 術前検査
3 手術機器
1カニューレ 2吸引器とデバイスの種類 3スキンプロテクター
4 手術手技(1)脂肪吸引
1テュメセントと脂肪吸引 2部位別注意点 3脂肪の最適化processing 4脂肪吸引部の術後管理 5脂肪吸引の合併症とその予防
5 手術手技(2)脂肪注入
1手術機器 2注入手技 3脂肪注入の合併症とその予防
6 CALの設備と手技
1準備する設備・物品 2手術の手順 3注意点
7 術後管理
1ドレッシング 2入浴 3運動,仕事 4下着
8 評価
1形態の改善度 2組織の柔らかさ 3色調の改善度 4嚢胞形成の有無 5脂肪の生着率 63D画像撮影装置と解析ソフト 7CT,MRI
Column②「CPCがなくてもCALは可能」
Ⅲ 脂肪注入各論
1 顔面への脂肪注入  /青井則之
A.アンチエイジング
1はじめに 2治療の特徴と適応 3術前のプランニング 4患者に対する説明 5デザイン 6麻酔 7手術手順 8術後管理 9合併症
代表症例
B.顔面変性疾患および顔面陥凹変形
1はじめに 2治療の特徴と適応 3術前のプランニング 4患者に対する説明 5デザイン 6麻酔 7手術手順 8術後管理 9合併症
代表症例
2 胸郭変形への脂肪注入/成田圭吾
1はじめに 2適応 3説明のポイント 4手術手技と注意ポイント 5術後管理 6合併症
代表症例
3 乳房への脂肪注入  /辻 直子
A.豊胸
1はじめに 2適応 3説明のポイント 4手術手技と注意ポイント 5術後管理 6合併症
代表症例
B.乳房再建
はじめに
◇乳房再建(1)乳房温存術後の単純脂肪注入
1適応 2説明のポイント 3手術手技と注意ポイント 4術後管理 5合併症
代表症例
◇乳房再建(2)乳房切除後のTEとインプラントを併用した脂肪注入
1適応 2説明のポイント 3手術手技と注意ポイント 4術後管理 5合併症
代表症例
◇乳房再建(3)乳房切除後のTEと複数回脂肪注入による全乳房再建(step lipoinjection)
1適応 2説明のポイント 3手術手技と注意ポイント 4術後管理 5合併症
代表症例
◇乳房再建(4)乳房再建後の修正
1適応 2説明のポイント 3手術手技と注意ポイント 4術後管理
代表症例
事項索引