医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

医療的ケア児・者 在宅医療マニュアル【電子版】

実技動画つき

前田 浩利 戸谷 剛 石渡 久子 (著)

医療法人財団 はるたか会

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98360-4
電子版発売日
2020/11/30
ページ数
217ページ
 判型
B6
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,520 (本体¥3,200+税10%)

印刷版ISBN
978-4-525-28241-7
印刷版発行年月
2020/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
24 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

高度な医療を受けながら自宅で生活する人が増えているが,そのような人を支える医療技術は気管カニューレ交換の頻度一つとっても確立された方法はない.本書は,医療的ケア児・者の在宅生活を支えてきた診療所の長年の実践をまとめたマニュアルである.具体的な手技の主だったものについては,動画でもあわせて解説している.

目次

1 医療的ケア児・者と在宅医療
 A.重症心身障害児(者)
 B.超重症心身障害児(者)
 C.歩き話すことのできる気管切開,人工呼吸器装着児の登場
 D.医療的ケア児
 E.地域に医療をもちこみ,支えるということ
 F.医療的ケア判定スコア

2 地域連携と在宅移行 ―新患導入のプロセスと地域支援―
 A.対象と在宅医療導入のパターン
 B.関わる職種やサービス
 C.退院調整会議で決めること
 D.予後の限られた状況での退院支援

3 訪問時のマナー
 A.身だしなみ
 B.訪問の際の注意事項
 C.診察の際の注意事項

4 初回訪問時の病歴の取り方と診察
 A.初回訪問の流れ
 B.病歴の取り方
 C.今後の見通しと計画
 D.初診時のカルテ記載
 コラム1 子どもの抱き方

5 患者電話対応
 A.電話対応の基本姿勢
 B.患者からの電話に対する臨時往診の適用
 C.電話対応の診療報酬の位置づけとカルテ記載
 D.実際の電話対応
 E.フォローアップ

6 看取り
 A.子どもおよび若年者の看取りにおける「家」の意味
 B.在宅看取りに至るプロセス
 C.家での看取りにおいて重要なこと
 コラム2 成人の在宅緩和ケア
 コラム3 共に生きる時間の大切さ

7 感染症への対応
 A.新型コロナウイルス感染予防のための原則
 B.スタッフの体調管理
 C.COVID19疑い患者の診療

8 気管切開の管理
 A.気管切開術の種類とその特徴
 B.気管切開の合併症
 C.気管カニューレの種類と選択
 D.気管カニューレ管理の実際
 E.スピーキングバルブの使用
 F.カニューレの抜管,気管切開孔の閉塞

9.人工呼吸管理 総論
 A.医療的ケア児・者の在宅人工呼吸療法の対象となる病態
 B.NPPVかTPPVか?
 C.NPPVとTPPVの呼吸器の設定を包括的に理解する

10 NPPVの管理
 A.在宅NPPVの導入
 B.在宅NPPVの管理
 C.NPPVからの離脱

11 TPPVの管理
 A.在宅TPPVの導入
 B.在宅TPPVの管理
 C.トラブルへの対応 ―DOPE―
 D.TPPVからの離脱

12 排痰ケア
 A.機械による咳介助
 B.肺内パーカッションベンチレータ

13 疼痛管理の基本
 A.疼痛対応の基本戦略
 B.子どもの疼痛に関する誤謬
 C.疼痛の評価
 D.疼痛コントロールの基本戦略
 E.具体的な鎮痛薬の投与法
 F.オピオイドの副作用

14 激烈な疼痛および呼吸苦など種々の症状の緩和
 A.激烈な疼痛
 B.神経障害性疼痛あるいは神経因性疼痛
 C.呼吸苦
 D.心不全による苦痛
 E.腹部膨満
 F.せん妄
 G.吃逆(しゃっくり)
 H.掻痒感(痒み)
 I.パニック・死の恐怖
 J.喘鳴

15.麻薬管理
 A.麻薬管理者
 B.管理・保管
 C.廃棄
 D.麻薬の譲り受け
 E.事故・破損・紛失
 F.麻薬の持ち運び,施用,交付
 G.カルテの記載
 コラム4 麻薬の院内管理を導入する契機となった患者さん

16 胃瘻の管理
 A.胃瘻造設について保護者に相談されたら
 B.胃瘻カテーテルの種類
 C.胃瘻交換
 D.胃瘻関連トラブルとその対処方法
 E.胃瘻からの離脱

17 中心静脈(CV)カテーテルの管理
 A.CVカテーテルの目的と種類
 B.CVカテーテル管理が必要な児・者の退院
 C.CVカテーテルの日常管理
 D.CVカテーテル感染
 E.エタノールロック
 F.CVカテーテルの入れ替え時期

18 腹膜透析の管理
 A.腹膜透析の機器
 B.腹膜透析に関連する用語
 C.在宅管理の実際

19 その他の手技やデバイスの管理
 A.採血
 B.末梢静脈ラインの確保
 C.点滴
 D.経鼻胃管
 E.EDチューブ
 F.尿道カテーテル
 G.ストーマ

20 水分および栄養の管理
 A.経腸栄養
 B.経静脈栄養

21 筋緊張の管理
 A.筋緊張緩和へのアプローチの基本
 B.小児在宅医療でみる筋緊張の強い患者
 C.筋緊張と呼吸
 D.内服による治療
 E.内服以外の治療方法

22 トリソミー
 A.18トリソミー
 B.13トリソミー
 C.21トリソミー
 コラム5 トリソミーの子どもたち

23 予防接種
 A.在宅での予防接種
 B.予防接種の際に考慮すべき状態と治療
 C.ワクチンの種類と接種間隔
 D.予防接種の手順
 E.事故への対応

24 日常薬・感冒薬の使い方
 A.日常薬・感冒薬をあらかじめ処方しておく
 B.あらかじめ処方しておく薬の実際
 C.主介護者への指示後のフォロー

25 カルテの書き方
 A.カルテの意義
 B.初診時のカルテ記載
 C.日常カルテ記載
 D.保健診療の管理料請求で記載義務のある項目

26 訪問看護指示書の書き方
 A.訪問看護の制度と仕組み
 B.医療保険の訪問看護の制限と仕組み
 C.訪問看護指示書の書き方
 D.訪問リハビリテーションとその指示書の書き方
 コラム6 訪問看護の歴史

27 災害時の対応
 A.基本方針
 B.緊急時の対応
 C.その後の対応
 D.日ごろの備え

28 針刺し事故対応
 A.日中に針刺し事故が発生した場合
 B.夜間,休日の場合
 C.患者の血液検査の結果ごとの対応
 D.事故報告書の作成

29 薬局との連携
 A.薬局との連携について
 B.薬局に依頼できること

索引