医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪形成外科診療ガイドライン2≫

形成外科診療ガイドライン 2 2021年版【電子版】

日本形成外科学会 日本創傷外科学会 日本頭蓋顎顔面外科学会 (編)

出版社
金原出版
電子版ISBN
978-4-307-85722-2
電子版発売日
2021/04/19
ページ数
372ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,150 (本体¥6,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-307-25722-0
印刷版発行年月
2021/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
18 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

旧4・5巻「口唇・顎・口蓋裂・その他の顔面先天異常/耳介先天異常/眼瞼/頭蓋(骨)縫合早期癒合症/顔面外傷/顔面変形(骨切り手術)」を改訂(全3巻)。推奨の強さはエビデンスの強さを参考にして、益と害のバランス、形成外科の治療では重要である患者の価値観や希望、コストや資源を考慮して決定しました。これらの要素は、初版発刊後に重視されるようになった概念であり、改訂に際してもっとも考慮した点です。

目次

改訂第2版 序
形成外科診療ガイドライン改訂にあたって
第1版 序
第1版 ガイドライン作成にあたって
形成外科診療ガイドライン(第2版)について

第I編 口唇・顎・口蓋裂・その他の顔面先天異常診療ガイドライン
1章 口唇・顎・口蓋裂
 1 疫学と診断
 2 口唇裂
 3 口蓋裂
2章 その他の顔面先天異
 1 巨口症
 2 顔面裂
 3舌小帯短縮症

第II編 耳介先天異常診療ガイドライン
1章 小耳症
 1 診断と検査
 2 治療
2章 埋没耳
 1 治療
3章 立ち耳
 1 治療
4章 折れ耳
 1 治療
5章 耳瘻孔
 1 診断

第III編 眼瞼診療ガイドライン
1章 睫毛内反症・眼瞼内反症
 1 診断
 2 治療方針
 3 手術
2章 内内眼角贅皮
 1 診断
 2 治療方針
 3 手術
3章 瞼裂狭小症候群
 1 診断
 2 治療方針

第IV編 頭蓋(骨)縫合早期癒合症診療ガイドライン
1章 頭蓋(骨)縫合早期癒合症
 1 診断
 2 適応

第V編 顔面外傷診療ガイドライン
1章 上顎骨骨折
 1 診断
 2 手術適応
 3 治療
2章 下顎骨骨折
 1 診断
 2 手術適応
 3 治療法の選択
 4 手術的アプローチ
 5 固定法・固定材料
 6 小児の下顎骨折
3章 頬骨骨折
 1 診断
 2 手術適用
 3 アプローチと整復
 4 固定部位
 5 固定材料
4章 眼窩底骨折
 1 診断
 2 手術適応
 3 治療
 4 小児眼窩底骨折
5章 鼻骨・鼻篩骨骨折
 1 診断
 2 合併損傷
 3 尾骨骨折の治療
 4 鼻篩骨骨折の治療
 5 固定法・固定材料

第VI編 顔面変形(骨切り手術)診療ガイドライン
1章 顔面変形の診断
2章 上顎後退症
3章 下顎後退症
4章 下顎前突