医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

東京ER総合マニュアル 改訂2版【電子版】

樫山 鉄矢 (編著)

東京都立多摩総合医療センター院長・救命救急センター

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/05/17
ページ数
301ページ
 判型
B6判
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,180 (本体¥3,800+税10%)

印刷版ISBN
978-4-498-06673-1
印刷版発行年月
2021/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
34 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

2014年に刊行された『東京ER多摩総合マニュアル』の改訂改題.ERレジデントマニュアルの決定版が,ハンディなサイズはそのままに,新規項目を追加して全面リニューアルを受けました.知識を羅列するのではなく,重視するのは何よりも「手順」.本書を常にポケットに忍ばせて現場に臨めば,ERマインド,ERの考え方が自然に身につきます.7年にわたるロングセラー,待望の全面改訂!

目次

Section 1 総論・主要症候
 1.ER診療の基本
 2.ABCアプローチ
 3.鑑別の進め方
 4.コンサルテーション・プレゼンテーション
 5.意識障害
 6.ショック
 7.発熱
 8.敗血症
 9.失神
 10.めまい
 11.痙攣
 12.頭痛
 13.咽頭痛・咽頭炎・かぜ
 14.胸痛
 15.呼吸困難
 16.咳
 17.血痰・喀血
 18.窒息・気道異物
 19.消化管異物・誤飲
 20.腹痛
 21.悪心・嘔吐
 22.下痢
 23.吐血・血便・下血・消化管出血
 24.血尿・着色尿
 25.皮疹(粘膜疹)
 26.浮腫
 27.リンパ節腫脹
 28.腰背部痛
 29.麻痺・脱力
 30.しびれ
 31.関節痛
 32.下肢痛・腫脹
 33.貧血
 34.全身倦怠感・脱力・不定愁訴
 35.心停止(BLS/ALS)
Section 2 脳・神経・眼・耳鼻咽喉
 1.クモ膜下出血(SAH)・脳出血
 2.種々の頭痛
 3.脳梗塞
 4.一過性虚血発作(TIA)
 5.髄膜炎
 6.ウェルニッケ脳症:Wernicke's encephalopathy
 7.慢性硬膜下血腫
 8.一過性全健忘(TGA)
 9.せん妄
 10.眼の救急
 11.killer sore throat
 12.鼻出血・鼻腔異物・外耳道異物
 13.顔面神経麻痺
 14.口腔・歯牙・下顎
Section 3 呼吸器
 1.インフルエンザ
 2.肺炎
 3.気管支喘息
 4.自然気胸
 5.COPDの急性増悪
 6.間質性肺炎の急性増悪
 7.ARDS
 8.胸水
Section 4 循環器
 1.急性冠症候群(ACS)
 2.たこつぼ心筋症
 3.肺血栓塞栓症
 4.心不全
 5.急性大動脈解離・腹部大動脈瘤破裂
 6.不整脈
 7.QRSの狭い頻脈
 8.心房細動
 9.QRSの広い頻脈
 10.徐脈性不整脈
 11.高血圧緊急症
Section 5 消化器
 1.腸閉塞
 2.急性腸間膜虚血・虚血性腸炎
 3.急性虫垂炎
 4.胆嚢結石症・総胆管結石症
 5.急性胆管炎・急性胆嚢炎
 6.急性膵炎
Section 6 腎・内分泌・代謝
 1.急性腎障害(AKI)
 2.糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)・高浸透圧性高血糖(HHS)
 3.低血糖
 4.甲状腺クリーゼ・粘液水腫昏睡
 5.低ナトリウム血症
 6.高ナトリウム血症
 7.高カリウム血症
 8.低カリウム血症
 9.カルシウム値の異常
 10.低リン血症・低マグネシウム血症
 11.横紋筋融解症
Section 7 泌尿器・産婦
 1.周産期救急
 2.産科的腹痛
 3.婦人科的腹痛
 4.骨盤腹膜炎(PID)
 5.尿路感染症
 6.尿路結石症
 7.急性陰嚢症
Section 8 皮膚・感染・アレルギー
 1.麻疹・風疹
 2.水痘・帯状疱疹
 3.ムンプス・伝染性紅斑・手足口病
 4.伝染性単核細胞症候群
 5.HIV/AIDS
 6.せつ・よう・丹毒・TSS・SSSS・播種性淋菌・髄膜炎菌感染症ほか
 7.蕁麻疹・その他の皮疹
 8.薬疹 
 9.壊死性軟部組織感染症・蜂窩織炎
 10.熱傷・化学熱傷
 11.破傷風
 12.帰国者の発熱
 13.針事故・血液曝露事故
 14.アナフィラキシー
 15.アニサキス症・ヒスタミン中毒
Section 9 中毒・環境・ほか
 1.中毒診療の原則
 2.睡眠薬・抗不安薬中毒
 3.抗うつ薬中毒
 4.セロトニン症候群
 5.抗精神病薬中毒と副作用
 6.悪性症候群
 7.解熱鎮痛薬中毒
 8.麻薬・覚醒剤中毒
 9.アルコール中毒・アルコール離脱症候群
 10.農薬中毒ほか
 11.シアン中毒・硫化水素中毒・メトヘモグロビン血症
 12.一酸化炭素中毒
 13.熱中症
 14.偶発性低体温
Section 10 外傷・創傷
 1.高エネルギー外傷・多発性外傷
 2.頭部外傷
 3.顔面外傷
 4.脊髄損傷
 5.胸部外傷・肋骨損傷
 6.腹部外傷
 7.創傷の処置
 8.咬傷・虫刺症
 9.痔・肛門周囲膿瘍・ガングリオン・アテローム
 10.爪
Section 11 整形外科的外傷
 1.整形外科的外傷の診療手順
 2.緊急を要する整形外科外傷
 3.受傷機転からみた典型的整形外傷
 4.シーネ固定
 5.股関節・大腿
 6.膝関節
 7.下腿・足関節・足
 8.肩・上腕
 9.肘
 10.小児の肘外傷
 11.前腕
 12.手
 13.脊椎
 14.骨盤
Section 12 小児救急
 1.小児救急の原則
 2.小児の蘇生
 3.小児の気管支喘息発作・クループ・気管支炎・肺炎
 4.小児の痙攣
 5.小児の異物・中毒
 6.小児の腹痛
 7.小児の嘔吐・下痢・脱水
 8.小児の発熱
 9.小児の発疹
Section 13 関連法規など
 1.救急関連法規
 2.死亡診断書・検案書・異状死体・死体現象
 3.届け出、 報告しなければならない疾病等
 4.児童虐待
 5.高齢者虐待・配偶者暴力(DV)
 6.診断書
 7.学校保険法と感染対策
 8.精神科関連法規等
Section 14 検査・手技
 1.神経所見のとり方 
 2.神経支配
 3.筋力テスト
 4.NIHSS脳卒中スコア
 5.改訂 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)
 6.頭部CT
 7.胸部CT
 8.腹部CT
 9.骨の名称 
 10.救急エコー
 11.心電図
 12.血液ガス・酸塩基平衡
 13.グラム染色
 14.気管挿管
 15.輪状甲状膜穿刺・切開
 16.NPPV
 17.挿管下人工呼吸管理
 18.血液浄化療法
Section 15 薬剤
 1.輸液製剤
 2.心血管作動薬・鎮静薬
 3.抗凝固薬
 4.主要抗菌薬(注射)の標準投与法
 5.妊婦・小児の薬剤

参考図書
索引