医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

急性期のリハビリテーション医学・医療テキスト【電子版】

一般社団法人 日本リハビリテーション医学教育推進機構 一般社団法人 日本急性期リハビリテーション医学会 公益社団法人 日本リハビリテーション医学会 (監修)

出版社
金芳堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/07/12
ページ数
196ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,960 (本体¥3,600+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7653-1795-5
印刷版発行年月
2020/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
132 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

急性期リハビリテ-ション医療では全身状態を見て、救命は当然のことながら、活動性改善のため、全身を視野に入れ治療する。診察と検査により、適切な診断がついた状態で最適な活動性改善、可能な限り高負荷・長時間のリハビリテーション医療を提供するのである。リハビリテーション医療はプロフェッショナルなチーム医療であり、急性期医療における知識と技術に習熟した療法士が実践しないと危険である。もちろん看護師の協力は必須である。急性期から患者の活動性を良くしようという志のある療法士と看護師にはできるだけ本書に目を通してほしい。本書を読めば、幅広い知識と技術が自ずと身につき、実践すれば、患者の活動性が驚くほど改善する。

目次

1章 急性期のリハビリテーション医学・医療 総論
1. 急性期のリハビリテーション医学・医療の概要
2. 急性期のリハビリテーション診療の基本
3. 座位・起立訓練の効果
4. 運動療法
5. 骨関節障害に対する固定および免荷時のリハビリテーション治療
6. 脊椎疾患における急性期のリハビリテーション治療
7. 装具療法
8. コミュニケーション障害に対するリハビリテーション治療
9. 高次脳機能障害に対するリハビリテーション治療
10. 摂食嚥下障害に対するリハビリテーション治療
11. 周術期のリハビリテーション治療
12. ロボットを活用したリハビリテーション治療

2章 急性期のリハビリテーション診療の実際
1. 急性期のリハビリテーション診断
2. 急性期のリハビリテーション治療
3. 訓練時のモニター等による観察
4. 急性期の薬物療法の理解
5. 引き抜き事故防止

3章 急性期のリハビリテーション治療 実践例
1. 脳血管障害 症例1~14
2. 脊髄損傷  症例1~6
3. 呼吸器疾患 症例1、2
4. 循環器疾患 症例1~7
5. 運動器疾患 症例1~4
6. 神経筋疾患 症例1~5
7. 周術期症例1~3