医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

もう迷わない!

抗菌薬Navi 第3版【電子版】

三鴨 廣繁(監修) 坂野 昌志(編著) 奥平 正美 中根 茂喜 (著)

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98406-9
電子版発売日
2021/11/01
ページ数
343ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,080 (本体¥2,800+税10%)

印刷版ISBN
978-4-525-77443-1
印刷版発行年月
2021/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
34 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

感染症治療薬を処方・管理する初学者に押さえてほしいポイントを解説した攻略本.PK/PDの考え方から,100種類を超える薬剤の臨床上重要な特徴をまとめました.世代による違いや,薬剤同士の特徴を比較することで,「ほかの薬と比べて何が違うのか?」という疑問を解決し,初学者の感染症治療薬の理解へ繋げます.今回の改訂では,内容のアップデートに加え,感染症治療に用いられる抗体医薬品やCOVID-19治療薬の項目を追加.

目次

第1章 今日から使えるPK/PDの基礎知識
・抗菌薬側からみた感染症治療の考え方
・PK/PDの基本事項
・MICと耐性菌

第2章 今日から使える抗菌薬の基礎知識
1 ペニシリン系抗菌薬
2 セフェム系抗菌薬
3 カルバペネム系・ペネム系抗菌薬
4 アミノグリコシド系抗菌薬
5 キノロン系抗菌薬
6 マクロライド系抗菌薬
7 テトラサイクリン系抗菌薬
8 抗MRSA薬
9 その他の抗菌薬
 ・モノバクタム系抗菌薬
 ・ホスホマイシン系抗菌薬
 ・ST合剤
 ・リンコマイシン系抗菌薬
 ・メトロニダゾール
 ・ストレプトグラミン系抗菌薬
 ・グリシルサイクリン系抗菌薬
10 抗体医薬品
 ・抗CDトキシンBヒトモノクローナル抗体
 ・抗RSVヒト化モノクローナル抗体
11 抗真菌薬
12 抗結核薬
13 抗ウイルス薬
 ・抗ヘルペスウイルス薬
 ・抗サイトメガロウイルス薬
 ・抗インフルエンザウイルス薬
 ・抗肝炎ウイルス薬

第3章 今日から使える微生物の基礎知識
・微生物の分類と特徴
・代表的な微生物

一般索引
薬剤索引

意外に使える!豆知識
MICの値が低い抗菌薬ほど良い抗菌薬といえるか?
De-escalationとは?
β―ラクタマーゼってなに?
ESBL,メタロβ―ラクタマーゼってなに?
PAE ってなに?
CRP,発熱,白血球と感染
血沈と感染
モンテカルロシミュレーションとは
ATC/DDDとは
%T>MICの計算法