医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

整形外科Knack & Pitfalls

肩関節外科の要点と盲点【電子版】

岩本 幸英(監) 高岸 憲二 (編)

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/11/29
ページ数
402ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥16,500 (本体¥15,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8306-2759-0
印刷版発行年月
2008/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
136 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

本書では,一般的な解剖だけではなく,サージカル・アプローチに必要な解剖も掲載.疾患各論では,治療方針や基本的術式を「スタンダード編」,複雑な術式を「応用編」としているため,レベルに応じた読み分けができる.術式は,写真やイラストを用いて経時的に解説し,手順やコツ,気をつけるべき点が一目でわかる.日常診療で遭遇する可能性のある疾患をほぼ全て網羅しており,本書1冊で肩関節疾患の治療の全容を把握できる.

目次

I 肩関節の正常解剖・バイオメカニクス
  1.肩関節の正常解剖
  2.肩関節のバイオメカニクス
II 基本的診断法
  1.診断の進め方
  2.単純X線撮影
  3.MRI撮影
  4.CT撮影
  5.超音波検査
  6.関節・滑液包造影
  7.血液・関節液検査
  8.電気生理学的検査
  9.関節鏡検査所見のよみかた
III 保存療法の基本
  1.保存療法の適応・基本方針
  2.固定法・装具・テーピングのコツ
  3.薬物療法・注射療法のコツ
  4.リハビリテーションのコツ
IV 手術療法の基本
  1.麻酔と体位の要点
  2.進入路
  3.関節鏡視下手術のための解剖
  4.関節鏡視下手術の基本
V 外傷
  1.上腕骨近位端骨折
  [スタンダード編]
  [応用編]
  2.肩甲骨骨折
  [スタンダード編]
  [応用編]
  3.鎖骨骨折
  [スタンダード編]
  [応用編]
  4.肩関節脱臼
  [スタンダード編]
  [応用編]
  5.胸鎖関節脱臼
  [スタンダード編]
  [応用編]
  6.肩鎖関節脱臼
  [スタンダード編]
  [応用編]
  7.小児の肩部骨折の基本方針
VI 肩関節不安定症
 [スタンダード編]
  1.不安定症の分類と治療方針
  2.外傷性不安定症
  3.非外傷性不安定症の治療方針と保存療法
 [応用編]
  1.外傷性前方不安定症(Bankart損傷主体)
  2.外傷性前方不安定症(capsular tear主体)
  3.外傷性後方不安定症
  4.非外傷性不安定症
VII 肩関節の変性および炎症性疾患
 [スタンダード編]
  1.五十肩の治療方針
  2.石灰沈着の機序と保存療法
  3.骨関節症の治療方針
  4.上腕骨頭壊死の治療方針
  5.関節リウマチの治療方針
 [応用]
  1.鏡視下拘縮除去術
  2.open法および鏡視下石灰除去術
  3.骨関節症
  4.骨頭壊死
VIII 腱板障害
 [スタンダード編]
  1.インピンジメント症候群
  2.腱板断裂
  3.腱板疎部損傷
 [応用編]
  1.鏡視下縫合
  2.腱板広範囲断裂
  3.腱板部分断裂
IX 上方関節唇障害と上腕二頭筋長頭腱
  1.上方関節唇損傷
  2.上腕二頭筋長頭腱断裂
  3.上腕二頭筋長頭腱脱臼
索引