医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ここがポイント!

抗菌薬耐性を攻略する 抗菌薬の選び方・使い方【電子版】

抗菌薬の基礎知識から感染症治療・感染制御まで

堀井 俊伸 (編著)

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/12/06
ページ数
212ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,750 (本体¥2,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8306-1015-8
印刷版発行年月
2012/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
12 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

本書は,種々の抗菌薬耐性菌のなかでも日常診療で遭遇する頻度の高い病原微生物を取り上げ,使用される抗菌薬の薬理学的特徴(作用機序,PK-PDの特徴,経口薬の吸収率・生物学的利用率,組織移行,排泄経路など),注意すべき副作用と薬物相互作用,抗微生物スペクトルの特徴,薬物耐性の問題,使い分けを含めた抗菌薬療法のための知識,医療機関における処方規制のポイントを含めた感染制御のための知識を解説したテキストである.

目次

第1章  MRSA感染症(ディフィシル菌感染症を含む)
1 概 要
2 抗菌薬の基礎知識
A 薬理学的特徴
 1.グリコペプチド系薬
 2.リネゾリド
 3.ダプトマイシン
 4.アルベカシン(アミノグリコシド系薬)
 5.ST合剤
 6.リファンピシン
B 注意すべき副作用
 1.グリコペプチド系薬
 2.リネゾリド
 3.ダプトマイシン
 4.アミノグリコシド系薬
 5.ST合剤
 6.リファンピシン
C 注意すべき薬物相互作用
 1.グリコペプチド系薬
 2.リネゾリド
 3.ダプトマイシン
 4.アミノグリコシド系薬
 5.ST合剤
 6.リファンピシン
3 抗微生物スペクトルの特徴
 1.グリコペプチド系薬
 2.リネゾリド
 3.ダプトマイシン
 4.アルベカシン
 5.ST合剤
 6.リファンピシン
4 抗菌薬耐性の問題
5 抗菌薬療法のための知識
6 感染制御のための知識
 1.感染制御
 2.医療機関における抗菌薬の処方規制
 3.ケーススタディー
第2章  緑膿菌感染症
1 概 要
2 抗菌薬の基礎知識
A 薬理学的特徴
 1.β-ラクタム系薬
 2. タゾバクタム・スルバクタム・クラブラン酸(β-ラクタマーゼ阻害薬)
 3.キノロン系薬
 4. ゲンタマイシン・トブラマイシン・アミカシン(アミノグリコシド系薬)
 5.ポリミキシンE(コリスチン)
B 注意すべき副作用
 1.β-ラクタム系薬
 2.キノロン系薬
 3. ゲンタマイシン・トブラマイシン・アミカシン
 4.ポリミキシンE(コリスチン)
C 注意すべき薬物相互作用
 1.β-ラクタム系薬
 2.キノロン系薬
 3. ゲンタマイシン・トブラマイシン・アミカシン
 4.ポリミキシンE(コリスチン)
3 抗微生物スペクトルの特徴
 1.ペニシリン系薬
 2. 注射用セファロスポリン系薬・セファマイシン系薬・オキサセフェム系薬
 3.カルバペネム系薬
 4.モノバクタム系薬
 5.キノロン系薬
 6.ゲンタマイシン・トブラマイシン・アミカシン
 7.ポリミキシンE(コリスチン)
4 抗菌薬耐性の問題
5 抗菌薬療法のための知識
6 感染制御のための知識
 1.感染制御
 2.医療機関における抗菌薬の処方規制
 3.ケーススタディー
第3章  基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生菌感染症
1 概 要
2 抗菌薬の基礎知識・抗微生物スペクトルの特徴
A 薬理学的特徴
 1.β-ラクタム系薬(β-ラクタマーゼ阻害薬を含む)
 2.キノロン系薬
 3.ST合剤
 4.アミノグリコシド系薬
B 注意すべき副作用
 1.β-ラクタム系薬
 2.キノロン系薬
 3.ST合剤
 4.アミノグリコシド系薬
C 注意すべき薬物相互作用
 1.β-ラクタム系薬
 2.キノロン系薬
 3.ST合剤
 4.アミノグリコシド系薬
D 抗微生物スペクトルの特徴
 1.β-ラクタム系薬(β-ラクタマーゼ阻害薬を含む)
 2.キノロン系薬
 3.ST合剤
 4.アミノグリコシド系薬
3 抗菌薬耐性の問題
4 抗菌薬療法のための知識
5 感染制御のための知識
 1.感染制御
 2.医療機関における抗菌薬の処方規制
 3.ケーススタディー
第4章  嫌気性菌が関与する感染症:誤嚥性肺炎
1 概 要
2 抗菌薬の基礎知識
A 薬理学的特徴
 1.β-ラクタム系薬(β-ラクタマーゼ阻害薬を含む)
 2.キノロン系薬
 3.マクロライド系薬
 4.クリンダマイシン(リンコサミド系薬)
B 注意すべき副作用
 1.β-ラクタム系薬
 2.キノロン系薬
 3.マクロライド系薬
 4.クリンダマイシン(リンコサミド系薬)
C 注意すべき薬物相互作用
 1.β-ラクタム系薬
 2.キノロン系薬
 3.マクロライド系薬
 4.クリンダマイシン(リンコサミド系薬)
3 抗微生物スペクトルの特徴
 1.β-ラクタム系薬(β-ラクタマーゼ阻害薬を含む)
 2.キノロン系薬
 3.マクロライド系薬
 4.クリンダマイシン(リンコサミド系薬)
4 抗菌薬耐性の問題
5 抗菌薬療法のための知識
6 感染制御のための知識
 1.感染制御
 2.医療機関における抗菌薬の処方規制
 3.ケーススタディー
●索引