医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ゼロから学ぶオピオイド がん疼痛管理実践マニュアル【電子版】

国分 秀也 (著)

出版社
日経BP
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/04/11
ページ数
206ページ
 判型
A4
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,850 (本体¥3,500+税10%)

印刷版ISBN
466-0-00-028599-0
印刷版発行年月
2022/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
12 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

「オピオイド鎮痛薬はどれを選ぶ?」「副作用の嘔気・嘔吐が出たら?」「オピオイドスイッチングのタイミングは?」など、臨床現場ですぐに活用できる知識をまとめた一冊。日本におけるオピオイド鎮痛薬は、欧米先進国と同程度の品目数があり、がん疼痛の除痛が十分可能である状況と考えられるが、適正量とされる10~30%の使用に過ぎないと報告されている。本書はこうした問題の一助となるように、がん疼痛治療の進め方や副作用対策、臨床薬物動態や薬理作用を詳細に解説している。

目次

第1章 がん疼痛治療の進め方
(1)問診 (2)疼痛評価 (3)薬物治療計画 (4)オピオイドの副作用対策(初期) (5)患者モニタリング (6)処方監査の流れ (7)オピオイドスイッチング (8)鎮痛薬の増減および選択 (9)副作用対策 (10)臓器障害時の投与量 (11)薬物相互作用(薬物動態学的相互作用) (12)薬物相互作用(薬力学的相互作用)
第2章 オピオイドの臨床薬物動態・臨床薬理
(1)臨床薬物動態の基本的知識 (2)投与量設計 (3)各オピオイドの臨床薬物動態 (4)オピオイドの臨床薬理 (5)オピオイドの臨床試験 (6)オピオイドの遺伝薬理
付録 各種ガイドライン抜粋、本邦におけるオピオイド疼痛治療薬の使用開始とその特徴、オピオイドの投与量調節(表)、オピオイドの薬物動態の比較(表)