医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

専門医のための血液病学【電子版】

鈴木 隆浩 (編)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-64772-4
電子版発売日
2022/04/25
ページ数
432ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥13,200 (本体¥12,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-260-04772-2
印刷版発行年月
2022/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
42 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

血液内科専門医を志す医師、必携の1冊

血液に関する基礎医学的な知識から,多種多様な血液疾患の疫学・検査・治療までを,最新のガイドライン・エビデンスに則り,エキスパートが解説。日本血液学会による「血液専門医研修カリキュラム」の項目を網羅し,平易な記述で「血液内科専門医として,これだけは知っておきたい!」ことがすべてわかる。

目次

Ⅰ 造血・免疫・止血のしくみ
 1 造血組織の構造と機能
 2 造血幹細胞の性状とその機能
 3 血球産生・分化とその調節機構
 4 免疫担当細胞とその分化機構
  1)自然免疫系
  2)T細胞
  3)B細胞
 5 血栓・止血機構
  1)血管
  2)血小板の機能
  3)凝固系とその調節機構
  4)線溶系とその調節機構

Ⅱ 臨床検査・画像検査
 1 骨髄穿刺・骨髄生検(各種染色法を含む)
 2 リンパ節生検
 3 表面抗原解析検査
 4 染色体検査
 5 遺伝子関連検査
 6 FDG-PET

Ⅲ 赤血球系疾患
 1 貧血総論と各種貧血への診断アプローチ
 2 後天性赤血球系疾患
  1)鉄欠乏性貧血と慢性疾患の貧血(ACD)
  2)巨赤芽球性貧血
  3)再生不良性貧血
  4)赤芽球癆
  5)自己免疫性溶血性貧血
  6)発作性夜間ヘモグロビン尿症
  7)腎性貧血
 3 先天性赤血球系疾患
  1)赤血球膜異常症(遺伝性球状赤血球症)
  2)ヘム・ヘモグロビン異常症
  3)酵素異常症
  4)先天性造血不全症(Diamond-Blackfan 貧血)

Ⅳ 白血球系疾患
 1 骨髄系
  1)骨髄系腫瘍のWHO分類
  2)急性骨髄性白血病
  3)急性前骨髄球性白血病
  4)治療関連骨髄性腫瘍
  5)骨髄異形成症候群
  6)慢性骨髄性白血病
  7)真性赤血球増加症
  8)本態性血小板血症
  9)原発性骨髄線維症
  10)好酸球増多症
 2 リンパ系
  1)急性リンパ性白血病
  2)慢性リンパ性白血病とその類縁疾患
  3)濾胞性リンパ腫
  4)MALTリンパ腫
  5)マントル細胞リンパ腫
  6)びまん性大細胞型B細胞リンパ腫
  7)Burkittリンパ腫
  8)末梢性T細胞リンパ腫
  9)NK/T細胞リンパ腫
  10)成人T細胞白血病/リンパ腫
  11)Hodgkinリンパ腫
  12)原発性マクログロブリン血症
  13)多発性骨髄腫
  14)ALアミロイドーシス
  15)POEMS症候群
  16)Castleman病/TAFRO症候群

Ⅴ 止血・血栓疾患
  1)血友病
  2)先天性凝固因子・凝固阻止因子欠乏症/異常症
  3)播種性血管内凝固
  4)ヘパリン起因性血小板減少症
  5)深部静脈血栓症,急性肺血栓塞栓症
  6)抗リン脂質抗体症候群
  7)血栓性微小血管症
  8)特発性血小板減少性紫斑病
  9)von Willebrand病
  10)先天性血小板減少症・機能異常症
  11)自己免疫性凝固因子欠乏症

Ⅵ 治療総論
 1 抗がん剤
  1)抗がん剤総論
  2)アルキル化薬
  3)アントラサイクリン系抗がん剤
  4)植物アルカロイド
  5)白金製剤
  6)抗体製剤
  7)抗がん剤の注意事項
  8)臓器障害時の抗がん剤投与量の調節
 2 放射線治療
  1)総論
  2)各論
 3 支持療法
  1)サイトカイン療法
  2)造血器疾患における感染症の治療と予防
 4 輸血
  1)血液型,HLA タイピング・HLA 抗体
   Ⅰ.血液型(判定法,不規則抗体)
   Ⅱ.HLA タイピング・HLA 抗体
  2)輸血の適応
  3)輸血合併症
 5 造血幹細胞移植
  1)移植の種類と適応疾患
  2)移植前処置と免疫抑制薬
  3)移植後感染症
  4)移植片対宿主病(GVHD)
  5)移植関連血栓性疾患

索引