医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

メタボリックシンドロームにおける

高尿酸血症の意義とその管理【電子版】

下村 伊一郎 (他編)

大阪大学大学院医学系研究科内分泌・代謝内科教授

出版社
フジメディカル出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/06/20
ページ数
121ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,750 (本体¥2,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-86270-026-1
印刷版発行年月
2011/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
198 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

●メタボリックシンドローム概念の登場で,古典的には痛風の発症基盤として捉えられてきた高尿酸血症の意義が,大きく舵を切ることになった
●尿酸代謝異常の分子医学的側面の解説から治療・管理までをコンパクトにまとめた実践書

目次

1.メタボリックシンドロームにおける高尿酸血症の疫学
2.尿酸と脂肪組織機能~メタボリックシンドローム診療の新しい視点~
3.尿酸と酸化ストレス
4.尿酸とインスリン抵抗性
5.尿酸とアディポネクチン
6.尿酸とメタボリックシンドローム(周辺疾患も含めて)
 1)尿酸と肥満
 2)尿酸と糖代謝異常
 3)尿酸と高血圧
 4)尿酸と脂質異常症
 5)尿酸と動脈硬化症
 6)尿酸とCKD
 7)尿酸とNASH・NAFLD
7.メタボリックシンドロームにおける高尿酸血症の管理と薬物療法
 1)高尿酸血症の食事療法
 2)高尿酸血症の運動療法
 3)高尿酸血症の薬物療法