医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

子宮頸癌治療ガイドライン 2022年版【電子版】

日本婦人科腫瘍学会 (編)

出版社
金原出版
電子版ISBN
978-4-307-80148-5
電子版発売日
2022/07/14
ページ数
224ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,740 (本体¥3,400+税10%)

印刷版ISBN
978-4-307-30148-0
印刷版発行年月
2022/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
10 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

5年ぶりの改訂となる2022年版では、新進行期分類に対応、またLACC試験後の鏡視下手術の取り扱いを取り入れるなど、手術療法、放射線治療、化学療法のいずれも大幅に更新された。特殊組織型の治療、根治的放射線治療後の子宮摘出、がんゲノム医療、がんサバイバーシップなどに関するCQが新設され、計36のCQを収載。「推奨」の決定に至るまでに作成委員会内で議論があったCQには、「最終会議の論点」としてその内容を記載している。【主な追加・改変・変更点】・「最終会議の論点」を追加・進行期分類(日産婦2020)に対応・LACC trial 後の鏡視下手術の取り扱い・特殊組織型に対する治療法のCQ・根治的放射線治療後の子宮摘出に関するCQ・強度変調放射線治療・がんゲノム医療・がんサバイバーシップに関するCQ

目次

CQ,推奨一覧

フローチャート1 子宮頸部前癌病変(CIN 3・AIS)ならびにIA期の治療
         (子宮頸部円錐切除術による診断に基づいた治療の流れ)
フローチャート2 治療前診断IB期・II期の治療
フローチャート3 治療前診断IB期・II期の術後補助療法
フローチャート4 治療前診断III期・IV期の治療
フローチャート5 再発癌の治療

■本ガイドラインにおける基本事項
I 進行期分類
II 組織学的分類
III 手術療法
IV 放射線治療
V 化学療法
VI 緩和ケア

■第1章 ガイドライン総説

■第2章 子宮頸部前癌病変とIA期の主治療
総 説
I 子宮頸部前癌病変
II IA期
CQ 01 円錐切除術を施行した摘出標本断端陰性CIN 3, AISの患者に対して,追加手術を行うことは奨められるか?
CQ 02 円錐切除術を施行した摘出標本断端陽性CIN 3, AISの患者に対して,追加手術を行うことは奨められるか?
CQ 03 子宮温存治療後に再発したCIN 3の患者に対して,再度の円錐切除術は奨められるか?【SR】
CQ 04 IA1期の患者に対して,どのような治療が奨められるか?
CQ 05 IA2期の患者に対して,骨盤リンパ節郭清を含む準広汎子宮全摘出術は奨められるか?
CQ 06 単純子宮全摘出術後にIB期またはそれ以上と診断された場合,放射線治療の追加は奨められるか?

■第3章 IB期以上の初回治療
総 説
I IB~IIB期
II III・IV期
CQ 07 治療前診断がIB1-2・IIA1期の患者に対して,手術療法と放射線治療のどちらが奨められるか?
CQ 08 治療前診断がIB3・IIA2期の患者に対して,手術療法と放射線治療のどちらが奨められるか?【SR】
CQ 09 治療前診断がIIB期の患者に対して,手術療法と放射線治療のどちらが奨められるか?
CQ 10 治療前診断がIB・II期の患者に対して,初回根治的手術療法前の化学療法は奨められるか?
CQ 11 治療前診断がIB・IIA期の患者に対して,開腹手術以外に腹腔鏡手術,ロボット手術は奨められるか?
CQ 12 妊孕性温存を希望する患者に対して,広汎子宮頸部摘出術は奨められるか?
CQ 13 センチネルリンパ節が転移陰性の場合に,系統的リンパ節郭清の省略は奨められるか?【SR】
CQ 14 広汎子宮全摘出術を行う患者に対して,卵巣温存は奨められるか?
CQ 15 主治療前に,骨盤・傍大動脈リンパ節生検は奨められるか?
CQ 16 治療前診断がI・II期の特殊組織型の患者に対して,どのような治療法が奨められるか?
CQ 17 IIIA・IIIB・IIIC(T3)・IVA期の患者に対して,手術療法は奨められるか?
CQ 18 IIIA・IIIB・IIIC(T3)・IVA期の患者に対して放射線治療を行う場合,同時化学放射線療法は奨められるか?
CQ 19 局所進行子宮頸癌患者に根治的治療として同時化学放射線療法を行う場合,推奨される薬剤は?
CQ 20 III・IVA期の患者に対して,主治療前後に化学療法を行うことは奨められるか?
CQ 21 IVB期の患者に対して推奨される治療は?
CQ 22 主治療前に画像もしくは生検でリンパ節転移ありとされたIIIC期のうち,T1, T2の患者に対して推奨される治療法は?

■第4章 術後補助療法
総 説
CQ 23 推奨される術後補助療法は?
CQ 24 術後補助療法として全骨盤照射を行う場合,強度変調放射線治療は奨められるか?
CQ 25 IIIC1期の患者に対して,傍大動脈リンパ節領域への予防的放射線照射は奨められるか?

■第5章 残存病変・再発癌の治療
総 説
CQ 26 初回治療に根治的放射線治療を施行した患者に対して,子宮全摘出術を追加することは奨められるか?
CQ 27 放射線未照射部位に再発病変を有する患者に対して,放射線治療は奨められるか?
CQ 28 照射野内再発に対して推奨される治療は?
CQ 29 再発患者に対して,多剤併用化学療法は奨められるか?
CQ 30 標準治療終了見込みの癌患者に対して,次世代シークエンサー等を用いたがんゲノムプロファイリング検査に基づいた治療は奨められるか?

■第6章 治療後の経過観察
総 説
CQ 31 子宮頸癌治療後に,再発発見のための定期的な検査は奨められるか?
CQ 32 子宮頸癌治療後の生活指導において留意すべき点は?
CQ 33 治療後のホルモン補充療法は奨められるか?
CQ 34 子宮頸部摘出術後の生殖活動に関する指導において,留意すべき点は?

■第7章 妊娠合併子宮頸癌の治療
総 説
CQ 35 妊娠中の生検でCIN 3やAIS, IA期の癌と診断された患者に対して,妊娠中に円錐切除術を行うことは奨められるか?
CQ 36 妊娠中のIB1期以上の患者に対して,待機的に根治治療を行うことは奨められるか?

■第8章 資料集
I 子宮頸癌で用いられる抗悪性腫瘍薬と保険適用の有無
II 略語一覧
III 日本婦人科腫瘍学会ガイドライン委員会業績
IV 既刊の序文・委員一覧

索引