医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

術後アセスメント・ケア ポケットBOOK【電子版】

慶應義塾大学病院看護部 (編著)

出版社
照林社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/08/08
ページ数
192ページ
 判型
A6判
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,760 (本体¥1,600+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7965-2564-0
印刷版発行年月
2022/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
622 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

POINT1 経過ごとに必要な知識がわかる

患者さんの状態が大きく変化する術後は、「術直後」「術後急性期「術後合併症」と3パートに分けて、見逃せない観察ポイントやケアの知識をしっかり解説。術前から術後まで通して1冊でコンパクトにまとめています。

POINT2 覚えきれない知識をカバーできる

見逃してはいけない観察ポイントやケアの根拠、覚えきれない評価スケール、さまざまな数値も、本書を持ち歩くことで、ベッドサイドなどでいつでも確認できます。

POINT3 さまざまな診療科の患者さんに対応

7領域(消化器・呼吸器・循環器・脳神経外科・婦人科・泌尿器・整形外科)の主な手術と観察・ケアもあわせて掲載。最低限おさえておきたいポイントがわかって安心です。

POINT4 いますぐ知りたいことをすばやく検索

すぐに知りたい情報や知識が調べやすいように、文章は少なめ、図表スタイルが中心。“いま必要なこと”だけをスピーディに調べて、すぐ実践できるような構成です。

目次

■周術期の基礎知識
 1.術後のアセスメントに役立つ麻酔の基礎知識
 2.主な手術の種類と看護
 3.術後のアセスメントに役立つ術中看護の実際
 4.手術侵襲と生体反応
■術前の観察・看護
 1.情報収集とアセスメント
 2.意思決定の支援
 3.退院支援
 4.術前オリエンテーション
 5.服薬管理(術前休薬)
 6.術前処置
 7.当日の確認・準備
■術直後(~24時間)の観察・看護
 1.帰室後の観察・看護
 2.フィジカルアセスメント
 3.輸液管理
 4.輸血管理
 5.酸素療法
 6.気道吸引
 7.その他の介助とケア
■術後(急性期)の観察・看護
 1.創傷管理
 2.ドレーン管理
 3.血糖コントロール
 4.栄養管理
 5.疼痛管理
 6.離床に向けたケア
 7.心理的アセスメント
 8.術後の服薬管理
■術後合併症の予防・観察
 1.主な術後合併症と起こりやすい時期
 2.術後出血
 3.循環器合併症
 4.せん妄
 5.呼吸器合併症
 6.術後感染症
 7.縫合不全
 8イレウス・腸閉塞、便秘
 9.術後悪心・嘔吐(PONV)
■疾患別・看護のポイント
 1.消化器疾患の手術を受ける患者の看護
 2.呼吸器疾患の手術を受ける患者の看護
 3.循環器疾患の手術を受ける患者の看護
 4.脳神経外科疾患の手術を受ける患者の看護
 5.婦人科疾患の手術を受ける患者の看護
 6.泌尿器疾患の手術を受ける患者の看護
 7.整形外科疾患の手術を受ける患者の看護