医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

門脈圧亢進症取扱い規約 第4版【電子版】

日本門脈圧亢進症学会 (編)

出版社
金原出版
電子版ISBN
978-4-307-80452-3
電子版発売日
2022/09/12
ページ数
140ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,480 (本体¥6,800+税10%)

印刷版ISBN
978-4-307-20452-1
印刷版発行年月
2022/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
52 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

第4版では、前版から約10年にわたる研究の進歩をcatch upし、国際基準であるBaveno VIIコンセンサスを取り入れた。内視鏡・超音波・放射線・病理などは多くを最新画像に差し替え、RDIなどの新たな検査法も加えた。目次は、総説、病因・病態、臨床、病理、関連事項の5部に構成し直した。基礎疾患に類洞閉塞症候群(SOS)などの新たな病態を加え、臨床(診断・治療)では具体的な方法を詳細に記載し、Point of no returnなどの病期の捉え方も含めて大幅に加筆した。座右においてほしい充実の一冊となっている。

目次

I.総説
  1.門脈系
  2.門脈圧
  3.側副血行路
  4.門脈圧亢進による症候
  5.門脈圧亢進症の治療

II.病因・病態
 1 門脈圧亢進症の病因
  【基礎疾患と閉塞部位】
  1.肝硬変(LC)
  2.特発性門脈圧亢進症(IPH)
  3.先天性肝線維症(CHF)
  4.肝外門脈閉塞症(EHO)
  5.バッド・キアリ症候群(BCS)
  6.類洞閉塞症候群(SOS)
 2 門脈圧亢進症の病態
  【症候】
  1.門脈圧の亢進
  2.全身の循環亢進状態
  3.局所の循環亢進状態
  4.門脈系−大循環系短絡路の発達(P-S shunt)
  5.食道・胃静脈瘤
  6.異所性静脈瘤
  7.肝機能障害
  8.脾腫および脾機能亢進症
  9.腹水および胸水
  10.肝性脳症
  11.門脈圧亢進症性胃腸症(PHGE)
  12.門脈血栓症

III.臨床
 1 病歴
 2 自覚所見
 3 肝硬変の臨床分類
  1.肝硬変の定義と病期別臨床経過
  2.cACLD・CSPH の定義とBaveno VI・VII criteria
 4 門脈圧亢進による臨床症状
  1.消化管出血
  2.肝性脳症
  3.腹水
  4.肝性胸水
  5.浮腫
  6.皮膚症状
  7.神経症状(肝性脳症以外)
  8.腎障害
  9.呼吸器障害
  10.サルコペニア
  11.門脈血栓症
  12.脾機能亢進症
 5 検査所見(画像・内視鏡以外)
  1.血液検査所見
  2.肝疾患重症度
  6 画像検査
  1.超音波検査
  2.超音波エラストグラフィ
  3.コンピュータ断層撮影検査(CT)
  4.磁気共鳴画像検査(MRI)
  5.MRエラストグラフィ(MRE)
  6.血管造影検査
  7.血流測定法
  8.血圧測定法
  9.シンチグラフィ
 7 内視鏡検査
  1.消化管内視鏡(EGD)(CS)
  2.バルーン内視鏡(BE)
  3.カプセル内視鏡(CE)
  4.超音波内視鏡(EUS)
  5.Red Dichromatic Imaging(RDI)およびNarrow Band Imaging(NBI)
  6.腹腔鏡
 8 治療
  1.バルーンタンポナーデ法
  2.薬物療法
  3.内視鏡的治療
  4.バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(BRTO)
  5.BRTO以外のIVR
  6.超音波内視鏡的治療
  7.手術療法
  8.移植療法
 9 治療前後の門脈血行動態
  1.手術療法
  2.IVR
  3.内視鏡的治療
 10 Point of no return

IV.病理
 1 病理組織学的事項
  1.肝硬変(LC)
  2.特発性門脈圧亢進症(IPH)
  3.先天性肝線維症(CHF)
  4.肝外門脈閉塞症(EHO)
  5.バッド・キアリ症候群(BCS)
  6.日本住血吸虫症
  7.その他
  8.食道・胃静脈瘤
 2 病理図譜

V.関連事項
 1 臨床研究の進め方
 2 レジストリの方法論
 3 新しい治療法の保険収載
  1.背景
  2.医師側の組織について
  3.公的価値を評価する主体
  4.医療技術が公的価値を見出すための必要条件
  5.医療技術評価(HTA)
 4 アルコール依存症の診断と治療
  1.アルコール依存症の診断
  2.日本のアルコール依存症対策
  3.治療

付.門脈血行異常症ガイドライン2018 年改訂版
 門脈血行異常症の診断のガイドライン
  特発性門脈圧亢進症診断のガイドライン
  肝外門脈閉塞症診断のガイドライン
  バッド・キアリ症候群診断のガイドライン
 重症度分類
  特発性門脈圧亢進症,肝外門脈閉塞症,バッド・キアリ症候群重症度分類
 門脈血行異常症の治療ガイドライン
  食道・胃静脈瘤の治療ガイドライン
  脾腫,脾機能亢進の治療ガイドライン
  バッド・キアリ症候群の狭窄・閉塞部位に対する治療ガイドライン