医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

長澤先生、腎臓って結局どう診ればいいですか?【電子版】

適切な判断のための診療センスが身につき、食事・薬物療法からコンサルトまで自信をもってできるようになる

長澤 将 (著)

出版社
羊土社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/09/23
ページ数
213ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,960 (本体¥3,600+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7581-2394-5
印刷版発行年月
2022/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
12 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

腎臓病患者の血圧・血糖管理は?CKDの食事指導は?血液透析導入のタイミングは?腎臓病の治療指針はたくさんあるけど,結局どう診ればいいですか?そんな悩みを全て解決する,超具体的な腎臓の診かた教えます!

目次

§1 高血圧と腎臓
降圧の目標/薬物治療の実際/血圧の下限/SGLT2阻害薬の登場

§2 高カリウム血症のマネージメント
本当にRAA系が必要な患者か考えよう/偽物の高カリウム血症に注意/緊急でのマネージメント/慢性期のKのマネージメント

§3 最近の減塩
塩と血圧の関係/減塩の第一歩は血圧測定から/減塩がうまくいっているかをどうチェックする?/代替塩をどう捉えるか?/飲水励行をどう捉えるか?

§4 CKDの食事指導
「腎臓病といえば低たんぱく食」の考えは古い/カリウム摂取の考え方/リンについてはどうする?

§5 血糖と腎臓

糖尿病の歴史/糖尿病治療の目標は?/具体的な治療/SGLT2阻害薬かGLP-1受容体作動薬か?

§6 尿タンパクの捉え方
検尿の重要性/原疾患を意識しよう

§7 腎性貧血の治療
腎性貧血治療の歴史的背景/腎性貧血の診断/治療の実際/他

§8 尿酸と腎臓
何のために尿酸を下げるか?/重み付けをして診療をしよう/具体的な処方は?/他

§9 造影剤腎症
実際のリスク管理/他

§10 薬剤性腎障害
薬剤性腎障害の歴史的経緯/他

§11 急性腎障害
AKIからCKDになることが問題/AKIは防ぎえるか?/AKIの診断基準/RRTのタイミング/RRTからの離脱への道筋/他

§12 急速進行性糸球体腎炎の捉え方
日常臨床に潜むRPGN/RPGNの疫学/治療について/治療強度はどうするか?/抗GBM糸球体腎炎はどうする?/他

§13 IgA腎症
本邦におけるIgA腎症の疫学/非専門医がIgA腎症発見のためにするべきこと/他

§14 ネフローゼ症候群
ネフローゼ症候群の診断/ネフローゼ症候群の疫学/ネフローゼ症候群の診療に腎生検は必要か?/治療について/他

§15 常染色体優性多発性囊胞腎
疾患概念/ADPKDの合併症/ADPKDの診断/遺伝子検査まで必要?/トルバプタンの実際の使用/囊胞感染のときにどうするか?/他

§16 腎生検について
診断面から考える腎生検の重要性/腎生検の方針/出血量と合併症に関係はあるか?/他

§17 ベストな血液透析導入のタイミング
どのような患者が透析導入になるか?/何をもってよい血液透析導入とするか?/他